新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう
2017/2/9 23:19

カスタマイズという楽しみへの誘い:HORUS

カスタマイズという楽しみへの誘い:カラーバリエーション豊富なステムが登場、シックススコンポーネンツのステム、HORUS(ホルス)が全9色展開で登場


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
シックススコンポーネンツをご存知だろうか?日本で企画デザインされ、台湾で製造される極めて個性的なパーツブランドだ。ステムからハンドルバー、シートポスト、ホイールまでをラインナップに揃えているが、今回はその中でもリーズナブルな価格でありながら剛性と軽量化を両立しているステム、HORUS(ホルス)がカラー展開されることとなった。このステムは昨年度はJBCFシリーズ年間5位になったニールプライド・南信スバルが使用し、今シーズンもそのままチーム名を変えたインタープロ・サイクリングアカデミーが使用することとなる。

そもそもが”カスタマイズ”をキーワードに掲げているブランドだけに、今回のカラー展開は来るべくして来たという感じだ。そして今回用意されたステムカラーは全9色、自らのフレームカラーに合わせてマッチ・ザ・カラーでそのセンスを高めることが出来るだろう。

1980年台、MTB全盛期にはステムには様々なカラーが用意されていたものだ。フレームに合わせてパーツカラーを選ぶことで、それぞれの個性を出すのが一つの楽しみであった。しかし昨今はステムなどはブラックかホワイト、もしくはシルバーぐらいの選択肢しかない。特にサードパーティー製のステムはその選択肢が激減、小さな個性あるメーカーはほとんど残っていない。そして多色展開されることは皆無に等しく、なかなか個性を際立たせたセットアップをするのが困難だ。シックススコンポーネンツでは、このステムを皮切りに、ハンドルバー、シートポストなどでもカラー展開を予定しており、自分のマシンを他の人とは違うワン・アンド・オンリーに仕立て上げることが出来るだろう。販売開始は4月、今年は自らのバイクをカスタマイズすることで仲間やライバルに差をつけよう。

HORUS

『シルバー以外の8色 ©Sixth Components 』
プレスリリースより
弊社が展開しておりますSIXTH COMPONENTSのステム 、HORUSステムに新色を追加致しま す。
HORUSステムはアングルを17°で製作しており、アグレッシブなポジションを実現するモデ ルです。重量は100mmの突き出しで125g、昨年は国内の有名チームで使用され、今年は INTERPRO CYCLING ACADEMYでも使用されます。
しかしながら、ただレースで能力を発揮するだけでは色気が足りないように思うのです。機能 性部品にも遊びゴコロが必要で、仕上げにコダワリ、色気と性能を両立した製品を販売したいと 思い至るようになりました。
カラー展開は9の展開になります。定番のブラック、シルバーから個性の強いゴールド、レッ ド、ピンク、オレンジ、グリーン、ブルー、パープルまでございまして、4月の発売開始を予定 しております。
[製品情報]
製品名:SIXTH COMPONENTS HORUS STEM シックスポンポーネンツ ホルス ステム
素材:AL6061
クランプ径:31.8mm
ステアリングコラム径:28.6mm
スタックハイト:40mm
重量:125g (100mm)
ステム長:80mm,90mm,100mm,110mm,120mm
アングル:±17°
カラー:ブラック、シルバー、ゴールド、レッド、ピンク、オレンジ、グリーン、ブルー、パープル
価格:7,000円(税別)

[お問い合わせ先]
合同会社NYC 担当 吉江
TEL:072-289-9886
Email:yoshie@rockbikes.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:紳士協定はもう存在しないのか?変わりゆくレースシーン、よりシビアに勝負に徹する展開が増えることに自転車OBたちは懸念、現役は「真剣勝負の場に情けが必要なのか?」の声も 2. 来シーズンからワールドツアーレースでの選手数削減へ、グランツールでは1チーム9人から8人、クラシックでは8人から7人へそれぞれ1人減の削減案が承認へ 3. カラーコーディネートという遊びができるハンドルバーがシックススコンポーネントから登場!国内外のプロレースでも使用される最強ハンドルバーが9色展開に 4. ツール・ド・スイス第9ステージ:最終ステージのTTもデニスが勝利、総合優勝はスピラックが2度目の栄冠!グランツールには自分の意志で出場してこなかったと告白 5. サイクリングウェア ブランドナビ 6. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 7. J-Builders 日本が誇る職人達 : CYCLINGTIME.com 8. ツール・ド・スイス第7&8ステージ:第7ステージの頂上ゴールを独走で制したスピラックが一気に総合首位に!混沌とした第8ステージはサガンが見事今大会2勝目、またしても余裕の勝利 9. ツール・ド・フランス2013 10. アクセスランキング

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013