新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう
2015/11/25 20:41

イタリア裏事情

イタリア裏事情:チームが選手側に契約の見返りに金銭を要求、イタリア警察も本格的な調査開始検討、サンタロミータは支払いの提案を拒否し、スカイダイブドバイと契約を選択


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
イタリアのレースシーンが様々なスキャンダルや悪しき慣習で密かにレースシーンを賑わせている。何度となく繰り返されるパンターニの捜査で新たにマフィアの関与が表沙汰になる中、イタリア籍のチームが選手たちに契約の見返りに金銭を要求する悪しき慣習が発覚した。そもそもジャーナリストが暴露したことに始まり、幾人もの代理人がその事実を認めたことで、一気にこの悪しき習慣が表沙汰になる結果となった。多くのチームはその事実を否定しているが、選手や元選手たちも代理人に引き続き次々とその内容を暴露、警察も本格的に捜査に着手する準備を整える事態となっている。


『 (C)Tim D.Waele』
そんな中、有名選手もその事実を公表するに至った。元イタリアチャンピオンのイヴァン・サンタロミータがイタリアのプロコンチネンタルチームから契約の見返りに金銭を要求されたがそれを拒否、あえて国外のコンチネンタルチーム、スカイダイブドバイと契約したことを発表した。2014年からの2シーズンをオリカ・グリーンエッジで過ごしたサンタロミータだったが、チームとの相性や結果が出ないことでメジャーレースでの出場機会を失いつづけた。アシストとしてカデル・エヴァンスやヴィンチェンツォ・ニーバリのグランツール制覇に貢献してきた男は、ついにシーズンオフに新天地を求めた。

アスタナとの契約が頓挫、MTNキュベカとの契約の話もあったが、イタリア人選手ということで、 当然地元イタリアのチームからの接触があった。しかしMTNキュベカとは条件付き契約ということでリスクが大きいこと、そしてイタリアのチームからは契約をする見返りに給与の返上(金銭)を要求されたことで、あえてコンチネンタルのスカイダイブドバイとの契約となった。

「幾つかのプロコンチネンタルチームが、お金でチームとの契約を買わないかと言ってきたよ。それも選択肢かもしれない、でもそんなことをするぐらいなら一から出直そうと思ったんだよ。お金で買うよりも、実力でまた這い上がるよ。」そう語るサンタロミータの来シーズンが早くも楽しみだ。


『マネーライドは果たして改善されるのか?』
名指しで金銭を要求したことを指摘されているのはサウスイースト、バルディアーニCSF、アンドローニ・シダーメックの3チーム、3チームとも否認はしているが、選手たちの代理人やマネージメント会社が認めているところが大きい。他の国のチームでも同様のケースが有ることが報告されているが、イタリアほど蔓延している状態ではないと指摘されている。選手たちの多くは350万から600万程を支払っており、多くの場合、家族にプロ選手誕生を願う家族によって支払われているという。これは一つ家系にとってのステータスであり、血脈を重んじるイタリアならではと言えるかもしれない。

選手たちが、アマチュアからのステップアップとしてどうしてもプロレベルで走りたい、そんな気持ちを逆手に取った”ビジネス”としてこのようなことが横行していることが、今現在のイタリア選手層の弱体化に拍車をかけていると言われている。いいイタリア人選手は次々と母国のチームを離れ海外籍のチームに移籍をするなどしているため、イタリア籍チームの勝利は極めて少なくなっている(2015年度はワールドツアー僅か1勝)。


『 こういったマネーゲームはいらない (C)66』
イタリア自転車連盟は、このような悪しき習慣払拭へ向け様々な取り組みを目指している。しかし問題は一筋縄ではいかないのもまた事実だ。その一番の理由が、、やはりお金を払ってでもチームに所属してレースに出たいという人間が多いことだろう。実力がそこそこで、本来ならばプロレベルではないにせよ、お金を払って出場権を獲得できれば、そこにはチャンスが生まれるのだ。そんなチャンスにすがりたい人間を集めることでチームは潤い、経費”獲得”という形で長らく運営ができるという側面があるのもまた事実なのだ。スポンサースポーツでありながら、世界経済の衰退で苦戦を強いられているだけに、チーム側の資金集めにも限度があることが、この悪しき習慣を更に助長してるとも言えるだろう。

ただそれと同時に才能あふれる選手が、資金を集められないことを理由にプロを諦めるケースもでており、”実力ではなく金で地位を獲得する”ことが常態化していくことは、自転車界そのものにとっての底上げにつながらないことは明白だ。チーム事情とプロ選手を目指す若者の志が、最悪の形でコラボレーションしてしまっている現状の早期改善を望みたい。イタリアのレベルアップは、自転車界全体の底上げには必要不可欠なのだ。

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:紳士協定はもう存在しないのか?変わりゆくレースシーン、よりシビアに勝負に徹する展開が増えることに自転車OBたちは懸念、現役は「真剣勝負の場に情けが必要なのか?」の声も 2. 来シーズンからワールドツアーレースでの選手数削減へ、グランツールでは1チーム9人から8人、クラシックでは8人から7人へそれぞれ1人減の削減案が承認へ 3. カラーコーディネートという遊びができるハンドルバーがシックススコンポーネントから登場!国内外のプロレースでも使用される最強ハンドルバーが9色展開に 4. ツール・ド・スイス第9ステージ:最終ステージのTTもデニスが勝利、総合優勝はスピラックが2度目の栄冠!グランツールには自分の意志で出場してこなかったと告白 5. サイクリングウェア ブランドナビ 6. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 7. J-Builders 日本が誇る職人達 : CYCLINGTIME.com 8. ツール・ド・スイス第7&8ステージ:第7ステージの頂上ゴールを独走で制したスピラックが一気に総合首位に!混沌とした第8ステージはサガンが見事今大会2勝目、またしても余裕の勝利 9. ツール・ド・フランス2013 10. アクセスランキング

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013