新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

どうなるUCI改革?UCI会長選挙でラパルシェン新会長誕生、ASOらフレンチ・コネクションがクックソンの再選を阻む!早くも世界選手権のチームTT削減を宣言、その手腕は果たして… ブエルタで存在感を示したプロコンチネンタルのアクアブルースポーツが来シーズン1Xとディスクブレーキ採用の3Tストラーダの使用を決定!新時代バイクがワールドツアーレース投入へ 世界選手権個人TT:ジロ覇者のデュムランがチームTTとの2冠!先に出走のフルームにあわや追いつく快走!元スキージャンプ金メダリストのログリッチが銀メダル!フルーム銅 世界選手権2017チームTT:ジロを制したトム・デュムランを筆頭に、今シーズン大躍進のチームサンウェブが男女チームTTを制覇!BMCは銀メダルフルーム出走のチームスカイは銅メダル! ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.3:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の二 ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.2:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の一 サイクリングウェア ブランドナビ 世界選手権2017エリート男子ロード:史上初!怪童サガンが世界選手権3連覇!クリストフと僅差のバトルを制し、史上最強の称号をさらに確固たるものに!オランダ旋風は男子エリートに吹かず
2016/7/17 17:14

ツール・ド・フランス第14ステージ

ツール・ド・フランス第14ステージ:マン島ミサイル、カベンディッシュが今大会4勝目!キッテルを発射台に利用してパワースプリントでツール通算ステージ30勝目!クリストフが2位、サガンは3位


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
誰の目にも重い空気が漂っていた個人TTから一日、通常スプリントステージは、やはり白熱の大激戦となった。そんなステージを制したのはまたしてもマーク・カベンディッシュ(ディメンションデータ)、強豪スプリンター揃い踏みの勝負で、ライバル達を圧倒してみせた。


『ライン取りも戦略も完璧だったカベンディッシュ ©Tim D.Waele』

『圧巻のスプリントできちんと勝利 ©Tim D.Waele』
真っ先に仕掛けたのはゲルマン超特急、マルセル・キッテル(エティックス・クイックステップ)、その影に隠れたカベンディッシュは自らの間合いまで引き込んで一歩遅れてスプリントを開始する。アレクサンダー・クリストフ(カチューシャ)、アンドレ・グライペル(ロット・ソウダル)らが並んでスプリントする中、その隙間を一気に駆け上がるカベンディッシュを止めるのは誰にも不可能だった。キッテルを追い越しそのまま広がったスペースへと進路をとったカベンディッシュに対し、手を上げて進路を塞がれたとキッテルがアピールするが、それは単に悔しさを紛らわせるアピールに他ならなかった。


『これで早くも今大会4勝目 ©Tim D.Waele』
ここ数年徐々に衰えが指摘されていたカベンディッシュだったが、新天地とニューバイクがドンピシャでフィット、全盛期の強さを髣髴とさせる力強いスプリントと巧みなライン取り、抜群の勝利への嗅覚が再び目覚めたようだ。この日はディメンションデータのチームが完全に機能、バーナードアイゼル、エドヴァルド・ボアッソン・ハーゲンと言った強豪アシストたちが向かい風を切り裂いてカベンディッシュをきっちりと勝負どころまで送り届けた。


『カベンディッシュの好調さが止まらない ©Tim D.Waele』
ようやく今大会出場中の大物スプリンターたちが揃い踏みとなったゴールスプリント、ステージ2位にはクリストフ、3位にはポイント賞ジャージを着るピーター・サガン(ティンコフ)、そして4位には怪我から復帰してきたジョン・デゲンコルブ(ジャイアント・アルペシン)が入り、6位にはグライペルが入った。まさに世代最強を決めるスプリント勝負と言っても過言ではない豪華メンバーの勝負を制したのは、ツール最多ステージ勝利数を更に更新したカベンディッシュだった。これでツールでの通算ステージ勝利数が30勝目となり、歴代最多の34勝を上げているエディー・メルクスにまた一歩近づいた。

