新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2016/7/14 10:20

ツール・ド・フランス第11ステージ選手コメント

ツール・ド・フランス第11ステージ選手コメント:「僕は手品師じゃないけど、今日みたいなマジカルな展開も演出できるんだよ。」〜サガン


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
ピーター・サガン(ティンコフ) ステージ1位
「僕は手品師じゃないけど、今日みたいなマジカルな展開も演出できるんだよ。」

「今日のレースは皆が楽しんでくれたんじゃないかな。僕的には身体がきつかったんだけどね。」

「あのアタックは”偶然”だったんだよね。計算しての動きじゃなかったけど、結果的にそうなったって感じだよ。でも最後まで逃げ切れてよかったよ。ちょっと後続との距離が離れて、5m位になった時に”いける”と思ったんだよね。そしたらフルームたちがついてきたんだよ。4人で必死に走ったね。」


『サガンがきっちりと勝利 ©Tim D.Waele』
「フルームとトーマスがついてきたんだけど、最強のメンバーだったね。”最強過ぎるメンバーが揃ったから、つかまるわけないよ”って言ったんだよ。ほんとこの結果は信じられないよ。今日は皆が”クレイジーな風”を口にしていたんだけど、それが残り15キロぐらい酷かったんだよね。あの風では集団前方にいなければ危険だったね。分断は間違いなかったからね。そうして気づいたらマイヨ・ジョーヌとマイヨ・ヴェール、それにボドナールとトーマスなんていう4人が揃ったんだよ。狙っても出来ないよね、こんなこと。」

「とにかく嬉しいのはアタックが成功したことだよ。アタックに賭けてたからね。あれだけ逃げたから、もし使っていたらスプリントでは脚がなかっただろうから、、ポイント賞ジャージだって失っていたかもしれないからね。」

クリス・フルーム(チームスカイ) ステージ2位 総合1位
「僕も今日のあの展開は信じられないよ。難しいステージだったけど、チームメイトに任せたんだよ。そして最後もサガンを追わせてくれたからね。明日もサガンと一緒にスプリントだったりしてね、それなら負けないかもね(笑)。どうやら風が強いらしいし、山岳が始まる前に波乱があるかもしれないね。いろいろと準備と対策はしておく予定だよ。」


『フルームのメンタルの強靭さは凄い ©Tim D.Waele』
「残り10kmで、”本当にこの逃げは価値が有るのか?”って自問自答したよ。でもキンターナが第3週に強さを発揮するのを知っているから、今のうちに稼げるタイムはとことん稼いでやろうと思ったんだよ。マイヨ・ジョーヌでレースをするのは最高の気分だね。総合リーダーが、平坦でもタイムを稼ぐ光景は現状はまさに理想のシナリオ通りだよ。プレッシャーに追い込まれているわけではなくて、気分良くそれができているのがその証拠だよ。サガンが動いたから、それに乗っかるのがあの時点ではベストだと思ったんだ。でもまさかサガンとスプリント勝負することになるとは思わなかったね。(笑)」

ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ)
ステージ11
ストレス:10
疲れ:6
難易度:10
スピード:10
気分:ヽ(`Д´#)ノ (怒)

ゲラント・トーマス(チームスカイ)
「サガンはスゲ〜ね。サガンが仕掛けた時にフルームが反応して、そしたらあっという間に後続と差が開いたね。それが見えたから、僕も追って合流したんだよ。今日は誰かが仕掛けるのをずっと待っていたからね。そしたらサガントボドナールが飛び出したんだよね。」
マーク・カベンディッシュ(ディメンションデータ)
ルイ・コスタ(ランプレ・メリダ)
「風強いし、落車多いし、危険だし、クレイジーなステージだったね。明日も強風らしいし、コースも短縮になったね。」

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013