新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

UCIシクロクロス第4戦 ボヘンセ:強すぎるファン・デル・ポエル、UCIシリーズは全戦全勝の4連勝!世界チャンピオンのファン・アートは上り調子も全く歯が立たず コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換 シマノがロードレースでのディスクブレーキ普及への足固めか、RCSとニュートラルサポート契約で懸念払拭を狙う アルベルト・コンタドール:王者であり続けたロードレース界のアイコン、パンターニに憧れた少年がパンターニ超えを目指し駆け抜けた現役生活 コラム:アジアバイクショーから思うこと、日本と同じ道を途中まで辿ってきた中国が向かう独自の歩み、OEM卒業ではなく続けながらの歩みを選択の理由とは コンタドールがコンチネンタルチームを始動!バッソとともにトレック・セガフレドの育成チームとなるポーラーテック・コメタが動き出す! バレットから冬の定番パッカブルの新デザインが登場、普段使いからサイクリング、ゴルフ等様々なシーンを選ばず使える万能ウェアで冬の寒さの中でも楽しもう! ブラックフライデーセールがさらに加速!海外通販の激安月間、CRCの第2週のセール品をチェック!来シーズンへ向けて買い揃えるなら今がチャンス
2015/1/12 3:43

ブエルタ・ア・エスパーニャ2015のコース発表!

ブエルタ・ア・エスパーニャ2015のコース発表!新しいブエルタコースにレース短縮を囁かれたことへの反発感ず!?やってみなければわからないガチンコレースは相変わらず


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
ここ数年急激にコース設定が変わりつつあるグランツールだが、それは今年のブエルタでも同じようだ。しかし今年のブエルタはそれだけではない、さらに大きな変貌を遂げようとしている。昨今流行りとなりつつあるより総合的なグランツールへの変貌の中で、山岳をレース前半から中盤に持ってくる傾向が強くなってきている。今年のブエルタもそれと同じ状況で頂上ゴールが前半2週間に集中しており、しかも過去に大会で頂上ゴールとなったことのないコースが揃えられており、意識的な変化を遂げている。終盤第17ステージに長距離個人TTが用意され、脱”山岳のグランツール”を目指しているように感じられた。


『難コースだが、山岳が少ない ©Vuelta』
シーズンオフに盛んにUCI改革に伴う短縮が話題となり、それに対して反発をしていたブエルタが変化をしたことは、果たして吉と出るか凶と出るかは分からないが、今までの在り方にあぐらをかくことなく変化を遂げようとする心意気は感じられた。ただツール・ド・フランスを後追いするかのようなコース設定になることで、ブエルタの独自性と面白さがが失われてしまうことへの懸念はある。しかし今年のツールとジロが最終週に山岳を有し、オーソドックスなオールラウンド系グランツールなコース設定になったのに対し長距離タイムトライアルを設定したことで、山岳で失ったタイムを一発逆転できるドラマ性を用意している。これもまた今までとは違ったブエルタだけに、どんなドラマとなるのかが全く予測がつかない。ただクライマーたちが必死で防戦する姿を目にすることになるだろう。

スタートは8月22日、そして3週間後の9月13日に新たなチャンピオンが誕生する。現段階ではアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)は出場の意思を示しておらず、ジロ、ツールのダブルを狙うと宣言している。その代わりにナイロ・キンターナ(モビスター)やヴィンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ)といった主力どころに加え、思わぬダークホースがその栄光をさらっていく可能性もある。

今大会の中でも最難関ステージとも言えるのが、ピレネー山中の小国、アンドラ公国で行われる第11ステージだ。大会の中間折り返し地点となるこのステージは、走行距離わずか138kmながら、総標高獲得距離5200mというまさに山岳地獄、ここを越えていかなければ総合優勝への挑戦権すら獲得できない。このステージは間違いなく難コースであり、”山岳のグランツール”の印象を色濃く残すステージでもある。勾配のみならず、天候悪化による温度低下など、様々な要因が結果を左右しかねないまさにサバイバルステージでもあり、灼熱のスペインステージが多い中で、天候次第では突如訪れる落とし穴になりかねないステージだ。

