新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 ジロ・デ・イタリア第13ステージ選手コメント:「 ガヴィリアが頭の回転が速いからなんだよ。だからあんなややこしい中でもきっちりとゴールまでの進路を思い描けるんだよ」〜リケーゼ ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! ジロ・デ・イタリア第13ステージ:スプリントステージを制したのはまたしてもがヴィリア!ステージ連勝で今大会早くも4勝目!冴えるリケーゼのアシストワーク!ベネットまた勝てず ジロ・デ・イタリア第12ステージコメント:「誰かステージスタートの会場まで乗せてくれない?チームバスは僕を置いていくことを決めて行ってしまったよ(笑)。」〜ゲシュケ ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージ:勝利がなかったキャノンデール・ドラパックにようやく美酒の味、タランスキーが山岳ステージ勝利で総合でもジャンプアップ!
2017/3/15 17:22

ティレーノ・アドリアティコ第7ステージ

ティレーノ・アドリアティコ第7ステージ:キンターナが圧倒的な総合優勝!順調な仕上がり!最終日個人TTを制したのはデニスは逆転総合2位!サガンは華麗に犬避ける珍事


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
ティレーノ・アドリアティコ最終日、レースの主役は総合優勝のナイロ・キンターナ(モビスター)と、ステージ優勝で総合2位へとジャンプアップを果たしたローハン・デニス(BMC)だったが、話題をさらっていったのは華麗に犬をかわした世界チャンピオンのピーター・サガン(ボーラ・ハンスグロエ)だった。


『新世代の表彰台か ©Tim D Waele 』
まず総合優勝を決めたのはキンターナ、大会前半で築いた大量リードを守りきって余裕の総合優勝となった。この日も丁寧な走りに徹し、無理なく走りきりその強さをライバルたちに見せつけた大会となった。


『キンターナは安泰の総合優勝 ©Tim D Waele 』

『コロンビアンの勢いは止まらない ©Tim D Waele 』
「勝利は格別だね。これもチームのおかげだよ。最後まで冷静に勝利を狙えたのは収穫だね。ここでの勝利が意味するところは大きいよ。狙っているジロ・デ・イタリアと同じ主催者なんで、コース選択の傾向があるからね。それに慣れるという意味ではここはベストだね。まだ100%ではないよ。それでも勝てたということの意味は大きいし、客観的にどの部分を仕上げていけばいいかが見えたからね。まだまだ僕は成長するよ。」キンターナは自身の走りを非常に冷静に見ることができている。


『デニスが会心のTT勝利で総合2位 ©Tim D Waele 』
そしてこのステージを制したデニス、元アワーレコード世界記録保持者らしく平均時速53劼箸い最速の走りでゴール、昨日の総合3位から一つ順位を上げて総合2位を確保した。昨今実力をつけているこの男、山岳でも上れることから考えても、今後ステージレーサーとして覚醒しそうな予感を感じさせた。


『ピノーが総合3位死守 ©Tim D Waele 』
そして総合表彰台争いは激しいバトルとなったが、結果て気に昨日までの総合2位ティボー・ピノー(FDJ)が昨日までの貯金を使い何とか総合3位を死守した。成長株のプリモズ・ログリッチ(ロットNLジャンボ)は結局総合4位をキープと言うかたちで大会を終えた。

しかし最終日も話題をさらったのは世界チャンピオンのサガンだった。流石というべきか、もっている、男は違うのだ?というところを見せつけた。なんとサガンが走行中に歩行者が横断歩道を犬を連れて渡るというハプニング、歩行者は全くサガンに気づいておらず、ましてやサガンはDHポジションのためブレーキもかけられない状況だったが、とっさにい横断歩道へと避け難を逃れた。MTBで培ったボディーバランスとバイクハンドリングがここでも大いに役に立った。


ティレーノ・アドリアティコ第6ステージ
1位 ローハン・デニス(BMC)   11’18”
2位 ホス・ファン・エムデン(ロットNLジャンボ)   +03”
3位 マイケル・ヘップバーン(オリカ・スコット)   
4位 ステファン・カミングス(ディメンション・データ)   +08”
5位 プリモズ・ログリッチ(ロットNLジャンボ)   +11”
6位 マチェイ・ボドナール(ボーラ・ハンスグロエ)   +15”
7位 エドヴァルド・ボアッソン・ハーゲン(ディメンションデータ)   +16”
8位 ゲラント・トーマス(チームスカイ)   
9位 ライアン・ミューレン(キャノンデール・ドラパック)   +17”
10位 アレックス・ダウセット(モビスター)   +18”

ティレーノ・アドリアティコ総合順位
優勝 ナイロ・キンターナ(モビスター)   25h56’27”
2位 ローハン・デニス(BMC)  +25” 
3位 ティボー・ピノー(FDJ)   +36”
4位 プリモズ・ログリッチ(ロットNLジャンボ)   +45”
5位 ゲラント・トーマス(チームスカイ)   +58”
6位 トム・デュムラン(チームサンウェブ)   +1’01”
7位 ヨナタン・カストロビエホ(モビスター)   +1’18”  
8位 リゴベルト・ウラン(キャノンデール・ドラパック)   +1’36”
9位 バウク・モレンマ(トレック・セガフレド)   +1’38”
10位 ドメニコ・ポッォヴィーヴォ(Ag2R)   +1’59”

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル 2. ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ 3. ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 4. ジロ・デ・イタリア第13ステージ選手コメント:「 ガヴィリアが頭の回転が速いからなんだよ。だからあんなややこしい中でもきっちりとゴールまでの進路を思い描けるんだよ」〜リケーゼ 5. ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! 6. ジロ・デ・イタリア第13ステージ:スプリントステージを制したのはまたしてもがヴィリア!ステージ連勝で今大会早くも4勝目!冴えるリケーゼのアシストワーク!ベネットまた勝てず 7. ジロ・デ・イタリア第12ステージコメント:「誰かステージスタートの会場まで乗せてくれない?チームバスは僕を置いていくことを決めて行ってしまったよ(笑)。」〜ゲシュケ 8. ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージ:勝利がなかったキャノンデール・ドラパックにようやく美酒の味、タランスキーが山岳ステージ勝利で総合でもジャンプアップ! 9. SCIENCE:DHではどの姿勢が一番速いのか、フルーム、サガン、ニーバリ、パンターニらの特徴的なDHフォームを科学的に検証 10. ジロ・デ・イタリア第14ステージ選手コメント:「今日はデュムランのクライマーとしての資質を感じたよ。今日のところは僕の完敗だったよ。」〜キンターナ

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013