新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう
2012/3/29 10:51

Ride Fast on Flat

平坦で速く走るための簡単な方法


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
多くのサイクリストが、上りが苦手だという。なぜ?答えは簡単である。きついからである!しかし上り同様に、平坦でいかに速く走るか、これもサイクリストとして、特にレースに出場している皆にとっては重要なことだ。この改善ができるかどうかによって、先頭集団で走る側になるか、それとも先頭集団から脱落する立場になるかが変わってくる。

ファビアン・カンチェラーラがパリ〜ルーベで集団を置き去りにしたシーン、またはツアー・オブ・フランダースでトム・ボーネンが逃げたシーンを思い起こして欲しい。彼らはパワーを重点的に強化し、それにより平坦基調のレースで仕掛ける力をみにつけたのである。

ではどうしたらそのパワーを手に入れることができるのだろう。それは簡単な道のりではない。でもできることがある、まずはそこから始めてみよう。


『室内でも出来る!』
アウターリングトレーニング

個人的にはあまり好きではないトレーニングだ。でも勘違いしないで欲しい。決して効果がないわけではなく、その逆で効果は絶大なのだ。筋肉の総量をアップし、たくましい太ももとふくらはぎが待っている。でもこのトレーニングはきつい!

普段通りのトレーニングライドで、インナーリングを使わないで走ってみよう。状況にかかわらず、とにかくアウターリングだけで走ってみよう。時にはきつい上りが現れ、インナーリングを使いたくなるだろうが、そこは我慢である。普段よりも時間がかかるであろうし、RPM(回転数)も大幅に落ちるだろう。でもそこは忍耐あるのみである。脚を苛め抜いて頑張ってみよう!

もしあまり膝の状態が良くなければ、こっちを試してみよう。

2x30 インターバルセッション

先ずはウォームアップをしっかりしよう。そして30分間、全力でこぎ続けよう。スピードもケイデンスも落とさずひたすら漕ぎ続けるのだ。30分間維持し続けられる速度を身につけよう。そして後半の30分にも力を残しておくすべを身につけよう。インターバルは10分間のクールダウンだ。

このトレーニングもかなりきついものである。最初はもしかしたら2x20 で行うほうがいいかもしれない。この手法はプロも行うやり方である。

これらトレーニングはもちろん外でのトレニングライドで行うこともできるが、時間の節約と交通状態や天候などを考えると、室内でローラーなどでやるのも効果的だろう。

さあ、皆頑張ってパワートレーニングをやってみよう。!

by.Lee. Rogers
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ツール・ド・スイス第9ステージ:最終ステージのTTもデニスが勝利、総合優勝はスピラックが2度目の栄冠!グランツールには自分の意志で出場してこなかったと告白 2. カラーコーディネートという遊びができるハンドルバーがシックスすコンポーネントから登場!国内外のプロレースでも使用される最強ハンドルバーが9色展開に 3. ツール・ド・スイス第7&8ステージ:第7ステージの頂上ゴールを独走で制したスピラックが一気に総合首位に!混沌とした第8ステージはサガンが見事今大会2勝目、またしても余裕の勝利 4. 短期間に二人のドーピング違反者でバルディアーニCSFが1ヶ月のレース禁止、出場が決まっていたレースが白紙に 5. サイクリングウェア ブランドナビ 6. ペダリング技術の向上で実力は上がる? 7. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 8. ツール・ド・スイス第5&6ステージ:世界チャンピオン爆発!第5ステージはサガンがスプリント勝利!第6ステージはポッツォヴィーヴォが総合バトルを制し総合リーダーに! 9. クリテリウム・ド・ドーフィネ第8ステージ:大どんでん返し!フグルサングがステージ勝利でまさかの大逆転総合優勝!ポート2位で、D.マーティンも大逆転表彰台!フルーム、コンタ陥落! 10. J-Builders 日本が誇る職人達 : CYCLINGTIME.com

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013