新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2016/7/8 21:59

ツール・ド・フランス第6ステージ選手コメント

ツール・ド・フランス第6ステージ選手コメント:「クレイジーだったね。世界トップクラスのスプリンターたちと肩を並べて勝負できるなんて考えてもいなかったよ。」〜アーチボルド


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
マーク・カベンディッシュ(ディメンション・データ) ステージ1位
「今日は怖かったね〜。今日は一昔前のホイールサーフィン(選手から選手の間を行き交う)だったね。最後は見渡す限りの潰し合いのパーティータイムだったね。僕はキッテルの背後をとりたくてずっと狙ってたんだよ。エティックス・クイックステップが今日はあまりオーガナイズされていなくてバラバラだったけど、それでも最終局面まではうまく持っていくのはわかっていたから狙ってたんだよ。最後は少し下っているのがわかっていたから、僕の普段の間合いよりも早く仕掛けるべきだと考えて、ギアを上げておいたんだよ。でももっとギアを上げておいても良かったかもね。あとはゴールラインまで一直線だよ。キッテルを横に感じてたけどでもそのまま振り切ったよ。ここ数年このパターンで切ってるに負けてきたからね、やり返してやったよ。」

「(通算TDFステージ勝利数でイノーを超えたことに関して)あんまりそこは考えてなかったよ。今日は弟の事を考えていたよ。昨日彼が父親になったんだよ。だから今日のこの勝利は姪っ子に捧げるよ!」


『スカイのチームカーはムスタング ©Tim D.Waele』
マルセル・キッテル(エティックス・クイックステップ) ステージ2位
「正直今回のコースはどうかしていると思うよ。戦略もクソもないよ。今回のコースはどうかしているよ。全くチームプレーが出来ないんだよ。コーナーばかりだし、道は細いし、下りだったり上りだったり。それに総合勢が危険回避で集団前方に集まってくるから余計ごちゃごちゃになるよ。」

シェーン・アーチボルド(ボーラ・アルゴン18) ステージ10位
「クレイジーだったね。世界トップクラスのスプリンターたちと肩を並べて勝負できるなんて考えてもいなかったよ。これはただのレースじゃないんだよね。まだ僕はいろいろと学ばないといけないね。どのポジションがベストなのか、どのタイミングで仕掛ければいいのかとかね。でも本当にクレイジーだわ〜。とりあえず結果が残せてよかった。」

クリス・フルーム(チームスカイ) 総合5位
「これ以上ない形で今日からの山岳に挑めるね。望んでた最高の形だよ。ここまでのところ満点だね。」

ティボー・ピノー(FDJ)
「速いし、きついし、暑いし、ほんと誰にとってもきつかったよね。でも僕は自信があるよ。実はその特性から、中級山岳のほうが本格的山岳ステージよりも難しい勝負を強いられるのはよくあることなんだよね。正直こういうステージが増えると、レースはもっと面白くなると思うね。距離を短くして、そういうステージが増えたほうがレースは面白くなると思うよ。」

「下りは余り好きじゃないよね。正直バルデとかバーギルのほうが上手いしね。とにかく僕は上りに集中するよ。僕は上りとTT,この2つにかけてるんだよ。僕が考えるのは第14ステージ、そして第15ステージが今年の鍵になると思うよ。」


『新城が敢闘賞ゲット ©Tim D.Waele』
新城幸也(ランプレ・メリダ)
「表彰台に上がれて最高です! 」

マーク・サージェント(ロット・ソウダル監督)
「がっかりしてるのはグライペル本人だよ。あれだけお膳立てしてもらってるのに勝てていない、って苦しんでるのは本人だからね。でもまだ本人もやる気だからこれから挽回するよ。」

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 7. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. バレットから新年のプレゼント!デザイン無料キャンペーンでメイド・イン・ジャパンのこだわりを体感せよ!さらに期間限定福袋でバレットを体感せよ! 10. 説明が求められるフルームと新体制のUCI、データ公表の遅れとともに、その扱いに対して選手や多くのチームが加盟するMPCC(自転車レース信頼回復団体)なども懸念と意見

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013