新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

世界選手権個人TT:ジロ覇者のデュムランがチームTTとの2冠!先に出走のフルームにあわや追いつく快走!元スキージャンプ金メダリストのログリッチが銀メダル!フルーム銅 世界選手権2017チームTT:ジロを制したトム・デュムランを筆頭に、今シーズン大躍進のチームサンウェブが男女チームTTを制覇!BMCは銀メダルフルーム出走のチームスカイは銅メダル! どうなるUCI改革?UCI会長選挙でラパルシェン新会長誕生、ASOらフレンチ・コネクションがクックソンの再選を阻む!早くも世界選手権のチームTT削減を宣言、その手腕は果たして… ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.3:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の二 ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.2:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の一 世代最強の王者クリス・フルームがダブルツールを達成出来た理由はチーム力!チームスカイの綿密な戦略が可能にした勝利 サイクリングウェア ブランドナビ ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.1:コミュニティーシェアバイクがスポーツ自転車界に与えた影響、そしてこれからの展望とは
2013/9/25 22:29

Wiggins and Cancellara

個人TTを狙うブラッドリー・ウィギンスとファビアン・カンチェラーラ、それぞれの思い


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
今年の世界選手権個人TT、連覇を狙っているトニー・マルティン以外にもブラッドリー・ウィギンス、ファビアン・カンチェラーラという二人の大物がその座を狙っている。決戦を前にそんな2人が胸の内を語った。

ジロでの絶望感に打ちひしがれたままにツールも出場できなかったウィギンス、このことは大きくウィギンスの考え方を変えたようだ。


『ジロと違ったウィギンスが見られるか? ©Tim D.Waele』
「ジロでは調子は良かったけど、勝とうという意欲が欠如していたんだよ。精神的に充実した状態ではなく、下りでも消極的でリスクを犯したくないということしか頭になかったんだよ。正直自分がここで何をしているんだ?って自問自答したよ。そういったマイナス思考が負の連鎖を生んだんだよ。」

「正直言ってチーム内外で、ツールのリーダーシップを誰がとるかという論争が巻き起こっていたことにうんざりしていたんだよ。それがジロでの集中力欠如と戦意喪失にも繋がったね。勝手な憶測のオンパレードと、フルームをリーダーにしょうとするチーム内での動きの両方でやる気を失っていたんだよ。全てがツールのために動いていた今シーズン、ジロの出場が決まっても聞かれるのはツールのことばかり。そしてツール欠場が決まっても聞かれるのはツールのことばかり。フルームのことは別に羨ましいとは思っていないよ。チーム内のこれからの方針はフルーム次第だよ。彼は今ツールを制して、名実ともにチームのエースだよ。僕がそれに横槍を入れることは間違えているからね。今の彼ならこれから3〜4年はエースとして君臨できるんじゃないかな。彼も今年のツールでは正直エースの重圧と、メディアの勝手さを痛感したんじゃないかな。強ければ強いほど槍玉に挙げられる、そういう風潮なんだよ。」

「今回の世界選手権へ向けては、今までにないほどに好調だよ。ここ13週間、いかに1時間5分を走り切る練習をしてきたんだよ。僕は何をするべきかわかっているし、逆に言えばマルティンとカンチェラーラがどうするかなんて知らない。僕がTTを好きなのは、自分自身が他の選手へ直接的な影響をあたえることができない、つまり全ては自分自身との戦いだということなんだよ。」


『カンチェのこの笑顔は見られるか? ©Tim D.Waele』
そんなウィギンスに対し、同じくTTチャンピオンを目指すカンチェラーラも準備万端だ。すでに何度もアルカンシエルに袖を通しているカンチェラーラだからか、特にこれといったプレッシャーは感じていないようだ。

「マルティン、ウィギンス、フィニー、そしてオーストラリアの選手たちは、この平坦で直線が多い今年の世界選手権では優勝候補だよ。僕自身は落ち着いているよ、きちんと冷静に対処してきたからね。コースはかなりきついと思うよ。かなり攻めないと勝てないと思うし、最大の敵はライバル達ではなく”時間”だよ。そしてそれは僕が得意とするところでもあるよ。」

「実は僕は両親がイタリア出身のイタリア系スイス人なんだよ。でもやっぱりスイスが僕のホームだしスイスを代表しているわけだから、やっぱりここはアウェイだよ。水曜のTTがどうなるか、ロードのほうを考えるのはそれからだね。まずは目先のTTからだね。負けたとしても僕は泣かない!(笑)」

H.Morine
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 世界選手権個人TT:ジロ覇者のデュムランがチームTTとの2冠!先に出走のフルームにあわや追いつく快走!元スキージャンプ金メダリストのログリッチが銀メダル!フルーム銅 2. 世界選手権2017チームTT:ジロを制したトム・デュムランを筆頭に、今シーズン大躍進のチームサンウェブが男女チームTTを制覇!BMCは銀メダルフルーム出走のチームスカイは銅メダル! 3. どうなるUCI改革?UCI会長選挙でラパルシェン新会長誕生、ASOらフレンチ・コネクションがクックソンの再選を阻む!早くも世界選手権のチームTT削減を宣言、その手腕は果たして… 4. ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.3:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の二 5. ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.2:垣間見た自転車界の未来図、成熟途中の中国自転車界で感じたその可能性の先にあるのは?台頭する中国スポーツバイクブランド〜其の一 6. 世代最強の王者クリス・フルームがダブルツールを達成出来た理由はチーム力!チームスカイの綿密な戦略が可能にした勝利 7. サイクリングウェア ブランドナビ 8. ASIA BIKE SHOW REPORT Vol.1:コミュニティーシェアバイクがスポーツ自転車界に与えた影響、そしてこれからの展望とは 9. SIXTH COMPONENTS X SUNRISE CYCLES:究極のコラボレーションバイクが誕生!スピードを追い求めた最強の軽量ロードミニヴェロが最強MIDGET WORKSを履き颯爽と降臨 10. ピーター・サガンが早くも通算100勝到達!勝利量産の現役世界チャンピオンはどこまで強くなる?

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013