総合勢は昨日の心身の疲れを癒やすために動きはなく沈黙、順位変動などはなく平穏なステージとなった。


『スタートは気持ち良い木立の中から ©Tim D.Waele』

『チームスカイはチーム走行に徹する ©Tim D.Waele』
昨日の緊張感から一日、重苦しい雰囲気から脱し、ツール・ド・フランスが再び選手たちの日常へと戻った。そんなステージはスプリント勝負必死、それでも逃げを仕掛ける選手たち、この日も3人の逃げがレースのペースを作っていく。この日のステージは向かい風、逃げ切りのチャンスも多いかと思われた。しかしステージ勝利を狙うカベンディッシュ擁するディメンションデータが猛追を見せ、逃げは吸収されてしまう。

そして勝負はスプリントへと持ち込まれる。エティックス・クイックステップは風のなかで主導権を握るのに脚を使いすぎ、キッテルのアシストが十分んいいない状況、またそれはライバル達も同様で、スプリンターたちが地力による勝負を強いられることとなる。そして誰よりも地力を発揮したのはカベンディッシュ、弾丸のようにゴールラインへと爆進、そのまま勝負を決めた。


『ひまわりとマイヨ・ジョーヌ!これがツール! ©Tim D.Waele』
ツール・ド・フランス第14ステージ
1位 マーク・カベンディッシュ(ディメンションデータ)     5h43’49”
2位 アレクサンダー・クリストフ(カチューシャ)  
3位 ピーター・サガン(ティンコフ)   
4位 ジョン・デゲンコルブ(ジャイアント・アルペシン)  
5位 マルセル・キッテル(エティックス・クイックステップ)   
6位 アンドレ・グライペル(ロット・ソウダル)   
7位 ブライアン・コカード(ダイレクトエナジー)    
8位 ダビデ・チモライ(ランプレ・メリダ)    
9位 クリストフ・ラポルテ(コフィディス・ソルーションクレジッツ)   
10位 サミュエル・デュムラン(Ag2R)    

ツール・ド・フランス総合順位
1位 クリス・フルーム(チームスカイ)   63h46’40”
2位 バウク・モレンマ(トレック・セガフレド)   +1’47”
3位 アダム・イェーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ)   +2’45”  
4位 ナイロ・キンターナ(モビスター)   +2’59”
5位 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター)  +3’17”
6位 ティージェイ・ヴァン・ガーデレン(BMC)   +3’19”
7位 ロメイン・バルデ(Ag2R)   +4’40”
8位 リッチー・ポート(BMC)   +4’27”
9位 ダニエル・マーティン(エティックス・クイックステップ)    +5’03”
10位 ファビオ・アルー(アスタナ)   +5’16”
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. どうなるUCI改革?UCI会長選挙でラパルシェン新会長誕生、ASOらフレンチ・コネクションがクックソンの再選を阻む!早くも世界選手権のチームTT削減を宣言、その手腕は果たして… 2. ブエルタで存在感を示したプロコンチネンタルのアクアブルースポーツが来シーズン1Xとディスクブレーキ採用の3Tストラーダの使用を決定!新時代バイクがワールドツアーレース投入へ 3. 世界選手権個人TT:ジロ覇者のデュムランがチームTTとの2冠!先に出走のフルームにあわや追いつく快走!元スキージャンプ金メダリストのログリッチが銀メダル!フルーム銅 4. 世界選手権2017チームTT:ジロを制したトム・デュムランを筆頭に、今シーズン大躍進のチームサンウェブが男女チームTTを制覇!BMCは銀メダルフルーム出走のチームスカイは銅メダル! 5. ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.3:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の二 6. ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.2:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の一 7. サイクリングウェア ブランドナビ 8. 世界選手権2017エリート男子ロード:史上初!怪童サガンが世界選手権3連覇!クリストフと僅差のバトルを制し、史上最強の称号をさらに確固たるものに!オランダ旋風は男子エリートに吹かず 9. SIXTH COMPONENTS X SUNRISE CYCLES:究極のコラボレーションバイクが誕生!スピードを追い求めた最強の軽量ロードミニヴェロが最強MIDGET WORKSを履き颯爽と降臨 10. 世代最強の王者クリス・フルームがダブルツールを達成出来た理由はチーム力!チームスカイの綿密な戦略が可能にした勝利

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013