新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう
2017/1/3 3:14

クラシックハンター、復活への序章

クラシックハンター、復活への序章:クイックステップへ移籍で心機一転のジルベール、復活のために選んだ新天地は自らを苦しめ続けた最強チーム!「もう一度ハングリーさを取り戻すために」


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
クラシックハンターとしてビッグタイトルを次々と制し、2011年度は史上2人目となるアルデンヌクラシックスイープ(1シーズンで全戦勝利)、年間王者にも輝き、2012年は世界チャンピオンになるなど大暴れ最強の名を欲しいがままにしたフィリップ・ジルベールだが、移籍後は苦悩し、勝利数も激減、もう最強の男は終わったとまで言われた。しかしBMCとの契約が満了した男は、心機一転移籍を決断、個性派集団クイックステップ・フロアーズのメンバーとして最強伝説を再び目指すことになった。大型移籍が横行した今シーズン、最強軍団クイックステップ・フロアーズがそういった大物には手を出さず、あえて終わったと言われた男に手を差し出したのはどんな思惑があったのだろう。


『最強クラシックハンターの復活なるか? ©Quickstep』
「本当にこのチームに加わることが出来て嬉しい。このチームの選手もスタッフもだいたい知っているから、簡単に馴染めたよ。このチームのジャージで走れるのが本当に楽しみだよ。」

そう語るジルベールは単発勝負の単年契約、34歳で再び厳しい場に身を置いての勝負の年となる。チームの精神的主柱トム・ボーネンが春先には引退するだけに、そのスピリットを引き継ぐ役割をチームは見込んでいるようだ。

「ボーネンとは長くライバルであり親友だからね。僕らは共通項も多いし、本気で腹を割って話せる存在だからね。あれだけ前向きであり続ける男も少ないしね。僕らは最強のタッグでシーズンを迎えるよ。」ジルベールはボーネンとの関係性を口にした。

チームは今シーズンまだジルベールのレーススケジュールをはっきりと確定させてはいない。しかし当の本人は目標としてクラシックでの勝利を掲げている。「もう一度ビッグタイトルを取ること!」これがここ2シーズンを満足に走りきれなかった男が掲げている野望だ。常に僕の最大ライバルだったこのチームに入れたことは、僕にとってはとても意味のあることなんだ。このチームは個性的で戦略も臨機応変、レースの中で次々と作戦を切り替えることが出来る最強のチームなんだ。勝利には常にハングリーさむき出しで挑むこのチームで、僕も1ピースとして勝利を上げたいんだ。」

元最強男は、自分を追い越していった若者たちに宣戦布告、最強チームでの復活を誓った。

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:紳士協定はもう存在しないのか?変わりゆくレースシーン、よりシビアに勝負に徹する展開が増えることに自転車OBたちは懸念、現役は「真剣勝負の場に情けが必要なのか?」の声も 2. 来シーズンからワールドツアーレースでの選手数削減へ、グランツールでは1チーム9人から8人、クラシックでは8人から7人へそれぞれ1人減の削減案が承認へ 3. 全日本選手権:個人TTは西薗良太が連覇!、ロードは畑中勇介が制す!女子は世界で走る與那嶺恵理が個人TTとロードで1人別次元の走り 4. カラーコーディネートという遊びができるハンドルバーがシックススコンポーネントから登場!国内外のプロレースでも使用される最強ハンドルバーが9色展開に 5. ツール・ド・スイス第9ステージ:最終ステージのTTもデニスが勝利、総合優勝はスピラックが2度目の栄冠!グランツールには自分の意志で出場してこなかったと告白 6. サイクリングウェア ブランドナビ 7. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 8. J-Builders 日本が誇る職人達 : CYCLINGTIME.com 9. ツール・ド・フランス2013 10. ツール・ド・スイス第7&8ステージ:第7ステージの頂上ゴールを独走で制したスピラックが一気に総合首位に!混沌とした第8ステージはサガンが見事今大会2勝目、またしても余裕の勝利

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013