新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2013/9/9 21:05

Vuelta St.15 Rider's Comment

ブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージ選手コメント


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
アレクサンドレ・ジェニエ(FDJ.fr)
「今日は最高の1日だった!人生最良の日!少しの運もあったけど、フランスへのオマージュのステージでこんな勝利をあげられるなんて最高だよ!」

「逃げは6人だったんだけど、それぞれがきちんと協調性が取れていて、行けるところまで行こうという感じだったんだ。でも上りに入ったらやはり力量が違うから、それぞれのペースで上ることにしたんだ。それでもまた集団がひとつになったけどまだ僕には脚が残っていたね。最後の数キロは地獄だったよ。追いつかれるんじゃないかと思って怖くて仕方がなかったよ。最後の瞬間まで、泣くか笑うかわからないのが自転車レースだからね。」

クリス・ホーナー(レディオシャック・レオパード) ステージ6位 総合2位
「僕とニーバリは間違いなく強かったと思うよ。でもホアキンとバルベルデも調子は悪くはないみたいだね。キセロウスキーの献身的なアシストで、集団を分断しようと思ったけど、思ったよりも皆粘ってきたね。まあだからそれ以上は様子を見守ることにしたんだよ。でもこのままでは展開が無くなってしまうから、誰かが調子を落とすなどしないと、このままではどんぐりの背比べだね。」

「表彰台は射程圏内だと思うよ。僕はまだ仕掛けるつもりだよ。でもまあステージ・バイ・ステージで色々と考えていくよ。」

ヴィンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ) ステージ4位 総合1位
「きつかったね〜。寒いし、距離長いし。昨日同様に辛かったよ。まずはサクソ・ティンコフが仕掛けて、次にホアキンでしょ。ホーナーも仕掛けてきたから結構きつかったよ。それにレース序盤で逃げ対戦油の動きが展開を速めたよね。正直これからのステージではコースレイアウト以上に、疲労との戦いになると思う。」

ホアキン・ロドリゲス(モビスター) ステージ7位 総合4位
「調子はいいよ。ニーバリとホーナーは特に調子がいいみたいだね。僕とバルベルデはそれに続いているかな、でも一段階彼らより劣るかな。今日はチャンスがあったんだけどね、でもそれを決められなかった・・・何かが足りないんだよ。ちょっとした事なんだけどな。全部僕が悪いんだよね・・・」

「今の目標は総合表彰台だよ。そしてできればステージ優勝も狙いたいね。バルベルデがステージ15ではニーバリがちょっと弱かったって?ほんと?彼がそんなこと言ってたの?僕はそうは思わなかったけどな。どう考えても調子良さそうだったもん。」

「ステージ:15
 ストレス:7
 疲労度:10
 速度:8
 難易度:10」

フィリップ・ジルベール(BMC) リタイア
「昨日の寒さが体の芯まで冷やしたんだろうね。どんなことをしても寒いという感覚が抜けなかったんだよ。だからもう世界選手権のことを考えれば、これ以上ここでリスクを犯せないと思ったんだよ。まあそもそも途中でリタイアして世界戦に備えるつもりではいたんだけね。」

H.Morine
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013