新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀! コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い
2015/1/5 23:09

Bpostバンクトロフィー第7戦バール

Bpostバンクトロフィー第7戦バール:もう若さの勢いは止められない!ワウト・ファン・アールトが7戦5勝!このレースも総合首位もぶっちぎりでの独走!ネイスは復活の手応え


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
もうこの勢いは誰に求められないのか?ケヴィン・パウエルス(サンウェブ・ナポレオンゲームス)、スヴェン・ネイス(クレランAAドリンク)、ラース・ファン・デル・ハール(ジャイアント・シマノ育成)ら、シクロクロスを代表する面々との一騎打ちとなったが、臆することなく勝負を挑むと、別次元の加速で勝利を奪い去った。ワウト・ファン・アールト(ファスゴエサービス・ゴールデンパレス)の圧倒的な存在感での勝利に、世界戦へ向けてU-23に挑むのか、エリートで挑むのかが気になるところだ。


『激走ワウト・ファン・アールトが圧倒的な独走勝利 ©Tim D.Waele』

『快走ワウト・ファン・アールト強し! ©Tim D.Waele』
これで残り1戦を残してBpostバンクトロフィーの総合優勝は確定的となり、20歳のシリーズチャンピオンは秒読み段階になった。最終戦出場しなくても総合優勝は決まるタイム差(このシリーズでは各レーストップとのタイム差の合計で総合順位が決まるのだが、ワンレース欠場は5分半の為、最終戦出場しなくとも総合優勝は確定する)がついてはいるが、最終戦も出場する意志を示しており、さらなる存在感を見せてくれそうだ。


『ワウト・ファン・アールトの走りは軽快そのもの ©Tim D.Waele』

『新世代チャンプの勢い止まらず ©Tim D.Waele』
「正直この結果はシーズン前には思いもしなかったよ。これで今度はベルギー選手権に出るので、せっかくならチャンピオンジャージを獲得したいね。でも僕にはまだこれから何度もチャンスがあると思うから、気負うことなく挑むつもりだよ。」二十歳の青年らしかあらぬファン・アールト落ち着きに、将来のチャンピオン像が見えた気がした。

大きくタイム差を明けられて2位にはファン・デル・ハール(ジャイアント・シマノ育成)、そして3位には パウエルスが入った。自らの名前がレース名となっているネイスは、復活の走りを見せ、世界戦へ向けかなりの手応えを感じているようだ。このレースではネイスの代名詞ともなっているバニーホップでの障害物超えも披露し、一時はレースリーダーに踊り出るなどその存在感をフルにアピールした。


『ファン・デル・ハールとネイスの走りは世界戦に期待をもたせた ©Tim D.Waele』
「ミーウセンが唯一の脅威だったよ。でも彼がパンクしてしまったことで単独走になってしまったんだよ。最後まで彼と一騎打ちをしてみたかったね。」そうファン・アールトに言わしめたトム・ミーウセン(テレネット・フィデア)は、ファン・アールトに唯一ついていくことが出来たが、結局パンクに見舞われて順位を大きく下げてしまった。そのまま走れていれば優勝争いが出来た可能性が高いだけに、不運に泣かされる結果となった。

またジャンニ・フェルメールシィ(サンウェブ・ナポレオンゲームス)がここへ来て大きく結果を残し始めている。世代交代と勢力争い分布が大きく変化しつつあるシクロクロスから目が離せなくなってきている。


『勢力に変化あり! ©Tim D.Waele』

Bpostバンクシクロクロス第6戦バール
1位 ワウト・ファン・アート(ファスゴエサービス・ゴールデンパレス)   1h06’11”
2位 ラース・ファン・デル・ハール(ジャイアント・シマノ育成)   +46”
3位 ケヴィン・パウエルス(サンウェブ・ナポレオンゲームス)   +56”
4位 ジャンニ・フェルメールシィ(サンウェブ・ナポレオンゲームス)   +1’24” 
5位 スヴェン・ナイス(クレランAAドリンク)  +1’54” 
6位 ロブ・ピータース(ヴァスゴエサービス・ゴールデンパレス)   +2’01”
7位 クラース・ファントルノート(サンウェブ・ナポレオンゲームス)   +2’16”
8位 ジョエリ・アダムス(ヴァスゴエサービス・ゴールデンパレス)   +2’19”
9位 トム・ミーウセン(テレネット・フィデア)   +2’21”
10位 マルセル・メイセン(コレンドン・クワドロレーシング)   +3’18”

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 2. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 3. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 4. クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す 5. フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 6. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 7. アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀! 8. コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 9. コロンビア・オロ・イ・パズ:スカイのバーナルが大逆転総合優勝!クイーンステージ制したのはキンターナ弟、クイックステップ・フロアーズはここでも6ステージで4勝の荒稼ぎ 10. J-Builders 日本が誇る職人達 : CYCLINGTIME.com

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013