新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

来シーズンの総合系とスプリンター覇権争いに大きな動き!ランダがモビスター移籍、そしてキッテルがカチューシャ・アルペシン移籍へ、キッテル失ったクイックステップはヴィヴィアーニ獲得 コラム:昨年10月の国体でのケイリン優勝者のドーピング陽性、その内容と最終決定、日本でのドーピングに関する様々な対する対応は、サプリメント依存への警鐘 移籍情報第2弾:総合有力系の移籍相次ぐ!ニエベ、メインチェス、ハートが移籍で新天地でエース格に!オリカ・スコットとアスタナは積極的補強 ブエルタ・ア・エスパーニャスタートリスト&優勝候補たち:果たして今年のブエルタを制するのは?フルームのダブルツール狙いに、ニーバリがどのような攻めを見せるか? スプリンターとは?最強スプリンターの一角、”ゴリラ”グライペルの勝てない苦悩、「牙を失ってしまった」、対してライバルたちは勝利量産中 コラム:道路上の危険性をどう考える?自転車が悪い?自動車が悪い?ではなく、相互理解の必要性と、交通の妨げにならぬよう視点を変えた考え方を双方が持つ必要性 バレットからポケポロとポケTに新作デザインが登場!暑い夏、スポーツを楽しむならさりげなくポケTとポケポロでサイクリストアピール!そして便利なバックポケットで差をつけろ! 3度目の正直か?コンタドールが再び引退を宣言、ブエルタが最後のレースになると公言、ツールでの結果に限界を感じて引退を決断へ
2017/3/15 17:22

ティレーノ・アドリアティコ第7ステージ

ティレーノ・アドリアティコ第7ステージ:キンターナが圧倒的な総合優勝!順調な仕上がり!最終日個人TTを制したのはデニスは逆転総合2位!サガンは華麗に犬避ける珍事


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
ティレーノ・アドリアティコ最終日、レースの主役は総合優勝のナイロ・キンターナ(モビスター)と、ステージ優勝で総合2位へとジャンプアップを果たしたローハン・デニス(BMC)だったが、話題をさらっていったのは華麗に犬をかわした世界チャンピオンのピーター・サガン(ボーラ・ハンスグロエ)だった。


『新世代の表彰台か ©Tim D Waele 』
まず総合優勝を決めたのはキンターナ、大会前半で築いた大量リードを守りきって余裕の総合優勝となった。この日も丁寧な走りに徹し、無理なく走りきりその強さをライバルたちに見せつけた大会となった。


『キンターナは安泰の総合優勝 ©Tim D Waele 』

『コロンビアンの勢いは止まらない ©Tim D Waele 』
「勝利は格別だね。これもチームのおかげだよ。最後まで冷静に勝利を狙えたのは収穫だね。ここでの勝利が意味するところは大きいよ。狙っているジロ・デ・イタリアと同じ主催者なんで、コース選択の傾向があるからね。それに慣れるという意味ではここはベストだね。まだ100%ではないよ。それでも勝てたということの意味は大きいし、客観的にどの部分を仕上げていけばいいかが見えたからね。まだまだ僕は成長するよ。」キンターナは自身の走りを非常に冷静に見ることができている。


『デニスが会心のTT勝利で総合2位 ©Tim D Waele 』
そしてこのステージを制したデニス、元アワーレコード世界記録保持者らしく平均時速53劼箸い最速の走りでゴール、昨日の総合3位から一つ順位を上げて総合2位を確保した。昨今実力をつけているこの男、山岳でも上れることから考えても、今後ステージレーサーとして覚醒しそうな予感を感じさせた。


『ピノーが総合3位死守 ©Tim D Waele 』
そして総合表彰台争いは激しいバトルとなったが、結果て気に昨日までの総合2位ティボー・ピノー(FDJ)が昨日までの貯金を使い何とか総合3位を死守した。成長株のプリモズ・ログリッチ(ロットNLジャンボ)は結局総合4位をキープと言うかたちで大会を終えた。

