新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 ジロ・デ・イタリア第13ステージ選手コメント:「 ガヴィリアが頭の回転が速いからなんだよ。だからあんなややこしい中でもきっちりとゴールまでの進路を思い描けるんだよ」〜リケーゼ ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! ジロ・デ・イタリア第13ステージ:スプリントステージを制したのはまたしてもがヴィリア!ステージ連勝で今大会早くも4勝目!冴えるリケーゼのアシストワーク!ベネットまた勝てず ジロ・デ・イタリア第12ステージコメント:「誰かステージスタートの会場まで乗せてくれない?チームバスは僕を置いていくことを決めて行ってしまったよ(笑)。」〜ゲシュケ ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージ:勝利がなかったキャノンデール・ドラパックにようやく美酒の味、タランスキーが山岳ステージ勝利で総合でもジャンプアップ!
2017/3/20 23:46

MTBDH雪上世界最速記録更新!

頭のネジ飛んでますけど何か?MTBDH雪上世界最速記録更新!人間の可能性と機材の可能性はどこまで行く?前人未到の230kmまであと少しの227.720辧挑戦はまだまだ続く!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
人はどこまで速度に憧れて飽くなき挑戦を続けるのだろう。先日お伝えした「地面」でのMTBDH世界最速記録更新をお伝えしたが、今度は雪上でのMTBDH世界最速記録が更新された。従来の世界最速記録を保持していたエリック・バローネが自らの記録に挑戦、時速223.3劼鯊腓く上回り227.720劼竜録を叩き出した。


『いざスタート! ©Eric Barone』
MTBには空力のためにカウルが取り付けられ、ヘルメットもさながらバイクのカウルそのもの、全身分厚いスーツで覆われ、ただ下りでのスピードをだすための空力を考え抜かれたその出で立ちは、もはや自転車ではないように思われてしまう。しかし中身はMTBDHバイク、そのバイクが耐久性の限界と格闘するのだ。過去の挑戦では、フレーム破断、ホイールのハブ部分が回転の摩擦に耐えかねて破断、ホイールそのものが空中分解など、様々なトラブルが発生している。


『加速というより滑降 ©Eric Barone』
人間の体への風圧も半端なものではない。一瞬でも気を抜けば、たちどころにハンドリングを失い高速で宙に舞い、地面へと叩きつけられることになる。過去の挑戦者の中にはそうして全身骨折をしたものまでいる危険な競技だ。

そんな全ての危険を乗り越えたものだけが到達できる世界、見ることができる世界、それが世界で誰も成し得たことのない未知の速度の世界だ。


『どこまでこの記録を伸ばし続けるか ©Eric Barone』
エリック・バローネにとってはこの記録はまだまだ通過点でしかないようだ。「更に上を目指す」と語るこの男は一体どこまで加速していくのだろう。「クレイジーじゃなければできない」、そんな世界はどこまでも人を魅了する。



H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル 2. ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ 3. ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 4. ジロ・デ・イタリア第13ステージ選手コメント:「 ガヴィリアが頭の回転が速いからなんだよ。だからあんなややこしい中でもきっちりとゴールまでの進路を思い描けるんだよ」〜リケーゼ 5. ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! 6. ジロ・デ・イタリア第13ステージ:スプリントステージを制したのはまたしてもがヴィリア!ステージ連勝で今大会早くも4勝目!冴えるリケーゼのアシストワーク!ベネットまた勝てず 7. ジロ・デ・イタリア第12ステージコメント:「誰かステージスタートの会場まで乗せてくれない?チームバスは僕を置いていくことを決めて行ってしまったよ(笑)。」〜ゲシュケ 8. ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージ:勝利がなかったキャノンデール・ドラパックにようやく美酒の味、タランスキーが山岳ステージ勝利で総合でもジャンプアップ! 9. SCIENCE:DHではどの姿勢が一番速いのか、フルーム、サガン、ニーバリ、パンターニらの特徴的なDHフォームを科学的に検証 10. ジロ・デ・イタリア第14ステージ選手コメント:「今日はデュムランのクライマーとしての資質を感じたよ。今日のところは僕の完敗だったよ。」〜キンターナ

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013