新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

どうなるUCI改革?UCI会長選挙でラパルシェン新会長誕生、ASOらフレンチ・コネクションがクックソンの再選を阻む!早くも世界選手権のチームTT削減を宣言、その手腕は果たして… ブエルタで存在感を示したプロコンチネンタルのアクアブルースポーツが来シーズン1Xとディスクブレーキ採用の3Tストラーダの使用を決定!新時代バイクがワールドツアーレース投入へ 世界選手権個人TT:ジロ覇者のデュムランがチームTTとの2冠!先に出走のフルームにあわや追いつく快走!元スキージャンプ金メダリストのログリッチが銀メダル!フルーム銅 世界選手権2017チームTT:ジロを制したトム・デュムランを筆頭に、今シーズン大躍進のチームサンウェブが男女チームTTを制覇!BMCは銀メダルフルーム出走のチームスカイは銅メダル! ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.3:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の二 ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.2:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の一 サイクリングウェア ブランドナビ SIXTH COMPONENTS X SUNRISE CYCLES:究極のコラボレーションバイクが誕生!スピードを追い求めた最強の軽量ロードミニヴェロが最強MIDGET WORKSを履き颯爽と降臨
2016/7/3 8:44

ツール・ド・フランス第1ステージ:マン島ミサイル復活の勝利!

ツール・ド・フランス第1ステージ:マン島ミサイル復活!カベンディッシュがキッテルとサガンを直接対決で撃破!コンタドールはいきなりの落車、スカイのG.トーマス、新城も落車!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
遂に開幕したツール・ド・フランス、その開幕ステージはいきなり波乱あり、復活ありのドラマチックなステージとなった。ゴールスプリントへ持ち込まれたこの勝負を制したのはマン島ミサイル、マーク・カベンディッシュ(ディメンション・データ)、自らを結果的に玉突きでチームから追いやったマルセル・キッテル(エティックス・クイックステップ)、そして現世界チャンピオンのピーター・サガン(ティンコフ)を蹴散らして見事な復活の勝利を上げた。


『美しいモン・サン・ミシェルからレースがスタート ©EUROSPORTS』

『完璧な位置取りが勝敗の鍵となった ©Tim D.Waele』
ノルマンディー作戦で激しい戦いが繰り広げられたその地でのゴール勝負、スプリント決戦に持ち込まれたその展開はエティックス・クイックステップ、そしてカチューシャのトレインが優位に勝負を進めた。そして残り200mで怪童サガンが一気に勝負を仕掛けると、それに反応したキッテルはサガンの背後を取ろうとする。しかしそれよりも僅かに早くもカベンディッシュがサガンの背後を取ったことで、キッテルはそのままの加速を余儀なくされる。サガンの加速に対し進行方向左からキッテルがゴールめがけてスプリントを仕掛けると、サガンの背後から飛び出したカベンディッシュは一気に右側をかけ上がる。


『力で制したマン島ミサイル ©Tim D.Waele』
サガンをとらえたキッテルの走り、しかしそのサガンのスリップストリームを利用したカベンディッシュの加速はそれをさらに上回わった。伸びなかったキッテルの脚に対し、カベンディッシュは完全復活とも言える見事な加速で、ライバルたちを圧倒する走りを見せた。最後はキッテルも漕ぐ足を止める程の加速で見事勝利を掴み、ゴールで歓喜の雄叫びを上げた。これにより総合リーダーの証マイヨ・ジョーヌも獲得、カベンディッシュが再び最強スプリンター争いに名乗りを上げた。


『念願のマイヨ・ジョーヌ獲得 ©Tim D.Waele』

『戦没者を追悼する各賞ジャージの面々 ©Tim D.Waele』
「すごく嬉しいよ!どうしても今日勝ちたかったんだ。チームにとっても大きな勝利だけど、この勝利でキュベカのチャリティーが注目されるのは嬉しいね。僕は今まで全てのグランツールでのポイント賞ジャージ、そしてジロとブエルタの総合リーダージャージに袖を通してきたけど、ツールだけはまだだったんだよね。念願のマイヨ・ジョーヌ獲得をようやく獲得できて、心の底から喜びがこみ上げてくるよ。プロに入ってから、ツール・ド・フランスを中心としたレースプログラムを組み続けてきたけど、ようやくそれに手が届いたよ。」マイヨ・ジョーヌを獲得したカベンディッシュはこれで全てのグランツールの総合リーダーに袖を通すこととなった。


『コンタドールが初日からまさかの落車 ©Tim D.Waele』
このステージでは早くも大波乱が起きた。3強の一角アルベルト・コンタドール(ティンコフ)がブレント・ブックウォルター(BMC)の落車に巻き込まれ、中央分離帯を乗り越えて落車、右肩を中心とした身体右半分に派手な擦過傷を負ってしまう。バイク交換をし隊列には復帰をしたが、いきなりのハンデとなってしまった。「身体右半身足首から上を擦りむいてしまったよ。でもリタイアとならなくて本当に良かったよ。まあ山岳が始まる前までになんとか調子を戻したいね。あのコーナーでは密集度が高かったこともあって、僕の車輪も中央分離帯にヒットしてしまって、結果的にそれを飛び越える形で投げ出されてしまったよ。」コンタドールは冷静にその状況を振り返った。

