新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 ジロ・デ・イタリア第13ステージ選手コメント:「 ガヴィリアが頭の回転が速いからなんだよ。だからあんなややこしい中でもきっちりとゴールまでの進路を思い描けるんだよ」〜リケーゼ ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! ジロ・デ・イタリア第13ステージ:スプリントステージを制したのはまたしてもがヴィリア!ステージ連勝で今大会早くも4勝目!冴えるリケーゼのアシストワーク!ベネットまた勝てず ジロ・デ・イタリア第12ステージコメント:「誰かステージスタートの会場まで乗せてくれない?チームバスは僕を置いていくことを決めて行ってしまったよ(笑)。」〜ゲシュケ ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージ:勝利がなかったキャノンデール・ドラパックにようやく美酒の味、タランスキーが山岳ステージ勝利で総合でもジャンプアップ!
2014/9/2 8:11

ブエルタ・ア・エスパーニャ 2014 第9ステージ選手コメント

ブエルタ・ア・エスパーニャ第9ステージ選手コメント:「今日の天候はむちゃくちゃだよ。灼熱の中始まって、雨で震える濡れネズミでゴールだもんね」


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
ウィナー・アナコナ(ランプレ・メリダ) ステージ1位 総合4位
「プロになって3年、待ち焦がれた初勝利は最高の1勝になったよ。そしてその上でこの段階で総合トップ10に返り咲きだよ。」

「正直バーチャルリーダーになった段階では色々妄想したけど、やっぱりステージのほうが重要だからね。だからモレーノもステージ勝利を欲しがっているのがわかったから、早めに仕掛けて独走を狙ったんだよ。」

ナイロ・キンターナ(モビスター)   総合1位
「普段はどんな気候でも対応できるんだけど、でも今回は今大会序盤の暑さで影響を受けてしまったよ。今日は脚の調子が良かったし、チーム内でマイヨ・ロホを守るために全力を尽くしたよ。」

「バルベルデとは最後の上りでのすり合わせをしていないけど、お互いいい脚質で走れていたし問題はないよ。僕は僕なりに総合リーダージャージに袖を通すチャンスだと思ったし、まだ今日の結果は序章にすぎないよ。総合勢にとっては第2週からが勝負だからね。バルベルデと僕の間には確執もないし、チームの目標はどちらかが勝利すること、だからみんなが心配知するような問題は全くないよ。」

「正直言ってフルームが脱落したことは驚いたよ、でも多分ただ今日調子が悪かっただけで、誰もが経験する”最悪の一日”だったのかもしれないね。フルームは間違いなく総合優勝候補、こんなところで躓いたり消えるようなことは絶対にないし、油断はしないよ。それにコンタドールもやっぱり強い。個人的にはTTも考えればフルームが最強で、コンタドールがライバルだと思ってるよ。」


『好調に見えるが本人はまだ不満 ©Tim D.Waele』
アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)   総合2位
「結果を残すチャンスだったし、ライバルたちとの力の差を確認したかったんだよ。でもわかったのはまだ本調子には程遠いということ。まだ高速を維持し続けるだけの走りができないよ。でも脚は良くなってきているし、ライバルたちの金魚の糞では結果は残せないからね。今のタイム差がどう影響するかは今後を見てみないとわからないけどね。」

アレハンドロ・バルベルデ(モビスター)   総合3位
「マイヨ・ロホを僕は失ったけど、重要なのはそのジャージがまだチーム内にあるということだよ。これは予定通り、チームでの1−3体制は上出来だよ。今日は僕はキンターナの走りにはついていけなかったし、晴れ間と雨とでの温度差で体が動かなかったよ。でもそれを考えてもまあ悪くない結果なんじゃないかな。

クリス・フルーム(チームスカイ)   総合5位
「ツールでの怪我からの復帰であることを考えれば上出来なんじゃない。今のところすべてに納得しているよ。リズムよく走れるようになってきたし、これからが楽しみだよ。まあタイムロスはしたくないのが本音、でも自分が奪える時には奪いに行くし、これが勝負なんだよ。

「コンタドールは調子いいね。あれだけの怪我からこんなに短期間で復帰できるのは驚きだよ。キンターナとホアキンは相変わらず安定して強いしね。これからが正念場、間違いなく激戦になるよ。”たかが一秒、されど1秒”、これからはそれがもっと重要な意味を持つようになるよ。」


『ガン飛ばしてますけど何か? ©Katusha』
ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ)    総合6位
「ひで〜顔してるな〜俺、一体この瞬間何考えてたんだろ?!」

リゴベルト・ウラン(オメガファルマ・クイックステップ)   総合9位
「今日のほうがまだ数日前に比べてマシだったね。でも今日の天候はむちゃくちゃだよ。灼熱の中始まって、雨で震える濡れネズミでゴールだもんね。まあそんな中でもチームはほんとうによくやってくれた。そのおかげで乗り越えられたし、調子も上がってきているよ。明後日のTTがひとつこれからの試金石になるね。」

マルティン・ケイゼル(ベルキン)
「ようやく第一週が終わった・・・最悪の日もあったよ。でもこれからまだあと2週間、なんとか結果を残したいね。でもそれにはまず休むことだね。」

ファビアン・カンチェラーラ(トレック・ファクトリーレーシング)
「ただ休みたい・・・疲れたわ。しっかり休めば、来週また気持ち新たに走れるからね。」

H.Moulinette
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル 2. ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ 3. ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 4. ジロ・デ・イタリア第13ステージ選手コメント:「 ガヴィリアが頭の回転が速いからなんだよ。だからあんなややこしい中でもきっちりとゴールまでの進路を思い描けるんだよ」〜リケーゼ 5. ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! 6. ジロ・デ・イタリア第13ステージ:スプリントステージを制したのはまたしてもがヴィリア!ステージ連勝で今大会早くも4勝目!冴えるリケーゼのアシストワーク!ベネットまた勝てず 7. ジロ・デ・イタリア第12ステージコメント:「誰かステージスタートの会場まで乗せてくれない?チームバスは僕を置いていくことを決めて行ってしまったよ(笑)。」〜ゲシュケ 8. ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージ:勝利がなかったキャノンデール・ドラパックにようやく美酒の味、タランスキーが山岳ステージ勝利で総合でもジャンプアップ! 9. SCIENCE:DHではどの姿勢が一番速いのか、フルーム、サガン、ニーバリ、パンターニらの特徴的なDHフォームを科学的に検証 10. ジロ・デ・イタリア第14ステージ選手コメント:「今日はデュムランのクライマーとしての資質を感じたよ。今日のところは僕の完敗だったよ。」〜キンターナ

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013