新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2016/7/4 17:18

ツール・ド・フランス第2ステージ選手コメント

ツール・ド・フランス第2ステージ選手コメント:「びっくりしたよ。(逃げの)二人が先にゴールをしているものだとばかり思い込んでいたよ。」〜サガン


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

『オレグ・ティンコフオーナーも大満足! ©Tim D.Waele』
ピーター・サガン(ティンコフ) ステージ1位 総合1位
「びっくりしたよ。二人が先にゴールをしているものだとばかり思い込んでいたよ。それでゴールをした後に、逃げはすでに集団に吸収されていたことを知ったんだよ。これで初めてのマイヨ・ジョーヌ獲得、ほんとうに信じられないことの連続だよ。今でもアルカンシエル(世界チャンピオンの証)っていう最高のジャージを着ているんだけど、マイヨ・ジョーヌも同じように最高だね。」

ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ) ステージ2位 総合2位
「ゴールラインを超えた時に本当にがっかりしたのと同時に悔しさがこみ上げてきたよ。残り100mで先頭にいて、それでも負けたんだよ!なあ初めてのツール・ド・フランスで、現世界チャンピオンに負けたのであれば仕方がないよ。まだこれからリベンジのチャンスはあるしね。」

アレハンドロ・バルベルデ(モビスター) ステージ3位 総合3位
「まあ予定通りだね。先頭付近で無難にステージをこなすのが今日の最大の目標だったからね。僕のスプリントしてしまったからね。まあでもサガンが強すぎたね。しかしコンタドールは苦戦してるね、タイムロスはしょうがないよ。それにポートはメカトラなんて運が無いね。少なくともうちは今のところ問題ないよ。」

クリス・フルーム(チームスカイ) ステージ10位 総合5位
「今日はうまく走り切れたよ。とにかく今日はタイムロスをしないことが目的だったからね。タイム差なんてあっという間についてしまうからね。まだ時期尚早とはいえ、ちょっとしたタイムの積み重ねが最終的に響いてくるからね、だから無駄なタイムロスは避けたいんだよ。」

アルベルト・コンタドール(ティンコフ)
「また落車したよ。今日はハンドルバーにぶつかって、昨日とは逆の側を痛めたよ。僕の前でマルティンがハンドルをつかみそこねてコケたんだよね。それでそこに突っ込んで昨日とは逆サイドをぶつけたんだよ。膝は痛いし、肩も痛いし・・・まあどうなっていくか様子を見守るしかないよ。今はこうして立っていられるけど、全身が痛いのはわかる。思った様にペダルをこげないし、間違いなく落車の影響はあるよ。」

リッチー・ポート(BMC)
「最悪だよ。でもどうしようもなかったんだよ。最高の位置取りで走っていて気持ちがノッていたら、いきなり”プシュ〜”ってリアの空気が抜けたんだよ。もう出来ることをやるしかないよね。去年のジロでは2分のペナルティーをもらったけど、同じ時間を失うにしてもまだそのほうがマシだよ。まあこれもまたレースだと思って、気持ちを切り替えて進むしかないよね。最終週辺りに山岳ステージで勝利できるといいね。」

ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ)
「僕のイチ押しはアラフィリップだよ。今シーズン好調だし、母国でのレースで気合も入っているからね。」


『激走を見せたストゥーヴェン ©Tim D.Waele』
ジャスパー・ストゥーヴェン(トレック・セガフレド)
「僕はここにただ参加しにきたわけじゃない。レースをしにきたんだよ。」

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013