新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

来シーズンの総合系とスプリンター覇権争いに大きな動き!ランダがモビスター移籍、そしてキッテルがカチューシャ・アルペシン移籍へ、キッテル失ったクイックステップはヴィヴィアーニ獲得 コラム:昨年10月の国体でのケイリン優勝者のドーピング陽性、その内容と最終決定、日本でのドーピングに関する様々な対する対応は、サプリメント依存への警鐘 移籍情報第2弾:総合有力系の移籍相次ぐ!ニエベ、メインチェス、ハートが移籍で新天地でエース格に!オリカ・スコットとアスタナは積極的補強 ブエルタ・ア・エスパーニャスタートリスト&優勝候補たち:果たして今年のブエルタを制するのは?フルームのダブルツール狙いに、ニーバリがどのような攻めを見せるか? スプリンターとは?最強スプリンターの一角、”ゴリラ”グライペルの勝てない苦悩、「牙を失ってしまった」、対してライバルたちは勝利量産中 コラム:道路上の危険性をどう考える?自転車が悪い?自動車が悪い?ではなく、相互理解の必要性と、交通の妨げにならぬよう視点を変えた考え方を双方が持つ必要性 バレットからポケポロとポケTに新作デザインが登場!暑い夏、スポーツを楽しむならさりげなくポケTとポケポロでサイクリストアピール!そして便利なバックポケットで差をつけろ! 3度目の正直か?コンタドールが再び引退を宣言、ブエルタが最後のレースになると公言、ツールでの結果に限界を感じて引退を決断へ
2017/4/13 13:31

使用タイヤ幅と空気圧で見るパリ〜ルーベ

使用タイヤ幅と空気圧で見るパリ〜ルーベ、石畳が生み出す特殊なレース、タイヤの太さと空気圧で乗り越えた北の地獄では28ミリタイヤが主流


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
パリ〜ルーベ、石畳のクラシックの中でも最も過酷なこのレースは、選手たちにとっては地獄のレースとなった。そんなレースでは特殊な機材が投入されることも多く、中にはロードバイクではなくシクロクロスバイクで挑むチームさえいるほどだ。そんな中ここ2年、選手達が使用するタイヤに大きな変化が見られている。それがタイヤの顕著なワイド化だ。


『見るからに太さが分かる ©Tim D.Waele 』
そもそも最近ではロードバイクでも22c、23cから25cへのワイド化が進んでいるが、石畳のレースはもはやオフロード、パンクのリスクなどを考えた時に、より多く空気の入るワイドなタイヤ、よりオフロードタイヤに近いようなものがが好まれるのは必然である。しかし当然それにはリムのワイド化や、対応フレームなどもあり限界がある。そんな中で選手たちは27〜30ミリ幅のタイヤを今大会も使ってきた。ヴィットリアやコンチネンタルなどに加え、シクロクロスで圧倒的なシェアを誇るデュガストのタイヤを使用する選手やチームも見られた中で、今大会で一番使用率が高かったのは28ミリ(チューブラー)だった。

実際にはタイヤ幅が太くなれば、当然その分重量は重くはなり、転がり抵抗も増す。それでも石畳を駆け抜ける快適性も考えたときには、そのウェイトやレジスタンスもはやハンデではない。それらを複合的に考え、ベストなバランスと言えるのが28ミリだったようだ。


『選手たちの空気圧設定は際めてシビアだ ©Tim D.Waele 』
そしてさらに空気圧の設定により、選手たちは石畳を駆け抜ける最速の脚を手に入れたのだ。空気圧は選手の体格や好みによるところが大きく、4.5〜5bar/60〜80psiの間に設定する選手がほとんどだ。このレースでは200劵僖鵐なく走った場合に、およそ0.6barの空気が抜けることを想定して、各選手空気圧を設定しており、選手によっては前後で空気圧を変えるなど、石畳対策はかなり神経質になったようだ。

よく考えてみれば、、このサイズのタイヤとなれば、もはやランドナーなどの旅用自転車に近い寸法だ。時代の移り変わりとともに、一時細くなったタイヤがまた太くなってきているのは面白い。石畳は特殊であるがゆえにかなりの太いタイヤとなっているが、いずれはこのサイズが定番になる可能性も否めない。各コンポーネントメーカーはワイドタイヤ対応のキャリパーを用意しており、まだまだワイド化の波は終わりそうにない。


『クリンチャーの28cも選択肢は豊富だ ©CRC 』
プロはチューブラーがほとんどだが、昨今ではクリンチャーでも28cは多く用意されており、定番のコンチネンタルグランプリ4000S IIシュワルベ Pro Oneなど選択肢の幅も多い。

おしゃれは足元からと言うが、走りも足元から、選手たちの走りを見て太いタイヤの走り心地を体感してみたいと思った人も多いのではないだろうか。

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 来シーズンの総合系とスプリンター覇権争いに大きな動き!ランダがモビスター移籍、そしてキッテルがカチューシャ・アルペシン移籍へ、キッテル失ったクイックステップはヴィヴィアーニ獲得 2. コラム:昨年10月の国体でのケイリン優勝者のドーピング陽性、その内容と最終決定、日本でのドーピングに関する様々な対する対応は、サプリメント依存への警鐘 3. 移籍情報第2弾:総合有力系の移籍相次ぐ!ニエベ、メインチェス、ハートが移籍で新天地でエース格に!オリカ・スコットとアスタナは積極的補強 4. ブエルタ・ア・エスパーニャスタートリスト&優勝候補たち:果たして今年のブエルタを制するのは?フルームのダブルツール狙いに、ニーバリがどのような攻めを見せるか? 5. スプリンターとは?最強スプリンターの一角、”ゴリラ”グライペルの勝てない苦悩、「牙を失ってしまった」、対してライバルたちは勝利量産中 6. コラム:道路上の危険性をどう考える?自転車が悪い?自動車が悪い?ではなく、相互理解の必要性と、交通の妨げにならぬよう視点を変えた考え方を双方が持つ必要性 7. バレットからポケポロとポケTに新作デザインが登場!暑い夏、スポーツを楽しむならさりげなくポケTとポケポロでサイクリストアピール!そして便利なバックポケットで差をつけろ! 8. 3度目の正直か?コンタドールが再び引退を宣言、ブエルタが最後のレースになると公言、ツールでの結果に限界を感じて引退を決断へ 9. 強運なアダム・ハンセン、チームメイトがトレーニング中に落車、骨折で急転直下ブエルタ出場へ!これで途切れるかと思われた連続グランツール出場・完走への挑戦権を再びゲット! 10. 日本のレース界に”喝!”コンチネンタル登録のインタープロサイクリングアカデミーがなぜ海外へ武者修行に出たのか、日仏混成チームが果たす役割と、そこから見えてくるものとは

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013