新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう
2017/3/12 20:00

パリ〜ニース第7ステージ

パリ〜ニース第7ステージ:クイーンステージで総合大シャッフル!ステージ勝利はポート、2位のエナオ・モントーヤが総合リーダーに!アラフィリップ大ブレーキで首位陥落


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
レースには魔物が潜んでいる、そしてレースは水物だ。ここまでの走りを見れば誰もがジュリアン・アラフィリップ(クイックステップ・フロアーズ)優位かと思われた。しかしそのアラフィリップが大ブレーキ、そしてまた総合2位のトニー・ギャロパン(ロット・ソウダル)も大ブレーキ、それにより昨日も素晴らしい走りを見せたセルジオ・エナオ・モントーヤ(チームスカイ)が堅実な走りに徹してステージ3位を獲得、大逆転で総合首位に立った。そしてステージは総合で大きく遅れているリッチー・ポート(BMC)が独走勝利、大会前半の不調は一体何だったのか、と思わせる程の素晴らしい走りでパリ〜ニース史上最高到達点の勝利の女神を奪い去った。


『ポートが軽やかに勝負を決めた ©Tim D Waele 』

『あっという間に勝負は絞られた ©Tim D Waele 』
この日のレースはゴールまでの頂上決戦で始まった。逃げはすべて吸収され、総合バトルが勃発する。決定打となったのはヤーリンソン・パンターノ(トレック・セガフレド)のペースアップ、破壊的に集団を削っていった。これによりまずギャロパンが、そして残り10kmでアラフィリップが脱落した。苦悶の表情を浮かべながら必死に追走を試みるが、軽快に山岳を駆け上がるライバル、エナオ・モントーヤの背中はみるみる遠ざかっていった。


『パンターノの鬼牽引で集団は崩壊 ©Tim D Waele 』

『ポートが納得の勝利 ©Tim D Waele 』
そしてそこからまずポートが抜け出す。そしてそれに食らいついていたアルベルト・コンタドール(トレック・セガフレド)とエナオ・モントーヤがそれを追走、アラフィリップを失いチームの総合狙いを一身に背負ったダニエル・マーティン(クイックステップ・セガフレド)がそれに必死に食らいつく。

そして残り1.5kmではコンタドールが飛び出し、エナオ・モントーヤを置き去りにする。しかしポートへは届かずステージ2位に終わった。エナオ・モントーヤはそのまま3位でゴールするかと思われたが、なんと猛追してきたDマーティンがゴール直前で疲れ切ったエナオ・モントーヤを追い抜き、表彰台を奪い去った。 しかしエナオ・モントーヤはこれで総合首位に、そして3位に入ったDマーティンがボーナスタイムのおかげで総合2位、コンタドールは総合3位へとジャンプアップを果たした。アラフィリップは一気に総合5位まで順位を下げ、再逆転は絶望的な状況となった。


『エナオ・モントーヤが総合リーダージャージ奪取 ©Tim D Waele 』
「最高に感動したね。それは言葉では表現しきれないよ。本当にこのチームには感謝している。先週は結果が残せずに本当に申し訳なかったけど、それでも僕のことを信じ続けてくれたからね。今日はその穴埋めをちょっとできたかな。」ポートはにこやかに語った


『Dマーティンがゴール前で表彰台を掠め取った ©Tim D Waele 』

『アラフィリップが必死にゴール ©Tim D Waele 』
総合はトップ10が大シャッフル、各チームの置かれる立場が僅か一日で大きく変化することとなった。


『一日にして情勢大激変 ©Tim D Waele 』
パリ〜ニース第7ステージ
1位 リッチー・ポート(BMC)   5h01’35”
2位 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレド)   +21”
3位 ダニエル・マーティン(クイックステップ・フロアーズ)   +32”
4位 セルジオ・エナオ・モントーヤ(チームスカイ)   
5位 ヨン・イザギーレ(バーレーン・メリダ)   +55”
6位 ヤコブ・フグルサングル(アスタナ)   +1’07”
7位 ピエール・ロジャー・ラトゥール(Ag2R)    +1’11”
8位 イルヌール・ザッカリン(カチューシャ・アルペシン)   +1’21”
9位 マルク・ソレル(モビスター)   
10位 ゴルカ・イザギーレ(モビスター)  

パリ〜ニース総合順位
1位 セルジオ・エナオ・モントーヤ(チームスカイ)   27h01’15”
2位 ダニエル・マーティン(クイックステップ・フロアーズ)   +30”
3位 アルベルト・コンタドール(トレック・セガフレド)   +31”
4位 ゴルカ・イザギーレ(モビスター)   +1’00”
5位 ジュリアン・アラフィリップ(クイックステップ・フロアーズ)    +1’22”
6位 イルヌール・ザッカリン(カチューシャ)   +1’34”
7位 ヨン・イザギーレ(バーレーン・メリダ)   +1’42”
8位 トニー・ギャロパン(ロット・ソウダル)    +3’22”
9位 ワーレン・バーギル(チームサンウェブ)  +4’07”
10位 サイモン・イェーツ(オリカ・スコット)  +4’39”

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:紳士協定はもう存在しないのか?変わりゆくレースシーン、よりシビアに勝負に徹する展開が増えることに自転車OBたちは懸念、現役は「真剣勝負の場に情けが必要なのか?」の声も 2. 来シーズンからワールドツアーレースでの選手数削減へ、グランツールでは1チーム9人から8人、クラシックでは8人から7人へそれぞれ1人減の削減案が承認へ 3. カラーコーディネートという遊びができるハンドルバーがシックススコンポーネントから登場!国内外のプロレースでも使用される最強ハンドルバーが9色展開に 4. ツール・ド・スイス第9ステージ:最終ステージのTTもデニスが勝利、総合優勝はスピラックが2度目の栄冠!グランツールには自分の意志で出場してこなかったと告白 5. サイクリングウェア ブランドナビ 6. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 7. J-Builders 日本が誇る職人達 : CYCLINGTIME.com 8. ツール・ド・スイス第7&8ステージ:第7ステージの頂上ゴールを独走で制したスピラックが一気に総合首位に!混沌とした第8ステージはサガンが見事今大会2勝目、またしても余裕の勝利 9. ツール・ド・フランス2013 10. アクセスランキング

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013