新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

どうなるUCI改革?UCI会長選挙でラパルシェン新会長誕生、ASOらフレンチ・コネクションがクックソンの再選を阻む!早くも世界選手権のチームTT削減を宣言、その手腕は果たして… ブエルタで存在感を示したプロコンチネンタルのアクアブルースポーツが来シーズン1Xとディスクブレーキ採用の3Tストラーダの使用を決定!新時代バイクがワールドツアーレース投入へ 世界選手権個人TT:ジロ覇者のデュムランがチームTTとの2冠!先に出走のフルームにあわや追いつく快走!元スキージャンプ金メダリストのログリッチが銀メダル!フルーム銅 世界選手権2017チームTT:ジロを制したトム・デュムランを筆頭に、今シーズン大躍進のチームサンウェブが男女チームTTを制覇!BMCは銀メダルフルーム出走のチームスカイは銅メダル! ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.3:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の二 ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.2:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の一 サイクリングウェア ブランドナビ 世界選手権2017エリート男子ロード:史上初!怪童サガンが世界選手権3連覇!クリストフと僅差のバトルを制し、史上最強の称号をさらに確固たるものに!オランダ旋風は男子エリートに吹かず
2016/7/6 10:28

ツール・ド・フランス第4ステージ

ツール・ド・フランス第4ステージ:超ハイレベルスプリントバトル!連日の写真判定決着!制したのはゲルマン超特急キッテル!苦しんだ末の勝利に男泣き!コカードは僅か1cmに泣く!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
昨日のグライペルとカベンディッシュの写真判定に引き続いて、ツール・ド・フランス第4ステージは再びの写真判定にもつれ込んだ。その結果勝利したのはここまで調子が上がってこなかったゲルマン超特急、マルセル・キッテル(エティックス・クイックステップ)、捨て身で迫り寄ったブライアン・コカード(ダイレクトエナジー)を僅か1cm抑えて歓喜の雄叫びを上げた。


『かなり背後からスパートしてきたコカード ©Tim D.Waele』

『肘をぶつけながらの勝負 ©Tim D.Waele』
この日も積極的かつ最も効率的なトレインを形成したのは、アンドレ・グライペル(ロット・ソウダル)擁するロット・ソウダルだった。しかしこの日は昨日のようには行かなかった。選手たちの隊列をその都度崩すコーナーの連続が、さらに混沌さを増幅させ、スプリンター達のノーガードの打ち合いが始まる。


『お互い身を投げ出しての勝負 ©Tim D.Waele』

『連日限りなく際どい勝負に ©Tim D.Waele』
マイヨ・ジョーヌ(総合首位)のピーター・サガン(ティンコフ)、マイヨ・ヴェール(ポイント賞)のマーク・カベンディッシュ、アレクサンダー・クリストフ(カチューシャ)、成長著しいディラン・グローネウェーゲン(ロットNLジャンボ)、今大会好調なソンドレ・ホルスト・エンガー(IAMサイクリング)らが一気にゴール目指して横一列でスプリントする。そしてそこから一気に抜けだしたキッテルに対し、かなり後ろのほうから一気にスプリンター達の間をかいくぐって加速するコカードが迫る。コカードは出し尽くせる力を絞り出し、最後はキッテルに肘をぶつけながら身を投げだした。


『歓喜のキッテル吠える! ©Tim D.Waele』

『ホテルにて祝勝会 ©Tim D.Waele』
連日の写真判定という極めて稀な大接戦を制したのは、最後の最後まで粘りきったキッテルだった。その差は僅か1cm、勝利を確認したキッテルは安堵の涙を流した。「この勝利には感傷的になってしまうよ。今日の勝利はプロ初勝利のようだよ。だってチームがこれだけ僕のために全力を尽くしてくれたんだよ!ここ数日はうまくいかないことばかりで、イライラしていたけど、こうしてツールで勝利出来て、ようやく本来の自分に戻れた気分だよ。」キッテルは喜びと安堵感の入り混じった表情を見せた。

限界まで漕ぎ続けたコカードだったが、ステージ2位、限りなくステージ勝利に近づいたが、勝利の女神はそう甘くなかった。しかし昨日の3位に引き続いての2位、超一流スプリンターらを相手に間違いなく成長を遂げている。「チャンスに賭けたんだよ、でも届かなかったよ。まだ諦めないよ、どうしても今年のツールで勝利がほしいんだよ。」コカードはモチベーション高く挑み続けそうだ。

