新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2017/4/16 15:20

新世代アルミレーサー

新世代アルミレーサー、孤高のファイターのスピットファイヤーに新色登場!今や希少なアルミホリゾンタルフレームに同色ステムなどアクセントが随所に


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
独自の理論とスタンスから生み出される個性的なバイクを世に送り出すロックバイクス、そのアルミロード、スピットファイヤーに新色が登場だ。他のロックバイクスがストリートバイク全開なのに対しこのスピットファイヤーはちょっと毛色の違うバイクだ。レースも本格的にこなせる数少ないアルミバイクであり、ブレーキをBB下に配置するなど凝った仕様となっている。今回の追加されたカラーはAmethyst(アメジスト)、当然ステムも同色塗装されている。品位と風格のあるカラーは、走ることが粋な遊びであることを再認識させてくれる。


『SPITFIRE Amethyst ©ROCKBIKES』
プレスリリースより
この度、ROCKBIKES SPITFIREに新色Amethyst(アメジスト)を追加致しましたのでお知らせ致します。


『攻めのアルミバイク ©ROCKBIKES』
SPITFIREはフレームに6061アルミパイプを使用し、フォークはカーボンブレードを、基本コンポーネンツはSORAグレードを採用したロードバイクです。と、この説明のみでは一般的なロードバイクに聞こえますが、SPITFIREでは上位グレードと同様にリアキャリパーはBB下に隠れており、105グレードを採用。トップチューブにワイヤー類が通らないので非常にスタイリッシュな見た目になっております。アルミバイクでは今や希少になってしまったホリゾンタルフレームを採用しており(サイズによりスローピングフレームになります。)、ステムは車体と同じカラーリングの仕上げです。サイズ展開は460mm、500mm、530mm、560mmの4サイズ展開で身長が150cm台のユーザーから対応しております。


『クールな佇まい ©ROCKBIKES』
マシンの性能のみにフォーカスしがちなロードバイク マーケットですが、SPITFIREはその先の価値観を持つモデルです。永く楽しめるバイク、弊社のコンセプト『timeless』を体現しており、マシン性能の劣化を防ぐ為に随所に散りばめられた様々な工夫、強いインパクトを与えながらも飽きる事のないルックス。趣味人の為の究極のバイクがSPITFIREでございます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 10. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013