新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2013/9/3 18:35

Vuelta St.10 Rider's Comment

ブエルタ・ア・エスパーニャ 第10ステージ選手コメント


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
クリス・ホーナー(レディオシャック・レオパード) ステージ1位 総合1位
「ニーバリが積極的で、彼が今いる選手たちの中では最強だと思っているよ。ホアキンは勝負の局面までなるべく動かないタイプだし、ニーバリが動けば動き出すと思っていたんだ。でもだったら先に自分で仕掛けてみるのもいいかなって思ったんだよ。30〜40秒稼げれば上出来だと思っていたから、最高のレースが出来たといえるね。今日はカンチェラーラがとにかくいい仕事をしてくれたよ。それに加えてニーバリの動きでライバル達がふるいにかけられて、一気に集団が小さくなったから、僕がアタックすれば最悪でもライバル減らしができるかなと思ったんだよ。

「正直明日以降なにがおきるかわかんないよね。ここ数年納得のできるTTは走れていないからね。でもね、でもね、僕はTT苦手じゃないんだよね〜。それと正直コレから迎える山岳の数々、僕名前が覚えられないからコース図見てもよくわかんないんだよね。走ってみたら思い出すかもしれないよ。」

ヴィンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ) ステージ2位 総合2位
「暑さもありきついステージだったね。でも最終的には僕にはいい感じでステージを進められたかなって思うよ。ホーナーには全く追いつけなかったけど、ライバル達に僅かながらも差をつけることが出来たしね。だから満足しているよ。」

ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ) ステージ5位、総合5位
「僕らが遅かったわけじゃないよ、ただホーナーが速かっただけのことだよ。」

「実は残り4kmで軽いハンガーノックで力が入らなかったんだ。でも調子はいいからこれからまた頑張るよ。」

ダニエル・モレーノ(カチューシャ) 総合6位
「最後の頂上ゴールは最悪だったね。ステージ開始直後に、”こりゃ今日はダメだな”って感じたんだよ。まあホアキンが良い結果を出してくれたからOKだよ。まあ今日が僕の”最悪の日”出会ったと願うよ。」

「落車の時は誰かのチェーンリングが僕の膝の上を転がっていったんだよ。あれは痛かったよ。でもそれはそれ、避けられなかったんだからしかたがないよまあでも影響があるほどの怪我だったとは思ってはいないよ。」

イヴァン・バッソ(キャノンデール)
「休みは翌日のための準備期間・・・」
「一つのステージを終え納得できると、次のステージへと進むことが出来るのさ。」

ファビアン・カンチェラーラ(レディオシャック・レオパード)
「これだけのスピード狂たちが集団で走行するんだから、飲み終えたボトルが路面い転がるだけでそれは地雷になるね。あと僕も経験したことあるけど(スタート前の落車)、あれはなんかいい方法を考えないとダメだね。」

H.Morine
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013