新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

2012/12/18 14:32

SANDMAN

究極のファットバイク降臨 〜 SANDMANを選べば、走る道を選ばない


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

『SNADMAN:The king of the Dune!』
SANDMANは一台でどんな道も選ばない究極のオールテラインバイク。DHレース、エピックレース、トレイルライド、砂浜や雪原のアドベンチャーツーリングと対応できるフィールドは多岐にわたる。

サンドマンは、MTBの概念をくつがえし、自転車の可能性を広げる、革新的な設計思想に基づいていている。DHレースに出られるハードテールであり、エピックレースに出られるファットバイクだ。29erホイールに履き替え、XCレースでも活躍する。

この動画で、その走りが確かめられる。サンドマンの魅力たっぷり2分40秒だ。

Why Sandman. from Martín Campoy on Vimeo.



SANDMANは今年カナダで開催された世界で最もハードなシングルトラックMTBレースと言われるBC Bike Raceに出場した。500人以上が参加したこのレースでは、日本人レーサーの池田祐樹氏も参戦し11位になっている。SANDMANチームの二人は、このファットバイクでなんと27位と43位になっている。DHレースに出られるバイクが、エピックレースでもこのような好成績を上げているのは驚異的だ。

SANDMANは20年間のMTB歴を持ち、MTBやカヌーのガイドをしてきたコーエンというベルギー人により興された。

コーエンは1997年にアラスカのスノーレースに出ようとしたが、市販のファットバイクには満足することができず、自分でバイクをつくることにした。そしてその最初のプロトモデルをもって、南スーダンに出かけ、そこでテストを行った。


『このような環境で、Sandmanは鍛えられた』

そして、よくある話だが、乗ってみた友達から、「俺にも作ってくれ」「俺にも売ってくれ」とオファーが押し寄せることになり、SANDMAN立ち上げを決意する。

工場、資金、そして仲間探しが始まった。そして3年経ち。いよいよ2012年に販売が始まる。そして発売するや否や、瞬く間に世界中からオーダーが押し寄せ、いよいよ来年から、量産に入ることとなった。


『脅威の走破性』
2013年4月から日本でもデリバリーが開始される。スチールモデルのKalahari(カラハリ)、アルミフレーム+サスペンションのGOBI(ゴビ)、そしてチタンフレーム+サスペンションのHoggar(ホガール)の3車種。倒立のオリジナルサスペンションフォーク、オリジナルタイヤも発売予定。

予約は12月末まで。初回以降の入荷の予定が未定なため、確実に手に入れるためには、この期間に予約を。

予約はここから
SANDMAN
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:mizuma_310x174_20141231(lower)
AD:SIXTH_310x174_20141009(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ジロ・デ・イタリア第10ステージ:待ち受けていた落とし穴、他チームのサポートを受けたポートに2分のペナルティー、一気に3分遅れの総合12位に脱落!ボエムが逃げ切りからのスプリント勝利 2. ジロ・デ・イタリア第10ステージ 選手コメント:「ポートに起きたことは誰にでも起きうるんだよね。とにかく不運に見舞われないことを願うだけだよ。」〜コンタドール 3. ジロ・デ・イタリア第11ステージ:雨のイモラサーキットに新たな怪物降臨か、ロマンディを制したザッカリンが軽やかに舞う!コンタドールは復活宣言の挨拶アタックを敢行!ウランは落車 4. ジロ・デ・イタリア第12ステージ選手コメント:「自分自身にがっかりしてたんだよ。本当に空虚な気持ちになって、夜も満足に寝られなかったよ。」〜ジルベール 5. ジロ・デ・イタリア第11ステージ選手コメント:「今日の走り見ている限り、まだまだ上位を脅かしそうな選手はいるね。タイム差以上に僕らは実力が拮抗している状況だよ。」〜コンタドール 6. ジロ・デ・イタリア第12ステージ:主催者発表のゴール予想時間を上回る超高速バトル!雨のイタリアで元世界王者ジルベールが意地の勝利!寒いのは苦手?アルーはまさかのタイムロス 7. サイクリングウェア ブランドナビ 8. ツアー・オブ・カリフォルニア第5&第6ステージ:第5ステージはカベンディッシュが大会3勝目!雪でコース変更の個人TTは怪童サガンが会心の一撃で総合リーダージャージも奪取! 9. ジロ・デ・イタリア第9ステージ選手コメント:前半前を終えてのコメントに思惑あり、それぞれの感じた、考えるジロとは:共通認識で3強から攻められ脱落のウラン、2年連続2位の安定度の脅威 10. 大口をたたいた?”僕なら明日にでも記録を敗れるよ”、アワーレコード挑戦へ向けウィギンスが不敵な笑み、目指すは55km!”20年破られない記録を残す”と豪語も予行挑戦でダウセットの記録破れず

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013