新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2016/7/10 16:55

ツール・ド・フランス第8ステージ選手コメント

ツール・ド・フランス第8ステージ選手コメント:「ハハハ、せっかくだから頂上からの下りで仕掛けてみようと思ったんだよ。どうなるかと思ってね。」〜フルーム


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
クリス・フルーム(チームスカイ) ステージ1位 総合1位
「ハハハ、せっかくだから頂上からの件で仕掛けてみようと思ったんだよ。どうなるかと思ってね。でもちょっと頑張りすぎたかな?明日もきついステージだしね。でも総合優勝を目指すためには、僅か1秒であろうと疎かにせず、そして積極的に狙いに行くよ。」


『誰もが認めたフルームの積極性の凄さ ©Tim D.Waele』
ダニエル・マーティン(エティックス・クイックステップ) ステージ2位 総合3位
「また2位だよ(笑)。正直あのメンバーが揃っている中での下りアタックなんて無謀だと思ったけど、それを逆手にとって狙っていたんだろうね。正々堂々とああやって挑んでくるフルームは本当にフェアだね。あのアタックの瞬間、誰もが顔を見合わせたんだよ。あの時点で誰もが変にステージ勝利を意識して色気づいていたんだよ。」

ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ) ステージ3位 総合4位
「明日はスペインとアンドラだからね〜〜〜・僕にとってはそれが大きなモチベーションだよ!」

アレハンドロ・バルベルデ(モビスター) ステージ8位 総合5位
「今日はトリッキーになるのはわかっていたよ。うちらもいい感じで走れてはいたけど、十分じゃなかったということだよね。これからまだまだ山岳が続くから、状況を見極めていきたいね。フルームは度胸あるね。リスクを取って攻めるあの姿勢は素晴らしいよ。」

アダム・イェーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ) 総合2位
「昨日は不運だったけど、今日はOKだったね。でも今日はきつかったよ。かろうじてついていくのが精一杯だったよ。なんとか新人賞ジャージは死守したいね。正直総合狙いじゃなくてステージ優勝狙いで乗り込んできたから、どこまで総合に残れるかはわからないよ。」


『本格的山岳バトル開始! ©Tim D.Waele』
ティージェイ・ヴァン・ガーデレン(BMC) 総合8位
「スカイはいいテンポで上っていたね。上りではモビスターの2人も攻撃していたし、このまま行くかと思ったんだけどね。フルームが密かにダウンヒルアタックを決めてしまったね。でも正直あの瞬間”無茶なことを、勇気あるな〜”って思ったんだよ。でも結果彼が勝利、彼にチャンスを与えてしまえば、それを確実に活かす男だよね。」

ルイス・メインチェス(ランプレ・メリダ)   
「今日はなんとかついていけたよ。僕自身も仕掛けたかったんだけど、結局ついていくのが精一杯だったよ。正直コースプロフィールは役に立たないね。総合系の選手たちの動きは予想を上回っているから、事前に考えても無駄だと分かったよ。」

ピエール・ローラン(キャノンデール)
「まだ腕も足も二本ずつ付いているよ。フロントがスローパンクチャーしたと思ったら、コントロールを失って壁に突っ込んでしまっったよ。手は縫わなきゃならないし、傷だらけだよ。」

ウィルコ・ケルダーマン(ロットNLジャンボ)
「今日は暑すぎたよ。まさかチューブラーを固定している接着剤が溶けるとは思いもしなかったよ。あの落車までは全てうまく言っていたのに、あれでリズムが崩れてしまったよ。ホント運のなさにムカつくわ。」

アルベルト・コンタドール(ティンコフ)
「休みが必要だね。正直言って体以上に心が痛いよ。ここまでどれだけ準備をしてきたことか・・・。気分よくスタートして、現状がこれだからね。でもこれが自転車レースだよね。」

ティボー・ピノー(FDJ)
「ツールはこれからだよ。まだこれから山岳が続くしね。もう総合は諦めた。山岳賞狙いに切り替えるよ。」

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013