新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位
2006/3/2 10:51

チームVANGプレゼンテーション 5年後にツール・ド・フランス出場を目指す戦略とは?


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
!--more-->
浅田顕監督
『浅田顕監督』
福島晋一
『チームキャプテンの福島晋一』
高坂さん、小杉隆衆議院議員
『高坂希太郎さん、小杉隆衆議院議員も激励に駆けつける』
チームVANGの選手たち
『チームVANGの選手たち』
自転車雑誌各誌やウェブサイトで「YAHOOジャパン」として先走り報道されていたが、その名は発表されることのないプレゼンテーションとなった。

チーム名となるスポンサーの正式発表までは、仮称となる「Team VANG Cycling(チーム・バン・サイクリング)」は、チームとしてツール・ド・フランス出場を目標に掲げて活動を開始する。

選手は福島晋一をキャプテンとし、弟の福島康司、若手の新城幸也(2005年全日本U23チャンピオン)、フランスでの経験が長い水谷壮宏や、スプリンターとして新進著しい宮澤崇史ら、元ブリヂストンアンカーの選手を核とするメンバー。

チーム代表となるのはマネージメント会社である株式会社「萬(ばん/VANG)」の長弘昌代表取締役。監督兼取締役として浅田顕。JSPORTSサイクルロードレースの解説者である白戸太朗も取締役に名を連ねる。

「これまでの日本のサイクリングチームの主な形態である実業団チーム方式やメーカーのお抱えチーム的からは脱却し、監督と選手達が自主的に発足させるチームである」と発表された。
チームが目標とするのは2010年のツール・ド・フランス出場。それまでに目標とするステップは、2007年にUCIコンチネンタルプロチームへの昇格、2008年にブエルタ・ア・エスパーニャに出場、2009年にジロ・デ・イタリアへ出場、そして2010年にUCIプロチームへの昇格と、ツール・ド・フランスへの出場を目指すという。

9人の日本人選手、監督、メカニック、マッサーという体制を基本とするが、異なる競技スポーツ選手や海外選手の獲得も可能性があるという。「日本人をツール・ド・フランスに出場させることがもっとも大事なこと」と浅田顕監督。

長弘昌代表は質問に応え、スポンサー名が明らかにできなかった理由を「今日ご報告するにはちょっと間に合わなかった。正式な表現をするなら"現在交渉中"と答えるしかないが、先方は非常に熱心で前向きに検討して頂いている。今日ここでユニフォーム姿を披露したかったが、おそらく近日中には良い報告ができると思っている」と説明した。

アニメーターの高坂希太郎さん(映画「茄子アンダルシアの夏」監督)と衆議院議員の小杉隆氏(自転車活用推進議員連盟会長)も応援スピーチで新チームの出発を激励した。

チームは3月3日にフランスへと渡り、レース参戦を開始する。その模様はCyclingTime.comでも現地取材にてお伝えする予定だ。


Team VANG Cycling(チーム・バン・サイクリング)体制

マネージャー 長弘昌、白戸太朗
監督 浅田顕

選手
福島晋一
福島康司
水谷壮宏
宮澤崇史
清水都貴
井上和郎
新城幸也
佐野淳哉
田中聡

メカニック 小松洋樹
マッサー 穴田悠吾
チームドクター 白石 稔、牛島史雄(慈恵医大スポーツクリニック)
チームニュートリションコーチ 石川三知、虎石真弥 (オフィスLAC-U)

バイク アンカー(ブリヂストン)
協力企業:アズマ産業、アディダスジャパン、アメアスポーツジャパン、井上ゴム工業、オージーケー販売、キャットアイ、シマノ、日東、パールイズミ、ブリヂストンサイクル、和光ケミカル
(省略:株式会社等)

運営会社 株式会社萬(バン)


チームVANGプレゼンテーション フォトギャラリー

Team VANG Cycling(チーム・バン・サイクリング)公式サイト

photo&text:Makoto.AYANO
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 2. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 3. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 4. フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 5. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 6. クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す 7. コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 8. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 9. アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀! 10. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013