新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2016/7/13 20:38

ツール・ド・フランス第10ステージ選手コメント

ツール・ド・フランス第10ステージ選手コメント:「マイヨ・ジョーヌはいいもんだね。着ているだけで夢見心地になれるよ。とりあえずはこれを着ている間は汗まみれになってエンジョイするよ。」〜フルーム


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

『マシューズが念願のツール勝利 ©Tim D.Waele』
マイケル・マシューズ(オリカ・グリーンエッジ) ステージ1位
「正直ツールではここに年結果を残せていなくて、このレースに向いていないんじゃないかと考えていたんだよ。でもこうして勝てて、まさに夢のようだよ。そもそも今日はスプリントステージになると思っていたから、チームもその予定だったんだよね。だから逃げに乗るのは予定外ではあったんだ。でもまあうちは特定のエースではなく、そのステージ一番勝利に近そうな選手をサポートするスタイルのチームワークを常としているから、たまたまうちのチームから3人が逃げに乗ったことで、彼らが僕を”110%”の力でフルサポートをしてくれたんだよ。感極まって言葉に詰まるよ。」

ピーター・サガン(ティンコフ) ステージ2位
「揺さぶり対応で脚を使いすぎた。だって誰もアタック対応をしないし、誰も先頭で引きたがらないから、僕がやるしかなくなるんだもん。だから独走態勢(春先のクラシックのように)を築こうと何度か僕自身早い段階でアタックを仕掛けたことで、結果的に集団を小さくすることは出来たけど、でもそこからは皆が僕をマークしていたからとにかく全てをやるしかなかったよ。マシューズが勝ったのもレース、素直におめでとうと言いたい。僕は2位だったけど、これでマイヨ・ヴェール(ポイント賞ジャージ)を奪い返せたから良しとするよ。」

エドヴァルド・ボアッソン・ハーゲン(ディメンションデータ) ステージ3位
「きつかったよ。でもなんとかいい感じだったね。でもそれでも勝てないのがレース、そういうもんだよ。」

グレッグ・ヴァン・アーヴェルマート(BMC) ステージ4位
「スプリントではライバルたちを出し抜こうとして後ろから行ったんだよね。難しいのはわかっていたけど、そのとおりだったよ。でもやることをやって負けたわけだしね。もうちょっと上り勾配だったら違っていたんだけどね。まあそれはたらればだけど、ここ数日僕自身結構目一杯走り回ってきたから、ちょっと疲れが最後に出たかもね。だからゴール前最後の上りでも行こうと思ったんだけど、結局動けなかったよ。」
「それにしてもサガンは強いよ。あれだけ皆がマークして、一人で引かされてもこれだけの勝負をするんだからね。マシューズもチームメイトがいなければ勝ててなかったと思うよ。」

クリス・フルーム(チームスカイ) 総合1位 
「今日はレース終盤で横風が吹いてたことが影響したね。とにかく危険回避で安全に走ることを心がけたよ。まあ何が起きてもいいように、万全の体制で構えていたし、チームもいい仕事をしてくれたね。マイヨ・ジョーヌはいいもんだね。着ているだけで夢見心地になれるよ。とりあえずはこれを着ている間は汗まみれになってエンジョイするよ。」

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013