ステージ3位にはサガンが入ったが、昨日の優勝争いを演じたカベンディッシュとグライペルは、それぞれステージ8位と18位に沈んだ。


『この日の逃げも夢を追い続けた ©Tim D.Waele』

『レース前のピノーはリラックスムード ©Tim D.Waele』
この日のステージは、スタートまでのニュートラルゾーンを含めるとおよそ250kmという今大会最長の長丁場は、スタートから15kmで4人の逃げが決まった。最大で6分差にまでタイムは開いたが、スプリンターチームがその差を徐々に詰めていく。エティックス・クイックステップ、ロット・ソウダル、ディメンション・データが中心となりペースを上げると、残り7kmで全ての逃げは吸収される。

この日はレース中盤でのペース作りで脚を消耗したため、エティックス・クイックステップは十分なお膳立てができない。しかしそれはどのチームにとっても似たような状況だった。コーナーの連続で解体された各チームのトレイン、そして剥き出しのエースたちのバトルが展開された。最後はこのステージには不向きかと思われたキッテルが力技で強引に勝利をもぎ取ってみせた。


『キッテルのウィニングマシン ©Tim D.Waele』
ツール・ド・フランス第4ステージ
1位 マルセル・キッテル(エティックス・クイックステップ)   5h28’30”
2位 ブライアン・コカード(ダイレクト・エナジー)
3位 ピーター・サガン(ティンコフ)
4位 ディラン・グローネウェーゲン(ロットNLジャンボ)
5位 アレクサンダー・クリストフ(カチューシャ)
6位 ソンドレ・ホルスト・エンガー(IAMサイクリング)
7位 ダニエル・マックレイ(フォーチュネオ・ヴァイタルコンセプト)
8位 マーク・カベンディッシュ(ディメンション・データ)
9位 サミュエル・デュムラン(Ag2R)
10位 サイモン・ゲランス(オリカ・バイクエクスチェンジ)

ツール・ド・フランス総合順位
1位 ピーター・サガン(ティンコフ)   20h03’02”
2位 ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ)   +12”
3位 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター)   +14”
4位 ワーレン・バーギル(ジャイアント・アルペシン)   +18”
5位 クリス・フルーム(チームスカイ)
6位 ロマン・クロイツィゲル(ティンコフ)
7位 ナイロ・キンターナ(モビスター)
8位 ファビオ・アルー(アスタナ)
9位 マイケル・マシューズ(オリカ・バイクエクスチェンジ)
10位 ピエール・ローラン(キャノンデール・ドラパック)

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. どうなるUCI改革?UCI会長選挙でラパルシェン新会長誕生、ASOらフレンチ・コネクションがクックソンの再選を阻む!早くも世界選手権のチームTT削減を宣言、その手腕は果たして… 2. ブエルタで存在感を示したプロコンチネンタルのアクアブルースポーツが来シーズン1Xとディスクブレーキ採用の3Tストラーダの使用を決定!新時代バイクがワールドツアーレース投入へ 3. 世界選手権個人TT:ジロ覇者のデュムランがチームTTとの2冠!先に出走のフルームにあわや追いつく快走!元スキージャンプ金メダリストのログリッチが銀メダル!フルーム銅 4. 世界選手権2017チームTT:ジロを制したトム・デュムランを筆頭に、今シーズン大躍進のチームサンウェブが男女チームTTを制覇!BMCは銀メダルフルーム出走のチームスカイは銅メダル! 5. ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.3:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の二 6. ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.2:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の一 7. サイクリングウェア ブランドナビ 8. 世界選手権2017エリート男子ロード:史上初!怪童サガンが世界選手権3連覇!クリストフと僅差のバトルを制し、史上最強の称号をさらに確固たるものに!オランダ旋風は男子エリートに吹かず 9. SIXTH COMPONENTS X SUNRISE CYCLES:究極のコラボレーションバイクが誕生!スピードを追い求めた最強の軽量ロードミニヴェロが最強MIDGET WORKSを履き颯爽と降臨 10. 世代最強の王者クリス・フルームがダブルツールを達成出来た理由はチーム力!チームスカイの綿密な戦略が可能にした勝利

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013