新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 ジロ・デ・イタリア第13ステージ選手コメント:「 ガヴィリアが頭の回転が速いからなんだよ。だからあんなややこしい中でもきっちりとゴールまでの進路を思い描けるんだよ」〜リケーゼ ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! ジロ・デ・イタリア第13ステージ:スプリントステージを制したのはまたしてもがヴィリア!ステージ連勝で今大会早くも4勝目!冴えるリケーゼのアシストワーク!ベネットまた勝てず ジロ・デ・イタリア第12ステージコメント:「誰かステージスタートの会場まで乗せてくれない?チームバスは僕を置いていくことを決めて行ってしまったよ(笑)。」〜ゲシュケ ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージ:勝利がなかったキャノンデール・ドラパックにようやく美酒の味、タランスキーが山岳ステージ勝利で総合でもジャンプアップ!
2017/4/12 22:30

アルーが膝の怪我でジロ・デ・イタリア出場回避?

アスタナピンチ!アルーが膝の怪我でジロ・デ・イタリア出場回避?シーズンオフにニーバリら移籍で主力を失った痛手も大きく勝てない日々が続く、ジロはベテランのスカルポーニで挑むことに


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
昨年度まで絶対的なエースが、ヴィンチェンツォ・ニーバリ(今シーズンはバーレーン・メリダ)がいたアスタナだが、今シーズンは苦しいシーズンが続いている。もう一人の大黒柱だったファビ・アルーを中心としたチームづくりを目指したが、シーズン序盤からなかなか調子が上がらず、またここへ来てシエラ・ネバダで行っていたキャンプ中に落車、膝の怪我でジロ・デ・イタリア出場にほぼ赤信号が灯った状態だ。


『アルーが膝の怪我でジロピンチ ©Tim D.Waele 』
今シーズンここまで結果が残せていないチームにとっては、ジロ・デ・イタリアでのアルーの活躍というのは必要不可欠な要素だった。しかしまさかのトレーニング中の怪我で出場が極めて困難な状況、チームは早くもベテランのミケーレ・スカルポーニをエースに指名することを決めたようだ。またヤコブ・フグルサングを今年のツールでエースとする事も合わせて発表しており、アルーにとっても今回の怪我は厳しいものとなっている。これで予定としては順調に怪我から復帰できた場合、ツールでフグルサングのアシストとしてツール出場となりそうだ。

「時速45劼曚表个討い燭隼廚Αその下りで落車してしまったんだ。でももしその数秒前、時速70勸幣綵个討い浸に落車していたらと思うとゾッとするよ。走行中にタイヤが突然破裂してしまい、そのまま地面に叩きつけられたんだ。もう一週間以上自転車に乗れない状況なんだよ。正直気持ちばかり焦っているよ。」アルーは事故の様子を語った。


『今シーズンまだ調子が上がりきっていなかったが ©Tim D.Waele 』
アルーは膝蓋前滑液包炎 の診断を受けており、未だかなりの痛みを伴っており、膝の曲げ伸ばしができない状況だ。しばらくの絶対静養を言い渡されており、まだ数週間は本格的なトレーニング再開は難しいようだ。

「現状僕にとっての最終戦事項はジロではなくなってしまったよ。今の最優先事項は、とにかく一日も早く怪我を治すことだよ。色々と今後のことを考えていたのに、自分のミスではなく不可抗力のタイヤ破裂だろ、もう不運としか言い様がないよ。」アルーは諦めの苦笑いを見せた。

苦しいチームの台所事情はさらに苦しいものとなっているが、これは他の選手にとってはチャンスでもある。若手の奮起を促し、チームはこれからの巻き返しを狙う。

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル 2. ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ 3. ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 4. ジロ・デ・イタリア第13ステージ選手コメント:「 ガヴィリアが頭の回転が速いからなんだよ。だからあんなややこしい中でもきっちりとゴールまでの進路を思い描けるんだよ」〜リケーゼ 5. ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! 6. ジロ・デ・イタリア第13ステージ:スプリントステージを制したのはまたしてもがヴィリア!ステージ連勝で今大会早くも4勝目!冴えるリケーゼのアシストワーク!ベネットまた勝てず 7. ジロ・デ・イタリア第12ステージコメント:「誰かステージスタートの会場まで乗せてくれない?チームバスは僕を置いていくことを決めて行ってしまったよ(笑)。」〜ゲシュケ 8. ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージ:勝利がなかったキャノンデール・ドラパックにようやく美酒の味、タランスキーが山岳ステージ勝利で総合でもジャンプアップ! 9. ジロ・デ・イタリア第14ステージ選手コメント:「今日はデュムランのクライマーとしての資質を感じたよ。今日のところは僕の完敗だったよ。」〜キンターナ 10. ツアー・オブ・カリフォルニア第4ステージ:下克上達成!コンチネンタルチームのラリーレーシングがワールドツアーチーム相手に逃げ切りからのスプリントでワン・ツーフィニッシュの快挙!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013