新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

UCIシクロクロス第4戦 ボヘンセ:強すぎるファン・デル・ポエル、UCIシリーズは全戦全勝の4連勝!世界チャンピオンのファン・アートは上り調子も全く歯が立たず コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換 シマノがロードレースでのディスクブレーキ普及への足固めか、RCSとニュートラルサポート契約で懸念払拭を狙う アルベルト・コンタドール:王者であり続けたロードレース界のアイコン、パンターニに憧れた少年がパンターニ超えを目指し駆け抜けた現役生活 コラム:アジアバイクショーから思うこと、日本と同じ道を途中まで辿ってきた中国が向かう独自の歩み、OEM卒業ではなく続けながらの歩みを選択の理由とは コンタドールがコンチネンタルチームを始動!バッソとともにトレック・セガフレドの育成チームとなるポーラーテック・コメタが動き出す! バレットから冬の定番パッカブルの新デザインが登場、普段使いからサイクリング、ゴルフ等様々なシーンを選ばず使える万能ウェアで冬の寒さの中でも楽しもう! ブラックフライデーセールがさらに加速!海外通販の激安月間、CRCの第2週のセール品をチェック!来シーズンへ向けて買い揃えるなら今がチャンス
2017/2/2 21:23

チェーンリアクションサイクルズの節分スペシャル

5日間だけのスペシャルオファー!チェーンリアクションサイクルズの節分スペシャルオファーでホイールをゲットしろ!カーボンからアロイホイールまで、春本番前にゲットしよう


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
日本独自の節分スペシャルオファーをチェーンリアクションサイクルズが限定で行う事になった。その期間は2月2日の午後7時から2月6日の午後10時までだ。今シーズンへ向け未だホイールを新調していない人は今がチャンスだろう。このセールは在庫のあるホイールのみが対象であり、20000円以上のホイール購入でセール割引に加え更に2500円オフとなるものだ。買い物かごのコード入力欄でJPFEB17と入力しよう。コードは一度限り有効となる。


『Easton EC90 Aero 55クリンチャー ©CRC』
ではどのようなホイールがあるのか見てみよう。レース用のクリンチャーホイールを探している人は、Easton EC90 Aero 55クリンチャーなどいいだろう。評判も高くチューブレスにも対応しているのもポイントが高い。ま頼り軽量化を意識しているのであれば、Easton EC90 Aero 55チューブラーもいいだろう。クリンチャーモデルに比べ300gほど前後セットで軽量化されており、価格も割引率がより大きくなっているのでお得だといえるだろう。


『Shimano アルテグラ6800 ©CRC』
またそこまで本格的ではないが、今乗っているものをアップグレードしたいと考えている人には、Shimano アルテグラ6800 ロードホイールセットあたりもいいだろう。こちらもクリンチャーとチューブレス対応をしている。8速から11速まで対応しているので、未だ11速にアップグレードはしていない、そこまではしたくない、という人たちにも向いている。またレース用としてのみならず、練習用やロングツーリング用にもいいだろう。


『Campagnolo ユーラス ©CRC』
カンパニョーロのホイールに、シマノ製品が使えないと勘違いしている人も未だ多いのではないだろうか。ホイールに関して言えば、カンパニョーロはシマノのフリーハブ用ホイールを用意しており、問題なく使えるのだ。Campagnolo ユーラス ロードホイールセット( 2017モデル)はハイエンドアルミホイールとしての位置づけのモデルであり、クライムから巡航まで、あらゆるシーンで活躍できるオールラウンダーなホイールだ。


『Campagnolo シロッコ35 ©CRC』
またその下のランク付けとなるCampagnolo シロッコ35 ロードホイールセット (2017モデル)もオススメだ。ユーラスに比べて重くはなるが、そこはやはりカンパニョーロのホイール、乗るものを満足させるフィーリングを持っている。このモデルはより耐久性が求められるロングライドなどのシーンでの活躍が可能なモデルとなっている。


『Shimano RS81 C24 ©CRC』
またシマノで言えばShimano RS81 C24ロードホイールセットもいいだろう。今では数少なくなったアロイカーボンリムモデルだけに、探している人も多いはずだ。やっぱりブレーキングサーフェスはアロイの方がいいという人はまだまだ多く、軽さも相まって様々なシーンで活躍できそうだ。


『Vision TriMax 35 ©CRC』
Vision TriMax 35 ( 2016モデル)もいいアロイカーボンホイールだ。ビジョンブランドはなかなか見かけることはないが、ツールなどでもおなじみであり、この名前に憧れている人もいるだろう。

もうすぐ春を迎えるが、新しいホイールで漕ぎ出す準備を整えておこう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. UCIシクロクロス第4戦 ボヘンセ:強すぎるファン・デル・ポエル、UCIシリーズは全戦全勝の4連勝!世界チャンピオンのファン・アートは上り調子も全く歯が立たず 2. コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換 3. シマノがロードレースでのディスクブレーキ普及への足固めか、RCSとニュートラルサポート契約で懸念払拭を狙う 4. アルベルト・コンタドール:王者であり続けたロードレース界のアイコン、パンターニに憧れた少年がパンターニ超えを目指し駆け抜けた現役生活 5. コラム:アジアバイクショーから思うこと、日本と同じ道を途中まで辿ってきた中国が向かう独自の歩み、OEM卒業ではなく続けながらの歩みを選択の理由とは 6. コンタドールがコンチネンタルチームを始動!バッソとともにトレック・セガフレドの育成チームとなるポーラーテック・コメタが動き出す! 7. バレットから冬の定番パッカブルの新デザインが登場、普段使いからサイクリング、ゴルフ等様々なシーンを選ばず使える万能ウェアで冬の寒さの中でも楽しもう! 8. ブラックフライデーセールがさらに加速!海外通販の激安月間、CRCの第2週のセール品をチェック!来シーズンへ向けて買い揃えるなら今がチャンス 9. フルームを倒すための包囲網作戦?モビスターが来年のツール・ド・フランスではトリプルエースという対フルーム対策の可能性、フルームという時代の絶対王者の存在 10. 東京五輪の自転車ロードレースのコース案が判明、調布スタートから、富士山麓、山中湖、そして富士スピードウェイでゴールの270km!女子はその一部を利用した140kmに

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013