新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2016/7/6 11:07

ツール・ド・フランス第4ステージ選手コメント

ツール・ド・フランス第4ステージ選手コメント:「昨日の教訓でバイクを投げ出したんだけど、それでもまだ届かなかったよ。がっかりしているよ、でもまだ諦めないよ。」〜コカード


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

『キッテルがここまでのうっぷんを晴らす勝利 ©Tim D.Waele』
マルセル・キッテル(エティックス・クイックステップ) ステージ1位
「この勝利には感傷的になってしまうよ。今日の勝利はプロ初勝利のようだよ。だってチームがこれだけ僕のために全力を尽くしてくれたんだよ!ここ数日はうまくいかないことばかりで、イライラしていたけど、こうしてツールで勝利出来て、ようやく本来の自分に戻れた気分だよ。」

ブライアン・コカード(ダイレクトエナジー) ステージ2位
「今日はチャンスに賭けたんだよ、でも届かなかったよ。昨日の教訓でバイクを投げ出したんだけど、それでもまだ届かなかったよ。がっかりしているよ、でもまだ諦めないよ。スプリントも間違いなくきっちり出来ているし、勝利できることは確信しているよ。ここまで勝利に近くて逃したことはなかったよ。でも僕はまだ若いし、勝てる男なんだよ。どうしても今年のツールで勝利がほしいんだよ。」


『サガンはすでに貫禄さえ感じる落ち着きぶり ©Tim D.Waele』
ピータ・サガン(ティンコフ) ステージ3位 総合1位
「この結果に文句は言えないね。まだマイヨ・ジョーヌは守れているし、なんといってもステージ3位だからね。これでまたポイントも稼げたしね。今日はパレード区間を含めて250kmの長丁場、でも今日は追い風だったから比較的楽だったんだよね。まあスプリントは宝くじみたいなもんだよ。キッテルと同じタイミングで仕掛けてしまったから、少し待たざるを得なかったんだよ。コカードは冷静だったね、ギリギリまで引きつけて、一気に加速していったからね。今年のツールもここまで上出来だよ。」

マーク・カベンディッシュ(ディメンションデータ) ステージ8位
「今日は位置取りをミスったよ、残り5kmであわや落車しそうだったし、それでリードアウトを失ったんだよね。そういうこともあって、十分い引きつけてからから仕掛けようと思ったんだよ。だから切ってるのは以後につけていたんだけど、気がついたらそこらじゅうから一斉にスプリントし始めて、潰し合いになったんだよ。スプリントというよりは、いかに他の選手にぶつからないように避けるかというサバイバルだったよ。今日は誰が敵とかじゃなくて、本当に入り乱れての乱戦だったよ。あの状況では僕には無理だったね。」


『面白い標識発見! ©Tim D.Waele』
アンドレ・グライペル(ロット・ソウダル) 
「残り250mまではうまくいっていたんだけどね。ほんとにチームには申し訳ない。今日はただもう脚が残っていなかったんだよ。ただそれだけなんだ。ベストは尽くしたけど本当に全く力が残っていなかったんだ。本来だったらきょうのステージは僕向きだったんだけど・・・自分でもわけがわからないよ。」

クリス・フルーム(チームスカイ) 総合5位
「僕らは危険回避の行動として集団前方に位置取るけど、スプリンターの邪魔はしたくないんだ。でもツールが僅差の勝負になれば、当然僕らも焦らなきゃならないんだよね。だから現行の1秒ルール(集団ゴールの際に、前の選手と1秒以上の差が開いた場合、実タイム差がカウントされる)ではなく、5秒ルールにしてほしんだよね。そうすれば無理して僕らが前方に割り込んで、スプリンターの邪魔をしないで済むからね。」

「リスクを取るのは当然だよね。ツールでの勝利は誰にとっても一生もの、だから選手たちはおおばくちにでるんだよ。それがレースってもんだろ。

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013