新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2013/9/7 19:06

Vuelta St.13 Rider's Comment

ブエルタ・ア・エスパーニャ第13ステージ選手コメント


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
ワーレン・バーギル(アルゴス・シマノ) ステージ1位
「1年目からこんな結果を残せたことを誇りに思うよ。今日は逃げが決まる可能性が高いステージだと予想していたから、レース中もなるべく無駄な体力を消耗しないように努めたんだ。最後も十分力が残っていたからね。とにかく勝てたことが信じられないよ。シーズン序盤は背中を痛めて思ったような走りができない時期が続いたけど、それでもチームは僕を信頼し続けてくれた。それに答えられる結果が出せてほんとうに嬉しいよ。このチームに来て僕は成長できたと思う。このチームの一員になって正解だったよ。」

リナルド・ノチェンティーニ(AG2R) ステージ2位
「最後はのぼりスプリントで2位に入ったけど、あれじゃ満足できないよ。あの逃げのメンバーの顔ぶれを見て、勝てるという確信があったんだよ。でもバーギルのほうが一枚上手だったね。世界戦へ向けて調子が上がってきていることには満足しているよ。」

ヴィンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ) 総合1位
「山岳が始まる前にゆっくりと出来るステージが2ステージもあるや、と思っていたけど、蓋を開けてみればとんでもなくきつい2ステージだったよ。今日はまたペースが早かった!レース自体はうまくコントロール出来たと思うよ。でももっと効率的にエコな走りがしたかったね。山岳でホアキンが試走的にアタックしたことには驚かないよ。明日以降の戦略を立てる意味でも己のコンディションを知っておくことは大切だからね。ハチに刺された顔の腫れも引いたし、明日は全開で行くよ。天気予報では雨になっているけど、特にそれを恐れる理由もないしね。」

アレハンドロ・バルベルデ(モビスター) 総合3位
「ラストラスが落車するまではうまくいっていたんだよ。そしたら今度は何かが僕のバイクにぶつかって後輪が破損下から、30kmほどチームメイトのグティエレスの自転車に乗っていたんだよ。それがまた僕とライディングポジションが全然違うから乗りにくいの。そして今度は上りで観衆が振り回した手が顔面直撃、まあでも結果において言えばタイムロスもなかったし、いい1日だったと言えるんじゃないかな。」

ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ) 総合5位
「ステージ:13
 ストレス:7
 疲労度:8
 速度:8.5
 難易度:8」

ミカエル・シェレル(AG2R)
「第一週の疲れが全く抜けないよ。調子は悪くないんだけど、体が重くて・・・」

H.Morine
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013