新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感!
2012/11/27 23:26

Glaeme Obree Challenge

君はグレアム・オブリーを知っているか?自転車のルールまで変えさせてしまった史上最強のアマチュアと呼ばれた男がが再び記録に挑む!今度は人力での世界最高速度へ挑戦!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

『この姿勢でさらにカウルが乗っかるのだ』
あなたはグレアム・オブリーと言う名を聞いたことがあるだろうか。オブリーは当時アマチュアとして、ガレージで自分で子供用自転車を改造し、壊れた洗濯機のベアリングなどを使って作った自作の自転車で、自転車レース界の英雄フランチェスコ・モゼールが保持していたアワーレコード(どの位の平均時速で1時間を走り切るか)に挑戦し見事更新した伝説の男だ。

その奇抜な自転車とライディング・フォームは自転車界の常識を超越したものであり、「タックフォーム」、「オブリー・ポジション・Mk-1」と呼ばれた。そしてその後プロチームとロード選手として契約を結ぶが、念願のツール・ド・フランス出走を前に突如チームを解雇された。ドーピングの要求をするチームに対して”ノー”と言ったことによる解雇だと言われている。


『タックポジション』
それに加えて当時TTのスペシャリストとして名を馳せていたクリス・ボードマンにアワーレコードを破られると、記録に再度挑戦しようとするが、唐突にUCIがルール変更、なんと彼が考案する特殊なライディング・フォームを禁止したのである。これは明文化されなかったために、オブリーは世界選手権出走僅か1時間前にこの事実を知らされることとなった。これはプロでもない選手に、しかも廃品利用の自転車で自転車界の英雄の記録を塗り替えられ、顔に泥を塗られた形となったプロ自転車界を統括する当時のUCI会長の一存による報復だったと言われている。


『スーパーマンポジション』
そんな逆境ももろともせず今度は独特の「スーパーマンポジション」と呼ばれる「オブリー・ポジションMk.2」を考案し、見事再度アワーレコードを塗り替えてみせた。しかしこの後またしてもUCIがルールを変更し、アワーレコードにはエアロパイプを使用しないダイヤモンドフレームの使用のみを認めると決定すると共に、オブリーの過去の記録を全て抹消したのだ。結果論においてこの変更が、今も引き継がれる「UCIレースではダイヤモンドフレームしか使用できない」という基本ルールとなった事を考えれば、オブリーが自転車界に及ぼした影響の大きさがよく分かるだろう。


『名作ロータスの原型はオブリーバイク』
執拗なまでの嫌がらせとも思えるUCIの対応、またプライベートにおいてもに不遇の人生を送るがそのグレアム・オブリーが再び自転車での記録更新を目論み復活してきた。今回は人力での地上最高速度の記録更新を目指している。

そしてまたしても自転車はオリジナルで制作した自転車に、また想像だにしなかったようなライディングポジションで挑むのだ。うつ伏せに寝転がる形で、どう考えても心地よいとはいえないこのポジションで本当に記録が出せるのだろうか?そんな疑問が頭をよぎるが、オブリーは至って冷静だ。「カウルを通して自分の進む方向(前)がきちんと確認できて真っ直ぐ走ることが出来れば、記録は達成できるよ。」???!!!前が見えてまっすぐ走れれば?こんな突拍子もない答えが当たり前のようにすんなり返ってくるところもまたオブリーらしい。


『手作り感満載のこの自転車で新たな歴史を刻む』
まだ最終的な記録挑戦日時は決定していないが、この奇抜な自転車でまた表舞台で結果を残せるだろうか。この自転車もまた彼自身がスクラッチビルドした手作り自転車だ。カウルなどは地元のアートスクールの手助けを受けてはいるが、原則設計から開発に至るまで、いわゆる専門家の力は一切借りていないのだ。

またしても本領発揮の自転車界の異端児、こんどこそ歴史と、そして記録に名を刻むことが出来るだろうか。これからも彼の挑戦を追って行こうと思う。

H.Morine
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 9. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 10. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013