とにかく今年のブエルタで総合を狙いたいのであれば、最初の二週間の山岳でいかにアドバンテージを作っておくかが鍵になるだろう。第11ステージに続き、誰もが経験したことのない未体験ゾーンとなる第14、15、16ステージの頂上勝負は、予測不能な潰し合いとどつきあいも期待される。全く展開が読めない、そんなグランツールとなりそうな今年のブエルタは間違いなく面白い。

ブエルタ・ア・エスパーニャ2015 △=山岳
第1ステージ 8/22 ポルト・バヌス 個人TT 7.4km
第2ステージ 8/23 アルハウリン・デ・ラ・トーレ〜カミニト・デル・レイ △ 165km
第3ステージ 8/24 ミハス〜マラガ 164.6km
第4ステージ 8/25 エステポナ〜ベヘール・デ・ラ・フロンテーラ △ 203km
第5ステージ 8/26 ロタ〜アルカラ・デ・グアダイラ 182km
第6ステージ 8/27 コルドヴァ〜カツォーラ △ 204km
第7ステージ 8/28 ホダール〜カピレイラ △ 188.3km
第8ステージ 8/29 プエブラ・デ・ドン・ファブリック〜ムルシア 186.6km
第9ステージ 8/30 トレビエハ〜カンブル・デル・ソル △ 168.3km
第10ステージ 8/31 バレンシア〜カステロン 152km
休息日 9/1
第11ステージ 9/2 アンドラ〜エルス・コルタルス・デ・エンカンプ △ 138km
第12ステージ 9/3 アンドラ〜レイダ 172.5km
第13ステージ 9/4 カタラヤド〜タラゾナ 168km
第14ステージ 9/5 ヴィトリア〜フエンテ・デル・チーヴォ △ 213km
第15ステージ 9/6 コミラス〜ジツ・デ・エスカランディ △ 175km
第16ステージ 9/7 ルアルカ〜エルミータ・デ・アルバ △ 184km
休息日 9/8
第17ステージ 9/9 ブルゴス〜ブルゴス 個人TT 39km 
第18ステージ 9/10 ロア・デ・デュエロ〜リアッツア 204km
第19ステージ 9/11 メンディナ・デル・カンポ〜アヴィラ 185km
第20ステージ 9/12 サン・ロレンツォ・デ・エル・エスコリアル〜セルチェディラ 181km
第21ステージ 9/13 アルカラ・デ・エナレス〜マドリッド 93.7km

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. UCIシクロクロス第4戦 ボヘンセ:強すぎるファン・デル・ポエル、UCIシリーズは全戦全勝の4連勝!世界チャンピオンのファン・アートは上り調子も全く歯が立たず 2. コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換 3. シマノがロードレースでのディスクブレーキ普及への足固めか、RCSとニュートラルサポート契約で懸念払拭を狙う 4. アルベルト・コンタドール:王者であり続けたロードレース界のアイコン、パンターニに憧れた少年がパンターニ超えを目指し駆け抜けた現役生活 5. コラム:アジアバイクショーから思うこと、日本と同じ道を途中まで辿ってきた中国が向かう独自の歩み、OEM卒業ではなく続けながらの歩みを選択の理由とは 6. コンタドールがコンチネンタルチームを始動!バッソとともにトレック・セガフレドの育成チームとなるポーラーテック・コメタが動き出す! 7. バレットから冬の定番パッカブルの新デザインが登場、普段使いからサイクリング、ゴルフ等様々なシーンを選ばず使える万能ウェアで冬の寒さの中でも楽しもう! 8. ブラックフライデーセールがさらに加速!海外通販の激安月間、CRCの第2週のセール品をチェック!来シーズンへ向けて買い揃えるなら今がチャンス 9. フルームを倒すための包囲網作戦?モビスターが来年のツール・ド・フランスではトリプルエースという対フルーム対策の可能性、フルームという時代の絶対王者の存在 10. 東京五輪の自転車ロードレースのコース案が判明、調布スタートから、富士山麓、山中湖、そして富士スピードウェイでゴールの270km!女子はその一部を利用した140kmに

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013