新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

2012/12/18 14:32

SANDMAN

究極のファットバイク降臨 〜 SANDMANを選べば、走る道を選ばない


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

『SNADMAN:The king of the Dune!』
SANDMANは一台でどんな道も選ばない究極のオールテラインバイク。DHレース、エピックレース、トレイルライド、砂浜や雪原のアドベンチャーツーリングと対応できるフィールドは多岐にわたる。

サンドマンは、MTBの概念をくつがえし、自転車の可能性を広げる、革新的な設計思想に基づいていている。DHレースに出られるハードテールであり、エピックレースに出られるファットバイクだ。29erホイールに履き替え、XCレースでも活躍する。

この動画で、その走りが確かめられる。サンドマンの魅力たっぷり2分40秒だ。

Why Sandman. from Martín Campoy on Vimeo.



SANDMANは今年カナダで開催された世界で最もハードなシングルトラックMTBレースと言われるBC Bike Raceに出場した。500人以上が参加したこのレースでは、日本人レーサーの池田祐樹氏も参戦し11位になっている。SANDMANチームの二人は、このファットバイクでなんと27位と43位になっている。DHレースに出られるバイクが、エピックレースでもこのような好成績を上げているのは驚異的だ。

SANDMANは20年間のMTB歴を持ち、MTBやカヌーのガイドをしてきたコーエンというベルギー人により興された。

コーエンは1997年にアラスカのスノーレースに出ようとしたが、市販のファットバイクには満足することができず、自分でバイクをつくることにした。そしてその最初のプロトモデルをもって、南スーダンに出かけ、そこでテストを行った。


『このような環境で、Sandmanは鍛えられた』

そして、よくある話だが、乗ってみた友達から、「俺にも作ってくれ」「俺にも売ってくれ」とオファーが押し寄せることになり、SANDMAN立ち上げを決意する。

工場、資金、そして仲間探しが始まった。そして3年経ち。いよいよ2012年に販売が始まる。そして発売するや否や、瞬く間に世界中からオーダーが押し寄せ、いよいよ来年から、量産に入ることとなった。


『脅威の走破性』
2013年4月から日本でもデリバリーが開始される。スチールモデルのKalahari(カラハリ)、アルミフレーム+サスペンションのGOBI(ゴビ)、そしてチタンフレーム+サスペンションのHoggar(ホガール)の3車種。倒立のオリジナルサスペンションフォーク、オリジナルタイヤも発売予定。

予約は12月末まで。初回以降の入荷の予定が未定なため、確実に手に入れるためには、この期間に予約を。

予約はここから
SANDMAN
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. UCIがディスクロード解禁への第一歩!2015年度は2レースで、2016年度は全レースで試験的導入可能へ、2017年からの解禁なるか?一般ユーザー向けのディスクロードはどうなる? 2. プラバンツ・ペイル:BMCがようやく主役に!北のクラシック最終戦はヘルマンスが逃げ切り勝利!ジルベールが3位に入り1−3フィニッシュ!アルデンヌへ向けて視界良好 3. サイクリングウェア ブランドナビ 4. 君はグレアム・オブリーを知っているか?自転車のルールまで変えさせてしまった史上最強のアマチュアと呼ばれた男がが再び記録に挑む!今度は人力での世界最高速度へ挑戦! 5. パリ〜ルーベ2015:スマイリーボム大爆発!クラシックオールラウンダーへと進化する男デゲンコルブが力と存在感でライバル達を圧倒!スティバーが2位、ウィギンスは引退の花道飾れず 6. ブエルタ・アル・パイスバスコ総集編:ホアキン・ロドリゲスが始動!いきなりお目覚めの総合優勝!山岳で勝利、スプリントで勝利、山岳TTで大逆転優勝と文句なしの存在感 7. Valetteオーダージャージキャンペーン:オーダーウェアのデザイン料が無料に!好評のライトラインでオリジナルウェアを作ってフィールドを駆け回れ! 8. 最軽量アルミフレーム競争にROCKBIKESが挑む:超軽量アルミロードDEUCEが進化し降臨 9. フロント一速のロードコンポの可能性は?スラムが発売予定?の1Xシステムは市民権を得られるのか?リア多段化で見えてきたフロントシングルの可能性とは 10. チームスカイとピナレロがリアサスロードバイクを実戦投入へ!古い?新しい?昔からあるシステムをなぜ今?ロードは技術革新がもたらした新たなステージへと

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013