新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2016/7/17 18:41

ツール・ド・フランス第14ステージ選手コメント

ツール・ド・フランス第14ステージ選手コメント:「 トラックをやることで、気分転換にもなったけど、それ以上に我慢と状況判断をより冷静にできるようになったんだよ」〜カベンディッシュ


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
マーク・カベンディッシュ(ディメンション・データ) ステージ1位
「トラック競技を再開して強くなったのかと聞かれるけど、そうじゃないよ。トラックをやることで、気分転換にもなったけど、それ以上に我慢と状況判断をより冷静にできるようになったんだよ。これが間違いなく今年の僕のアドバンテージだね。」

「正直チームメイトのレンズバーグはまだ経験不足だね。最終局面でライバル達を引き上げてしまったんで、”こりゃ今日はダメかな”って思ったんだけど、ボアッソン・ハーゲンのリードされながらキッテルをぴったりマークしていたら、キッテルが予想より早く仕掛けたからそれを利用したんだよ。向かい風だったんで、ぎりぎりまで我慢しなくちゃと思って機を伺ったんだよ。」


『ひまわりが似合うスポーツはツールだけ ©Tim D.Waele』
アレクサンダー・クリストフ(カチューシャ) ステージ2位
「今日はいい感じだったね。向かい風も苦にならなかったよ。勝てると思ったけど、カベンディッシュのほうが強かったね。ここでもうたくさん勝利も上げているし、調子が良さそうだよね。今日みたいな走りをされると、まず勝ち目はないよ。カベンディッシュのほうが強かった、言い訳すら見つからないよ。」

「でも2位でも満足しているよ。もちろん勝ちたかったけど、ここで30勝を挙げる選手はそうざらにはいない。脱帽だよ。正直ライバル達の脚の感じも把握できたし、これから残りのステージで、また最高のチームワークで勝利を目指すよ。」

ジョン・デゲンコルブ(ジャイアント・アルペシン) ステージ4位
「今日のゴール勝負は僕向きだったね。いい位置取りが出来たし、結構混沌としていたからね。今日はゴールラインまできっちりと勝負出来たよ。ここまでのステージではもっと早くに脱落してしまっていたけど、ここへ来て上出来だね。脚はいい感じになってきているし、自身も取り戻しつつあるよ。僕自身にとっては「出来る」っていう自信を取り戻すのが重要だったんだよ。まだこれからのステージでチャンスが有るだろうから頑張るよ。

マルセル・キッテル(エティックス・クイックステップ) ステージ5位
「起きたことは起きたこと、審判があれは斜行だと言わないのであればそういうことなんだよ。内容で勝っても、結果が残せなければ意味が無いんだよ。ほんとがっかりしているよ。」

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 7. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. バレットから新年のプレゼント!デザイン無料キャンペーンでメイド・イン・ジャパンのこだわりを体感せよ!さらに期間限定福袋でバレットを体感せよ! 10. 説明が求められるフルームと新体制のUCI、データ公表の遅れとともに、その扱いに対して選手や多くのチームが加盟するMPCC(自転車レース信頼回復団体)なども懸念と意見

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013