新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 ジロ・デ・イタリア第13ステージ選手コメント:「 ガヴィリアが頭の回転が速いからなんだよ。だからあんなややこしい中でもきっちりとゴールまでの進路を思い描けるんだよ」〜リケーゼ ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! ジロ・デ・イタリア第13ステージ:スプリントステージを制したのはまたしてもがヴィリア!ステージ連勝で今大会早くも4勝目!冴えるリケーゼのアシストワーク!ベネットまた勝てず ジロ・デ・イタリア第12ステージコメント:「誰かステージスタートの会場まで乗せてくれない?チームバスは僕を置いていくことを決めて行ってしまったよ(笑)。」〜ゲシュケ ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージ:勝利がなかったキャノンデール・ドラパックにようやく美酒の味、タランスキーが山岳ステージ勝利で総合でもジャンプアップ!
2017/2/19 3:37

3モデルがMIDGET WORKSから登場

シックススコンポーネンツの次の一手は小径車ホイール!選択肢が少ない小径車ホイールに新たに3種類のチョイスが誕生!リリス、アビス、エスパーダの3モデルがMIDGET WORKSから登場


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
ジャパンブランドとして個性的なパーツ展開をするシックススコンポーネンツでは、ハンドルバーやシートポスト、ステムからホイールまで様々な個性溢れるパーツが用意されているが、今度はブランド内に小径ホイールを専門とするミジェット・ワークスが誕生した。

その第一弾として3種類の20インチホイールが登場だ。リムハイトが30、38、50ミリのカーボンホイールは、本格的な走行を目的とした最速を目指すホイールは、それぞれリリス、アビス、エスパーだと名づけられた。小径になろうとも妥協なきシックズズコンポーネントの攻めの姿勢は変わらない。


『MIDGET WORKS ©Sixth Components 』
プレスリリースより
この度、小径車のパーツを専門とするMIDGET WORKS(ミジェット ワークス)の展開をSIXTH COMPONENTS内で開始いたします。

第一弾はカーボンホイールでございまして、既にロードバイクのホイールで培ったノウハウを活かしながらも、小径車特有の性質に合わせたチューニングを行ったホイールを開発いたしました。この度、展開するホイールは20インチの451規格に準拠しており、リムハイトを三種類(30mm.38mm.50mm)からお選び頂けます。シンプルながらでありながも、主張の強いグラフィックがオーナーの強いコダワリとセンスを代弁致します。

ギリギリまで追い込んだ設計、高い加工精度からくる最高性能の剛性を持つハブに、真円度・強度の高いリムを組み合わせたホイールラインアップは間違いなくユーザーにご納得頂ける製品です。そしてそれらのパーツを一つ一つ、人の手によって組み上げており、開封した瞬間からその性能をお楽しみ頂けます。最高の性能を小径車にも。今後もMIDGET WORKSにご期待くださいませ。

[製品情報]

『LYLIS ©Sixth Components 』
・LYLIS(リリス)
30mm height F14 R20
Weight 1130g(ペア)
PRICE:150,000円(税別)


『ABYSS ©Sixth Components 』
・ABYSS(アビス)
38mm height F14 R20
Weight 1140g(ペア)
PRICE:160,000円(税別)


『ESPADA ©Sixth Components 』
・ESPADA(エスパーダ)
50mm height F12 R15
Weight 1160g(ペア)
PRICE:170,000円(税別)

※ホイールセットにはクイックリリースレバーを含みます。
2017年4月発売開始

[お問い合わせ先]
合同会社NYC 担当 吉江
TEL:072-289-9886
Email:yoshie@rockbikes.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル 2. ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ 3. ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 4. ジロ・デ・イタリア第13ステージ選手コメント:「 ガヴィリアが頭の回転が速いからなんだよ。だからあんなややこしい中でもきっちりとゴールまでの進路を思い描けるんだよ」〜リケーゼ 5. ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! 6. ジロ・デ・イタリア第13ステージ:スプリントステージを制したのはまたしてもがヴィリア!ステージ連勝で今大会早くも4勝目!冴えるリケーゼのアシストワーク!ベネットまた勝てず 7. ジロ・デ・イタリア第12ステージコメント:「誰かステージスタートの会場まで乗せてくれない?チームバスは僕を置いていくことを決めて行ってしまったよ(笑)。」〜ゲシュケ 8. ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージ:勝利がなかったキャノンデール・ドラパックにようやく美酒の味、タランスキーが山岳ステージ勝利で総合でもジャンプアップ! 9. SCIENCE:DHではどの姿勢が一番速いのか、フルーム、サガン、ニーバリ、パンターニらの特徴的なDHフォームを科学的に検証 10. ジロ・デ・イタリア第14ステージ選手コメント:「今日はデュムランのクライマーとしての資質を感じたよ。今日のところは僕の完敗だったよ。」〜キンターナ

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013