しかし最終日も話題をさらったのは世界チャンピオンのサガンだった。流石というべきか、もっている、男は違うのだ?というところを見せつけた。なんとサガンが走行中に歩行者が横断歩道を犬を連れて渡るというハプニング、歩行者は全くサガンに気づいておらず、ましてやサガンはDHポジションのためブレーキもかけられない状況だったが、とっさにい横断歩道へと避け難を逃れた。MTBで培ったボディーバランスとバイクハンドリングがここでも大いに役に立った。


ティレーノ・アドリアティコ第6ステージ
1位 ローハン・デニス(BMC)   11’18”
2位 ホス・ファン・エムデン(ロットNLジャンボ)   +03”
3位 マイケル・ヘップバーン(オリカ・スコット)   
4位 ステファン・カミングス(ディメンション・データ)   +08”
5位 プリモズ・ログリッチ(ロットNLジャンボ)   +11”
6位 マチェイ・ボドナール(ボーラ・ハンスグロエ)   +15”
7位 エドヴァルド・ボアッソン・ハーゲン(ディメンションデータ)   +16”
8位 ゲラント・トーマス(チームスカイ)   
9位 ライアン・ミューレン(キャノンデール・ドラパック)   +17”
10位 アレックス・ダウセット(モビスター)   +18”

ティレーノ・アドリアティコ総合順位
優勝 ナイロ・キンターナ(モビスター)   25h56’27”
2位 ローハン・デニス(BMC)  +25” 
3位 ティボー・ピノー(FDJ)   +36”
4位 プリモズ・ログリッチ(ロットNLジャンボ)   +45”
5位 ゲラント・トーマス(チームスカイ)   +58”
6位 トム・デュムラン(チームサンウェブ)   +1’01”
7位 ヨナタン・カストロビエホ(モビスター)   +1’18”  
8位 リゴベルト・ウラン(キャノンデール・ドラパック)   +1’36”
9位 バウク・モレンマ(トレック・セガフレド)   +1’38”
10位 ドメニコ・ポッォヴィーヴォ(Ag2R)   +1’59”

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 来シーズンの総合系とスプリンター覇権争いに大きな動き!ランダがモビスター移籍、そしてキッテルがカチューシャ・アルペシン移籍へ、キッテル失ったクイックステップはヴィヴィアーニ獲得 2. コラム:昨年10月の国体でのケイリン優勝者のドーピング陽性、その内容と最終決定、日本でのドーピングに関する様々な対する対応は、サプリメント依存への警鐘 3. 移籍情報第2弾:総合有力系の移籍相次ぐ!ニエベ、メインチェス、ハートが移籍で新天地でエース格に!オリカ・スコットとアスタナは積極的補強 4. ブエルタ・ア・エスパーニャスタートリスト&優勝候補たち:果たして今年のブエルタを制するのは?フルームのダブルツール狙いに、ニーバリがどのような攻めを見せるか? 5. スプリンターとは?最強スプリンターの一角、”ゴリラ”グライペルの勝てない苦悩、「牙を失ってしまった」、対してライバルたちは勝利量産中 6. コラム:道路上の危険性をどう考える?自転車が悪い?自動車が悪い?ではなく、相互理解の必要性と、交通の妨げにならぬよう視点を変えた考え方を双方が持つ必要性 7. バレットからポケポロとポケTに新作デザインが登場!暑い夏、スポーツを楽しむならさりげなくポケTとポケポロでサイクリストアピール!そして便利なバックポケットで差をつけろ! 8. 3度目の正直か?コンタドールが再び引退を宣言、ブエルタが最後のレースになると公言、ツールでの結果に限界を感じて引退を決断へ 9. 強運なアダム・ハンセン、チームメイトがトレーニング中に落車、骨折で急転直下ブエルタ出場へ!これで途切れるかと思われた連続グランツール出場・完走への挑戦権を再びゲット! 10. 日本のレース界に”喝!”コンチネンタル登録のインタープロサイクリングアカデミーがなぜ海外へ武者修行に出たのか、日仏混成チームが果たす役割と、そこから見えてくるものとは

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013