新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

いよいよROTORの油圧コンポUNOが2018年度はレースシーン挑戦へ!油圧軽量コンポに未来はあるのか? コラム:人はなぜ軽量化に魅せられるのか、0.1gを削ることに命をかけるという自転車の楽しみ方、乗るだけではない、ある一つの自転車の楽しみ方の形 鉄人46歳レベッリンがコンチネンタルチームで現役続行!ベルギーの新チームに加入で来シーズンも暴れまくり! 2年連続のダブルを狙う男、1年間(365日)以内に3大グランツールを狙う男、絶対王者フルームの光!それを阻止すべくジロで立ちはだかるのは昨年度王者デュムラン、ニーバリとアルーか? ロードのタイヤが太くなっていくことの意味はあるのか?現代に与えられた乗り方に合わせた多様性、あなたはどちらを選ぶ?自分自身とバイクを考えて適切なタイヤ幅選択を ジロ・デ・イタリア2018プレゼンテーション、混沌の地イスラエルスタート、「スポーツに国境はない」 はずが論議を呼び正式資料が2転3転、そしてついにフルームがジロ制覇へ向け参戦決定 ショップで買うべき?海外通販で買うべき?それぞれのメリット・デメリットとは?メーカーやショップの対応は?自分に適したスタイルでショッピングを楽しむ極意 ブラックフライデー最終週!海外の大セール期間で来年度用の機材をそろえろ!自分へのご褒美に、相方へのプレゼントに、今ならほしかった商品が安く買える大チャンス!
2017/2/28 4:33

最強のコスパメタルホイールがさらに進化!

最強のコスパメタルホイールがさらに進化!ハブが強化されたのに軽量化、シックススコンポーネンツの名品MACHUS(マクス)がリニューアルで登場!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
世の中には様々なホイールが溢れている。そんな中で異彩を放つのがジャパンデザイン、オリジナル製造されるシックスコンポーネンツのホイールだ。その中でも昨今選択肢が減ってきているメタルホイールの中において最強メタルホイールの呼び声高いのがMACHUS(マクス)だ。そのマクスが進化を遂げ、リニューアル登場だ。

今回はハブフランジにマイナーチェンジを行うことで、よりスポークテンションに強い構造となっただけではなく、わずかだが軽量化も果たしている。また今回はフルシルバーのホイール、昨今見かけなくなっているだけに貴重な存在、選択肢となりそうだ。


『MACHUS ©Sixth Componennts』
プレスリリースより
MACHUSは27mmハイトのアルミリムを採用したホイールでございまして、『踏めるドレスシューズ』として生産しているモデルです。今回のマイナーチェンジでは、より高いスポークテンションに対応する為にハブの形状変更を行い、スポークカラーをブラックからシルバーに変更致しました。これにより更に高いセッティングの自由度と、ルックスの完成度を持つホイールとなりました。

クラシカルな雰囲気を持ちながらも、最新のフレームやタイヤ等のパーツとも性能のマッチングが取れ、あらゆるシチュエーションでお楽しみ頂けます。また、全てのホイールを手作業で組み上げておりますので、初期出荷状態でも抜群の完成度を誇ります。


『MACHUS ©Sixth Componennts』

『MACHUS ©Sixth Componennts』
[製品情報]
MACHUS SILVER
Weight:1500g(ペア、重量にはリムフラップを含みます)
PRICE:55,000円(税別)※前後クイックリリースが付属します。
2017年2月発売開始

[お問い合わせ先]
合同会社NYC 担当 吉江
TEL:072-289-9886
Email:yoshie@rockbikes.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. いよいよROTORの油圧コンポUNOが2018年度はレースシーン挑戦へ!油圧軽量コンポに未来はあるのか? 2. コラム:人はなぜ軽量化に魅せられるのか、0.1gを削ることに命をかけるという自転車の楽しみ方、乗るだけではない、ある一つの自転車の楽しみ方の形 3. 鉄人46歳レベッリンがコンチネンタルチームで現役続行!ベルギーの新チームに加入で来シーズンも暴れまくり! 4. 2年連続のダブルを狙う男、1年間(365日)以内に3大グランツールを狙う男、絶対王者フルームの光!それを阻止すべくジロで立ちはだかるのは昨年度王者デュムラン、ニーバリとアルーか? 5. ロードのタイヤが太くなっていくことの意味はあるのか?現代に与えられた乗り方に合わせた多様性、あなたはどちらを選ぶ?自分自身とバイクを考えて適切なタイヤ幅選択を 6. ジロ・デ・イタリア2018プレゼンテーション、混沌の地イスラエルスタート、「スポーツに国境はない」 はずが論議を呼び正式資料が2転3転、そしてついにフルームがジロ制覇へ向け参戦決定 7. ショップで買うべき?海外通販で買うべき?それぞれのメリット・デメリットとは?メーカーやショップの対応は?自分に適したスタイルでショッピングを楽しむ極意 8. ブラックフライデー最終週!海外の大セール期間で来年度用の機材をそろえろ!自分へのご褒美に、相方へのプレゼントに、今ならほしかった商品が安く買える大チャンス! 9. 冬の必需品、バレットのパッカブルに新デザイン登場!肌寒い時にもう一枚、簡単に羽織れ小さく畳める便利なウィンドブレーカーの決定版! 10. コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013