新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

とある男の挑戦、日本最速縦断記録更新を狙う元番組プロデューサーが今日北海道をスタート!人生の選択でチャレンジャーとなることを選択した男は果たして記録を更新できるのか? アルーとD.マーティンがUAEチームエミレーツに移籍!ブエルタで躍動した遅咲きの元陸上選手ウッズはキャノンデールの新チームに残留決定 ツアー・オブ・ターキーで3連勝を含め6ステージ4勝!サム・ベネットが来シーズンへ向け大きなステップ!最強スプリンター争いに名乗りを上げる! アンチ・ドーピング団体関係者が語る、メカニカルドーピングがなぜ今起きているのか、技術革新に伴い増加するメカニカルドーピングへの対策は? カジュアルでおしゃれなVALETTEのウェアに新たにポケスエットが登場!サイクリストの象徴でもあるバックポケットがついったスエットでこれからの季節を満喫しよう! 「ウィギンスの記録や破れない記録ではない」トラック競技のスペシャリスト、ビュークボームが来年8月にアワーレコードへの挑戦を表明!ウィギンスの絶対と思われた記録は破られるのか? 「レースでのパワーメーター使用を中止すべき」コンタドールがレース中の使用がレースをつまらなくさせていると指摘、パワーメーターは果たしてレースにほんとうに必要か? サイクリングウェア ブランドナビ
2017/3/15 4:20

ティレーノ・アドリアティコ第6ステージ

ティレーノ・アドリアティコ第6ステージ:コロンビアパワーがまたしても炸裂!ガヴィリアが世界チャンピオンのサガンを真っ向勝負で撃破!キンターナは総合優勝に大手


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
スプリント勝負となった第6ステージ、その主人公となったのは、昨日勝利を挙げた世界チャンピオンのピーター・サガン(ボーラ・ハンスグロエ)ではなかった。主人公の座を奪ったのは、真っ向勝負で世界チャンピオンに挑んだ、フェルナンド・ガヴィリア(クイックステップ・フロアーズ)だった。


『今シーズンは勝利をさらに量産化 ©Tim D Waele 』
ゴール勝負へと持ち込まれたこのステージ、揺さぶりをまずかけたのはヴィンチェンツォ・ニーバリ(バーレーン・メリダ)だった。これに反応したのはボブ・ユンゲルス(クイックステップ・フロアーズ)、そしてそこから今度はニキ・テルプストラ(クイックステップ・フロアーズ)が動きを見せ、さらにそれにサガンが反応するが、ガヴィリアがそれをきっちりとマーク、それを許さない。


『チームワークも大きく結果に影響を与えた ©Tim D Waele 』

『見応え充分の勝利だった ©Tim D Waele 』
残り3劼妊謄襯廛好肇蕕瞭阿は一度振り出しに戻るが、クイックステップ・フロアーズの動きが圧倒的な存在感を見せ続けるた。そしてさらに曲がりくねったゴールへのルートが集団分裂を生み、勝負は僅か15名ほどに絞られた。しかしここでも優位に立っていたのはクイックステップ・フロアーズ、アシストのマッテオ・トレンティンがガヴィリアをきっちりとゴール前まで導き、満を持してガヴィリアがゴール目指して発射する。サガンも視界がひらけた状態でガヴィリアに真っ向勝負を挑むが、ここでもコロンビアパワーが炸裂、サガンを撃破した。


『サガンを抑えてのスプリント勝利 ©Tim D Waele 』

『真っ向勝負で勝利は見事 ©Tim D Waele 』
「勝ったのはすぐに分かったよ。でもその後ですぐにサガンに謝ったんだ。今日は僕自身がレース途中で協調しないで、テルプストラと一緒にサガンを消耗させる作戦を取ったからね。」ガヴィリアはどこまでも正直だった。

ナイロ・キンターナ(モビスター)はきっちりと総合をキープ、残るは最終日の個人TTのみ、キンターナの総合優勝はほぼ安泰と言えそうだ。


『踏切で足止め ©Tim D Waele 』
このステージでは逃げを追う集団が踏切で足止めを食らう珍しいシーンも見られた。逃げの先頭グループもストップを余儀なくされ、同じタイム差でのレース再開という珍しいシーンが見られた。

ティレーノ・アドリアティコ第6ステージ
1位 フェルナンド・ガヴィリア(クイックステップ・フロアーズ)   4h09’31”
2位 ピーター・サガン(ボーラ・ハンスグロエ)  
3位 ジャスパー・ストゥーヴェン(トレック・セガフレド)   
4位 マッテオ・トレンティン(クイックステップ・フロアーズ)
5位 イェンス・デブシェール(ロット・ソウダル)  
6位 エリア・ヴィヴィアーニ(チームスカイ)   
7位 スコット・スウェイテス(ディメンションデータ)
8位 エデュアルド・グロス(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
9位 アンソニー・ルー(FDJ)  
10位 ユルゲン・ルーランツ(ロット・ソウダル)  

ティレーノ・アドリアティコ総合順位
1位 ナイロ・キンターナ(モビスター)   25h44’28”
2位 ティボー・ピノー(FDJ)  +50” 
3位 ローハン・デニス(BMC)   +1’06”
4位 プリモズ・ログリッチ(ロットNLジャンボ)   +1’15”
5位 トム・デュムラン(チームサンウェブ)   +1’19”
6位 ゲラント・トーマス(チームスカイ)   +1’23”
7位 リゴベルト・ウラン(キャノンデール・ドラパック)   +1’30”  
8位 ヨナタン・カストロビエホ(モビスター)   +1’32”
9位 バウク・モレンマ(トレック・セガフレド)   +1’37”
10位 サイモン・スピラック(カチューシャ・アルペシン)   +1’59”

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. とある男の挑戦、日本最速縦断記録更新を狙う元番組プロデューサーが今日北海道をスタート!人生の選択でチャレンジャーとなることを選択した男は果たして記録を更新できるのか? 2. アルーとD.マーティンがUAEチームエミレーツに移籍!ブエルタで躍動した遅咲きの元陸上選手ウッズはキャノンデールの新チームに残留決定 3. ツアー・オブ・ターキーで3連勝を含め6ステージ4勝!サム・ベネットが来シーズンへ向け大きなステップ!最強スプリンター争いに名乗りを上げる! 4. アンチ・ドーピング団体関係者が語る、メカニカルドーピングがなぜ今起きているのか、技術革新に伴い増加するメカニカルドーピングへの対策は? 5. カジュアルでおしゃれなVALETTEのウェアに新たにポケスエットが登場!サイクリストの象徴でもあるバックポケットがついったスエットでこれからの季節を満喫しよう! 6. 「ウィギンスの記録や破れない記録ではない」トラック競技のスペシャリスト、ビュークボームが来年8月にアワーレコードへの挑戦を表明!ウィギンスの絶対と思われた記録は破られるのか? 7. 「レースでのパワーメーター使用を中止すべき」コンタドールがレース中の使用がレースをつまらなくさせていると指摘、パワーメーターは果たしてレースにほんとうに必要か? 8. サイクリングウェア ブランドナビ 9. VALETTEが大好評のポケTにカジュアルな無地タイプを追加!いつでもどこでも心地よい肌触りのポケTでさり気なく粋な大人のサイクリストアピール! 10. イル・ロンバルディア:今シーズングランツール無冠の男が意地の走り!独走勝利で2度めの落ち葉のクラシック制覇!アラフィリップが追走集団から飛び出し2位、お騒がせ中のモスコンが3位

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013