新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

2012/12/18 14:32

SANDMAN

究極のファットバイク降臨 〜 SANDMANを選べば、走る道を選ばない


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

『SNADMAN:The king of the Dune!』
SANDMANは一台でどんな道も選ばない究極のオールテラインバイク。DHレース、エピックレース、トレイルライド、砂浜や雪原のアドベンチャーツーリングと対応できるフィールドは多岐にわたる。

サンドマンは、MTBの概念をくつがえし、自転車の可能性を広げる、革新的な設計思想に基づいていている。DHレースに出られるハードテールであり、エピックレースに出られるファットバイクだ。29erホイールに履き替え、XCレースでも活躍する。

この動画で、その走りが確かめられる。サンドマンの魅力たっぷり2分40秒だ。

Why Sandman. from Martín Campoy on Vimeo.



SANDMANは今年カナダで開催された世界で最もハードなシングルトラックMTBレースと言われるBC Bike Raceに出場した。500人以上が参加したこのレースでは、日本人レーサーの池田祐樹氏も参戦し11位になっている。SANDMANチームの二人は、このファットバイクでなんと27位と43位になっている。DHレースに出られるバイクが、エピックレースでもこのような好成績を上げているのは驚異的だ。

SANDMANは20年間のMTB歴を持ち、MTBやカヌーのガイドをしてきたコーエンというベルギー人により興された。

コーエンは1997年にアラスカのスノーレースに出ようとしたが、市販のファットバイクには満足することができず、自分でバイクをつくることにした。そしてその最初のプロトモデルをもって、南スーダンに出かけ、そこでテストを行った。


『このような環境で、Sandmanは鍛えられた』

そして、よくある話だが、乗ってみた友達から、「俺にも作ってくれ」「俺にも売ってくれ」とオファーが押し寄せることになり、SANDMAN立ち上げを決意する。

工場、資金、そして仲間探しが始まった。そして3年経ち。いよいよ2012年に販売が始まる。そして発売するや否や、瞬く間に世界中からオーダーが押し寄せ、いよいよ来年から、量産に入ることとなった。


『脅威の走破性』
2013年4月から日本でもデリバリーが開始される。スチールモデルのKalahari(カラハリ)、アルミフレーム+サスペンションのGOBI(ゴビ)、そしてチタンフレーム+サスペンションのHoggar(ホガール)の3車種。倒立のオリジナルサスペンションフォーク、オリジナルタイヤも発売予定。

予約は12月末まで。初回以降の入荷の予定が未定なため、確実に手に入れるためには、この期間に予約を。

予約はここから
SANDMAN
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:Canyon_20140823 (Low)
AD:CyclingExpress (EC70)
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 遂にアロンソのチームF.A.C.Tが始動?UCIに正式にライセンス申請、しかしレギュレーションに沿い原則10月1日までは選手との交渉は一切なし、アロンソの夢物語一体どうなる? 2. ブエルタ・ア・エスパーニャ第5ステージ:大混戦を制してスマイリーボムがダブル!デゲンコルブが見事に2連勝の大暴れ!フルームとティンコフ・サクソが宣戦布告 3. ブエルタ・ア・エスパーニャ第6ステージ:始まった頂上決戦第1ラウンド、仕掛けたのはホアキン、しかし制したのはバルベルデ!フルームとコンタドールも絶好調で揃い踏み 4. ブエルタ・ア・エスパーニャ第5ステージ選手コメント:「フルームが中間スプリントで動いてきたのは驚いたけど、別にどうってことはないよ。僕個人はあそこで仕掛けることに価値は見いだせなかったよ。」 5. ブエルタ・ア・エスパーニャ第4ステージ:圧巻!炸裂スマイリーボム!”夏ノ暑サニモマケヌ丈夫ナカラダ”を持っていたデゲンコルブが格差を見せつけるパワースプリント! 6. ブエルタ・ア・エスパーニャ第3ステージ:ステージ勝利を目指す力勝負を制したのはマシューズ!D.マーティンが復活の2位、ホアキンは3位、バルベルデは落車が響き総合首位陥落 7. ブエルタ・ア・エスパーニャ第4ステージ選手コメント:「働いたあとのディナーは最高や〜、最高のシェフ(チーム帯同)に感謝〜!」 8. ブエルタ・ア・エスパーニャ第6ステージ選手コメント:「チームのエースはあくまでもキンターナだよ。でもそれでもチャンスが有れば僕も狙うよ。まあその結果はどうなるかはいずれわかるよ。」 9. ジロ・デ・イタリア2014 10. ツアー・オブ・北京2013

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ジロ・デ・ロンバルディア2013

ロード世界選手権2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013