新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

ツアー・ダウン・アンダー第2ステージ:頂上ゴールを制したのはBMCのエースとして今シーズンに懸けるポート!独走勝利で一気に総合首位に躍り出る! ツアー・ダウン・アンダー第3ステージ:止まらぬポケットロケット!イーワンが第3ステージのスプリントも制す!ここまでスプリント勝負負け無し!サガンは直接対決で敗北 オーストラリアでバトル開幕、開幕戦前のピープルズ・チョイス・クラシック、そしてツアー・ダウン・アンダー第1ステージを制したのはイーワン!サガンは連日リードアウトに徹する動き 今年もやってきた!VALETTEのジャージデザイン料無料キャンペーンで2017年シーズンに備えろ!自分だけの、チームの、オリジナルジャージを今こそ作ろう! 2017全ワールドツアーチームバイク紹介:開幕戦を走るバイク達、サガンはヘビー級の8.4kgディスククロードを使用の可能性あり、造形バトル一段落で細身のバイク増える UCIが前触れもなく新たなルール変更を発表!各チームのみならず、ワールドツアーレース主催者にも厳しいルール変更に早くも悲鳴上がる、一体レース界はどこへ向かう? ツアー・ダウン・アンダー第4ステージ:連勝街道まっしぐら!全てのスプリントステージで勝利!ポケットロケット、イーワンがまたしても世界チャンピオンのサガンを撃破! サイクリングウェア ブランドナビ
2017/1/6 11:12

105歳がアワーレコードを樹立!

衰えぬ情熱!105歳がアワーレコードを樹立!フランス人ロベルト・マルシャンが100歳以上の部門に引き続き105歳以上で記録樹立!「まだまだ記録を伸ばせたよ!」と豪語!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
新年早々凄い記録が飛び込んできた。100歳以上部門のアワーレコードで26.927kmの世界記録を持つロベルト・マルシャンが、105歳で更なる可能性に挑んだ。世界で初めての挑戦者となるため彼のためだけに新しく105歳以上の部門が設立された上での挑戦となったが、見事に22.547kmを駆け抜け歴史にその名を刻んだ。


『マルシャンの挑戦は終わらない ©AFP』
「残り10分のボードを見落としてしまって、ペースアップしそこねたよ。あれがなければまだまだ記録を伸ばせたよ!今は挑戦者が現れるのが楽しみだよ!」軽く冗談を交えながら話すマルシャン言葉には一切衰えなど感じられない。

「僕は新記録をするためにここにいるんじゃないんだ、この年令でもまだまだ自転車に乗り続けられることを証明したかったんだ。」、”もう年なんだから”という医師やコーチからのアドバイスを意に介さず、自らの意志で挑戦を決めたマルシャン、”まだまだ老け込む年ではない”と口にする。


『冗談を言う余裕さえある大ベテラン! ©AFP』
他に挑戦者が果たしてでてくるのか、それも楽しみではあるが、この年にしてまだまだ現役で走りつづけることが出来る凄さ、そして105歳を過ぎてアワーレコードでもっと記録を伸ばせた、と言える凄さ、これには頭が下がる思いだ。若い頃自転車選手を夢見るも、体格的に無理と言われて断念、67歳を過ぎて再び本格的に自転車の乗り出したマルシャンを見ていれば、何歳になっても新しいことを始めるのは遅くないのだと感じさせてくれる。

マルシャンのようにいつまでも衰えぬスピリット、そして挑戦心を持っていたいものだ。

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ツアー・ダウン・アンダー第2ステージ:頂上ゴールを制したのはBMCのエースとして今シーズンに懸けるポート!独走勝利で一気に総合首位に躍り出る! 2. ツアー・ダウン・アンダー第3ステージ:止まらぬポケットロケット!イーワンが第3ステージのスプリントも制す!ここまでスプリント勝負負け無し!サガンは直接対決で敗北 3. オーストラリアでバトル開幕、開幕戦前のピープルズ・チョイス・クラシック、そしてツアー・ダウン・アンダー第1ステージを制したのはイーワン!サガンは連日リードアウトに徹する動き 4. 今年もやってきた!VALETTEのジャージデザイン料無料キャンペーンで2017年シーズンに備えろ!自分だけの、チームの、オリジナルジャージを今こそ作ろう! 5. 2017全ワールドツアーチームバイク紹介:開幕戦を走るバイク達、サガンはヘビー級の8.4kgディスククロードを使用の可能性あり、造形バトル一段落で細身のバイク増える 6. UCIが前触れもなく新たなルール変更を発表!各チームのみならず、ワールドツアーレース主催者にも厳しいルール変更に早くも悲鳴上がる、一体レース界はどこへ向かう? 7. ツアー・ダウン・アンダー第4ステージ:連勝街道まっしぐら!全てのスプリントステージで勝利!ポケットロケット、イーワンがまたしても世界チャンピオンのサガンを撃破! 8. サイクリングウェア ブランドナビ 9. UCIシクロクロス第8戦フィウッジ:担ぎ地獄に滑り地獄で落車連発!シクロクロスの醍醐味全開!自転車はもはやお荷物のようなレースを制したのは世界チャンピオンのファン・アールト! 10. クロモリの可能性:羊の皮をかぶった狼!BARAMONのクロモリのラグ付軽量ロードフレーム1.4kg、圧倒的存在感のネオクラシックフレームがここに!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013