新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2013/9/8 19:36

Vuelta St.14 Rider's Comment

ブエルタ・ア・エスパーニャ第14ステージ選手コメント


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
ダニエレ・ラット(キャノンデール) ステージ1位
「こういう勝利を達成できることを3年間も待っていたんだよ。僕にとってもチームにとってもとても重要な一勝だよ。本当はバッソのために走るはずだったんだけど、でも僕に流れは向いていたのかな。雨と低温には参ったけど、何とかこなせたし、最後まで逃げ切ることができたからね。え?バッソリタイアしたの?まあたしかに寒くてあれは多くの選手に影響を与えたかもしれないね。僕はちゃんとウィンドブレーカーを羽織って準備はしたんだよ。バッソのは申し訳ないけど、今日は僕は出来る事をやって、その結果勝てたんだよ。」

ホァン・マニュエル・ガラテ(ベルキン)
「人生で最も寒いレースだったよ。LLサンチェスが救急車で運ばれるのを見たけど、完全に凍りついていたね。よく知らない人は僕らのジャージが濡れないし温かいと勘違いしているようだけど、これは薄くて通気性よく出来ているんだよ。つまりは肌着で走っているようなものなのさ。」

ヴィンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ) ステージ2位 総合1位
「ジロよりもきつかった!でも今日は幸運にも寒さとうまく付き合えたよ。」

アレハンドロ・バルベルデ(モビスター) ステージ6位 総合3位
「非人道的なレースだよ。(怒)人生でこんなにレースがきついと思ったことはなかったよ。この調子で行けば、この大会の完走者は50人ほどになるんじゃない?途中で何度も意識を失いかけたよ。本当に最悪の1日だ。上りでもガチガチと震えながらなのに、下りではどんな感じか想像がつくだろ。」

「まあ最悪の事態はなんとか逃れて、まだレースに残っているだけマシなのかもしれないね。まだ総合でも可能性があるわけだし。当面の目標は表彰台圏内維持だね。」

イヴァン・バッソ(キャノンデール)
「選手生活の中で最悪の一日だよ。調子が良かっただけにショックが大きいよ。運とかそういったたぐいのものを僕は普段信じないんだけど、今年は本当に運がなかったと思うよ。」

「実はチームが僕を止めたときは、意識朦朧としていて自分で自転車から降りることも出来なかったんだよ。気がついた時にはぐるぐる巻(毛布などで)されていたよ。下りきる手前だったんだけど、チームの適切な判断に感謝しているよ。あのままでは大事故になりかねなかったよ。」

ロマン・クロイツィゲル(サクソ・ティンコフ) リタイア
「悔しくて眠れなかったよ。残ったみんなには頑張って欲しいね。」

ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ)
「ステージ:14
 ストレス:9
 疲労度:9
 速度:9
 難易度:10」

ファビアン・カンチェラーラ(レディオシャック・レオパード)
「明日も雨の中7時間走るから、早めに寝なくちゃ。」

ゼネク・スティバー(オメガファルマ・クイックステップ)
「今日もきつかったけど、明日へ向けての予行演習でしかないんだよね。」

フィリップ・ジルベール(BMC)
「今日の良かったのは、2400mの超級山岳をトップ通過したことだね。僕にとってこれが人生最初で最後かもしれないね。」

H.Morine
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013