新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

いよいよROTORの油圧コンポUNOが2018年度はレースシーン挑戦へ!油圧軽量コンポに未来はあるのか? コラム:人はなぜ軽量化に魅せられるのか、0.1gを削ることに命をかけるという自転車の楽しみ方、乗るだけではない、ある一つの自転車の楽しみ方の形 鉄人46歳レベッリンがコンチネンタルチームで現役続行!ベルギーの新チームに加入で来シーズンも暴れまくり! 2年連続のダブルを狙う男、1年間(365日)以内に3大グランツールを狙う男、絶対王者フルームの光!それを阻止すべくジロで立ちはだかるのは昨年度王者デュムラン、ニーバリとアルーか? ロードのタイヤが太くなっていくことの意味はあるのか?現代に与えられた乗り方に合わせた多様性、あなたはどちらを選ぶ?自分自身とバイクを考えて適切なタイヤ幅選択を ジロ・デ・イタリア2018プレゼンテーション、混沌の地イスラエルスタート、「スポーツに国境はない」 はずが論議を呼び正式資料が2転3転、そしてついにフルームがジロ制覇へ向け参戦決定 ショップで買うべき?海外通販で買うべき?それぞれのメリット・デメリットとは?メーカーやショップの対応は?自分に適したスタイルでショッピングを楽しむ極意 ブラックフライデー最終週!海外の大セール期間で来年度用の機材をそろえろ!自分へのご褒美に、相方へのプレゼントに、今ならほしかった商品が安く買える大チャンス!
2017/3/14 5:53

ティレーノ・ドリアティコ第5ステージ

ティレーノ・ドリアティコ第5ステージ:世界チャンピオンが総合系に混じって激坂を生き延び、上りゴールでスプリント勝利!アダム・イェーツがまさかのリタイアでキンターナ圧倒的優位に


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
世界チャンピオンの懐というのはどこまで深いのだろう。ティレーノ・アドリアティコ第5ステージ、激坂が選手達を散り散りに蹴散らしたステージで、世界チャンピオンは淡々と激坂をこなし続けると総合系選手とゴールスプリントを披露、圧倒的な爆発力で上りスプリントを制してみせた。これが世代最強の男の実力、進化を続ける男はまだまだ想像以上の成長を遂げていきそうだ。


『激坂も生き残った ©Tim D Waele 』

『圧倒的な爆発力 ©Tim D Waele 』
ゴールへの石畳は細くきつい勾配の路地、総合系が驚きの表情を見せる中、サガンはスイスイと順位を上げると、あっという間に先頭に躍り出るとそのままさらに加速、クライマーの選手達をあっという間に置き去りにするような別格のスピードでゴールラインを駆け抜けた。


『世界チャンピオンの貫禄と凄みが増していく ©Tim D Waele 』
「今日は調子は良くなかったんだよ。そう言う意味ではこの勝利は嬉しいね。今日はあれだけアタックの応酬で疲弊したから、それこそ明日はまともにレースできないかもね。このコース設定をちゃんとみんな見ていたのか?って思うくらいやりあっていたからね。」サガンは疲弊した中でも驚くべきパフォーマンスを見せた。

ステージ2位にはティボー・ピノー(FDJ)が入り、キンターナに次ぐ総合2位へとジャンプアップを果たした。しかしこれはナイロ・キンターナ(モビスター)にタイム差をつけたわけではなく、総合2位につけていたアダム・イェーツ(オリカ・スコット)がリタイアしたことによるものだ。また成長著しいプリモズ・ログリッチ(ロットNLジャンボ)ステージ3位が総合4位へと順位を上げた。総合系としての適正を見せるこの男の成長が楽しみだ。


『キンターナは相変わらずの安定感 ©Tim D Waele 』
210劼離好董璽検多くの選手には昨日のクイーンステージの疲れの影響が見て取れた。でもそれこそが多くの選手にとってはチャンスでもあり、この日は積極的な仕掛けが相次いだ。そして厳しいコースでヴィンチェンツォ・ニーバリ(バーレン・メリダ)なども脱落するサバイバルとなる。しかし最後は総合系ですら脱落したにも関わらずパンチャー兼スプリンターのサガンが制すという予想を上回る展開となった。

ティレーノ・アドリアティコ第5ステージ
1位 ピーター・サガン(ボーラ・ハンスグロエ)   5h00’05”
2位 ティボー・ピノー(FDJ)   
3位 プリモズ・ログリッチ(ロットNLジャンボ)   
4位 ゲラント・トーマス(チームスカイ)
5位 バウク・モレンマ(トレック・セガフレド)  
6位 リゴベルト・ウラン(キャノンデール・ドラパック)   
7位 トム・デュムラン(チームサンウェブ)
8位 ナイロ・キンターナ(モビスター)
9位 ローハン・デニス(BMC)  
10位 サイモン・スピラック(カチューシャ・アルペシン)   +06”

ティレーノ・アドリアティコ総合順位
1位 ナイロ・キンターナ(モビスター)   21h034’51”
2位 ティボー・ピノー(FDJ)  +50” 
3位 ローハン・デニス(BMC)   +1’06”
4位 プリモズ・ログリッチ(ロットNLジャンボ)   +1’15”
5位 トム・デュムラン(チームサンウェブ)   +1’19”
6位 ゲラント・トーマス(チームスカイ)   +1’23”
7位 リゴベルト・ウラン(キャノンデール・ドラパック)   +1’30”  
8位 ヨナタン・カストロビエホ(モビスター)   +1’32”
9位 バウク・モレンマ(トレック・セガフレド)   +1’37”
10位 サイモン・スピラック(カチューシャ・アルペシン)   +1’59”

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. いよいよROTORの油圧コンポUNOが2018年度はレースシーン挑戦へ!油圧軽量コンポに未来はあるのか? 2. コラム:人はなぜ軽量化に魅せられるのか、0.1gを削ることに命をかけるという自転車の楽しみ方、乗るだけではない、ある一つの自転車の楽しみ方の形 3. 鉄人46歳レベッリンがコンチネンタルチームで現役続行!ベルギーの新チームに加入で来シーズンも暴れまくり! 4. 2年連続のダブルを狙う男、1年間(365日)以内に3大グランツールを狙う男、絶対王者フルームの光!それを阻止すべくジロで立ちはだかるのは昨年度王者デュムラン、ニーバリとアルーか? 5. ロードのタイヤが太くなっていくことの意味はあるのか?現代に与えられた乗り方に合わせた多様性、あなたはどちらを選ぶ?自分自身とバイクを考えて適切なタイヤ幅選択を 6. ジロ・デ・イタリア2018プレゼンテーション、混沌の地イスラエルスタート、「スポーツに国境はない」 はずが論議を呼び正式資料が2転3転、そしてついにフルームがジロ制覇へ向け参戦決定 7. ショップで買うべき?海外通販で買うべき?それぞれのメリット・デメリットとは?メーカーやショップの対応は?自分に適したスタイルでショッピングを楽しむ極意 8. ブラックフライデー最終週!海外の大セール期間で来年度用の機材をそろえろ!自分へのご褒美に、相方へのプレゼントに、今ならほしかった商品が安く買える大チャンス! 9. 冬の必需品、バレットのパッカブルに新デザイン登場!肌寒い時にもう一枚、簡単に羽織れ小さく畳める便利なウィンドブレーカーの決定版! 10. コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013