そして落車はゴールまでも再び発生、アレクサンダー・クリストフ(カチューシャ)にアシスト、ミカエル・モロコフ(カチューシャ)がコース脇にバリアの引っ掛かり派手に中を舞うと、それに次々と選手が巻き込まれ落車してしまう。サム・ベネット(ボーラ・アルゴン18)、エドヴァルド・ボアッソン・ハーゲン(ディメンションデータ)といった強豪スプリンターたちがこの落車に巻き込まれただけでなく,コンタドールの落車に巻き込まれてパンクをしたゲラント・トーマス(チームスカイ)はゴール前のこの落車では地面にたたきつけられてしまった。3強の一角クリス・フルーム(チームスカイ)の片腕とも言えるこの男は初日にして満身創痍という状況になってしまった。


『モン・サン・ミシェルが選手たちを見送る ©Tim D.Waele』

『大会初日の逃げ ©Tim D.Waele』
モン・サン・ミシェルをスタートしたレースはスタートと同時に逃げが発生する。初日で逃げれば山岳賞を獲得できる可能性が高いこともあり、ボーラアルゴン18はヤン・バルタとポール・ヴォスを逃げに送り込んだ。そこからヴォスがさらに加速をしこの日の山岳ポイントをすべて獲得し、早々と山岳賞を確定させる。逃げは合計5人となりそのままこの日のレースのペースメーカーとなる。


『新城もまさかの落車 ©Tim D.Waele』
集団ではコンタドールが落車、その後今度は新城幸也(ランプレ・メリダ)も落車をするなど集団はなかなか落ち着きを見せなかった。その間に先頭の逃げはアレックス・ハウス(キャノンデール・ドラパック)とアンソニー・デラプラス(フォーチュネオ・ヴァイタルコンセプト)の2人に絞られる。しかし残り5kmを切りその2人も集団に吸収されると、レースはスプリント勝負へと持ち込まれた。そして大会最初の勝利はカベンディッシュが力づくで奪い去ってみせた。


『ノルマンディ上陸作戦の記憶が未だ残る ©Tim D.Waele』
ツール・ド・フランス第1ステージ
1位 マーク・カベンディッシュ(ディメンション・データ)   4h14’05”
2位 マルセル・キッテル(エティックス・クイックステップ)
3位 ピーター・サガン(ティンコフ)
4位 アンドレ・グライペル(ロット・ソウダル)
5位 エドワード・ソーンス(トレック・セガフレド)
6位 クリストフ・ラポルテ(コフィディス・ソルーションクレジッツ)
7位 ブライアン・コカード(ダイレクト・エナジー)
8位 アレクサンダー・クリストフ(カチューシャ)
9位 ダニエル・マックレイ(フォーチュネオ・ヴァイタルコンセプト)
10位 グレッグ・ヘンダーソン(ロット・ソウダル)

ツール・ド・フランス総合順位
1位 マーク・カベンディッシュ(ディメンション・データ)   4h13’55”
2位 マルセル・キッテル(エティックス・クイックステップ)   +04”
3位 ピーター・サガン(ティンコフ)   +06”
4位 アンドレ・グライペル(ロット・ソウダル)   +10”
5位 エドワード・ソーンス(トレック・セガフレド)
6位 クリストフ・ラポルテ(コフィディス・ソルーションクレジッツ)
7位 ブライアン・コカード(ダイレクト・エナジー)
8位 アレクサンダー・クリストフ(カチューシャ)
9位 ダニエル・マックレイ(フォーチュネオ・ヴァイタルコンセプト)
10位 グレッグ・ヘンダーソン(ロット・ソウダル)

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. どうなるUCI改革?UCI会長選挙でラパルシェン新会長誕生、ASOらフレンチ・コネクションがクックソンの再選を阻む!早くも世界選手権のチームTT削減を宣言、その手腕は果たして… 2. ブエルタで存在感を示したプロコンチネンタルのアクアブルースポーツが来シーズン1Xとディスクブレーキ採用の3Tストラーダの使用を決定!新時代バイクがワールドツアーレース投入へ 3. 世界選手権個人TT:ジロ覇者のデュムランがチームTTとの2冠!先に出走のフルームにあわや追いつく快走!元スキージャンプ金メダリストのログリッチが銀メダル!フルーム銅 4. 世界選手権2017チームTT:ジロを制したトム・デュムランを筆頭に、今シーズン大躍進のチームサンウェブが男女チームTTを制覇!BMCは銀メダルフルーム出走のチームスカイは銅メダル! 5. ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.3:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の二 6. ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.2:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の一 7. サイクリングウェア ブランドナビ 8. SIXTH COMPONENTS X SUNRISE CYCLES:究極のコラボレーションバイクが誕生!スピードを追い求めた最強の軽量ロードミニヴェロが最強MIDGET WORKSを履き颯爽と降臨 9. 世代最強の王者クリス・フルームがダブルツールを達成出来た理由はチーム力!チームスカイの綿密な戦略が可能にした勝利 10. ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.1:コミュニティーシェアバイクがスポーツ自転車界に与えた影響、そしてこれからの展望とは

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013