新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう
2017/2/2 21:23

チェーンリアクションサイクルズの節分スペシャル

5日間だけのスペシャルオファー!チェーンリアクションサイクルズの節分スペシャルオファーでホイールをゲットしろ!カーボンからアロイホイールまで、春本番前にゲットしよう


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
日本独自の節分スペシャルオファーをチェーンリアクションサイクルズが限定で行う事になった。その期間は2月2日の午後7時から2月6日の午後10時までだ。今シーズンへ向け未だホイールを新調していない人は今がチャンスだろう。このセールは在庫のあるホイールのみが対象であり、20000円以上のホイール購入でセール割引に加え更に2500円オフとなるものだ。買い物かごのコード入力欄でJPFEB17と入力しよう。コードは一度限り有効となる。


『Easton EC90 Aero 55クリンチャー ©CRC』
ではどのようなホイールがあるのか見てみよう。レース用のクリンチャーホイールを探している人は、Easton EC90 Aero 55クリンチャーなどいいだろう。評判も高くチューブレスにも対応しているのもポイントが高い。ま頼り軽量化を意識しているのであれば、Easton EC90 Aero 55チューブラーもいいだろう。クリンチャーモデルに比べ300gほど前後セットで軽量化されており、価格も割引率がより大きくなっているのでお得だといえるだろう。


『Shimano アルテグラ6800 ©CRC』
またそこまで本格的ではないが、今乗っているものをアップグレードしたいと考えている人には、Shimano アルテグラ6800 ロードホイールセットあたりもいいだろう。こちらもクリンチャーとチューブレス対応をしている。8速から11速まで対応しているので、未だ11速にアップグレードはしていない、そこまではしたくない、という人たちにも向いている。またレース用としてのみならず、練習用やロングツーリング用にもいいだろう。


『Campagnolo ユーラス ©CRC』
カンパニョーロのホイールに、シマノ製品が使えないと勘違いしている人も未だ多いのではないだろうか。ホイールに関して言えば、カンパニョーロはシマノのフリーハブ用ホイールを用意しており、問題なく使えるのだ。Campagnolo ユーラス ロードホイールセット( 2017モデル)はハイエンドアルミホイールとしての位置づけのモデルであり、クライムから巡航まで、あらゆるシーンで活躍できるオールラウンダーなホイールだ。


『Campagnolo シロッコ35 ©CRC』
またその下のランク付けとなるCampagnolo シロッコ35 ロードホイールセット (2017モデル)もオススメだ。ユーラスに比べて重くはなるが、そこはやはりカンパニョーロのホイール、乗るものを満足させるフィーリングを持っている。このモデルはより耐久性が求められるロングライドなどのシーンでの活躍が可能なモデルとなっている。


『Shimano RS81 C24 ©CRC』
またシマノで言えばShimano RS81 C24ロードホイールセットもいいだろう。今では数少なくなったアロイカーボンリムモデルだけに、探している人も多いはずだ。やっぱりブレーキングサーフェスはアロイの方がいいという人はまだまだ多く、軽さも相まって様々なシーンで活躍できそうだ。


『Vision TriMax 35 ©CRC』
Vision TriMax 35 ( 2016モデル)もいいアロイカーボンホイールだ。ビジョンブランドはなかなか見かけることはないが、ツールなどでもおなじみであり、この名前に憧れている人もいるだろう。

もうすぐ春を迎えるが、新しいホイールで漕ぎ出す準備を整えておこう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:紳士協定はもう存在しないのか?変わりゆくレースシーン、よりシビアに勝負に徹する展開が増えることに自転車OBたちは懸念、現役は「真剣勝負の場に情けが必要なのか?」の声も 2. 来シーズンからワールドツアーレースでの選手数削減へ、グランツールでは1チーム9人から8人、クラシックでは8人から7人へそれぞれ1人減の削減案が承認へ 3. カラーコーディネートという遊びができるハンドルバーがシックススコンポーネントから登場!国内外のプロレースでも使用される最強ハンドルバーが9色展開に 4. ツール・ド・スイス第9ステージ:最終ステージのTTもデニスが勝利、総合優勝はスピラックが2度目の栄冠!グランツールには自分の意志で出場してこなかったと告白 5. サイクリングウェア ブランドナビ 6. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 7. J-Builders 日本が誇る職人達 : CYCLINGTIME.com 8. ツール・ド・スイス第7&8ステージ:第7ステージの頂上ゴールを独走で制したスピラックが一気に総合首位に!混沌とした第8ステージはサガンが見事今大会2勝目、またしても余裕の勝利 9. ツール・ド・フランス2013 10. アクセスランキング

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013