新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2012/3/29 10:51

Ride Fast on Flat

平坦で速く走るための簡単な方法


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
多くのサイクリストが、上りが苦手だという。なぜ?答えは簡単である。きついからである!しかし上り同様に、平坦でいかに速く走るか、これもサイクリストとして、特にレースに出場している皆にとっては重要なことだ。この改善ができるかどうかによって、先頭集団で走る側になるか、それとも先頭集団から脱落する立場になるかが変わってくる。

ファビアン・カンチェラーラがパリ〜ルーベで集団を置き去りにしたシーン、またはツアー・オブ・フランダースでトム・ボーネンが逃げたシーンを思い起こして欲しい。彼らはパワーを重点的に強化し、それにより平坦基調のレースで仕掛ける力をみにつけたのである。

ではどうしたらそのパワーを手に入れることができるのだろう。それは簡単な道のりではない。でもできることがある、まずはそこから始めてみよう。


『室内でも出来る!』
アウターリングトレーニング

個人的にはあまり好きではないトレーニングだ。でも勘違いしないで欲しい。決して効果がないわけではなく、その逆で効果は絶大なのだ。筋肉の総量をアップし、たくましい太ももとふくらはぎが待っている。でもこのトレーニングはきつい!

普段通りのトレーニングライドで、インナーリングを使わないで走ってみよう。状況にかかわらず、とにかくアウターリングだけで走ってみよう。時にはきつい上りが現れ、インナーリングを使いたくなるだろうが、そこは我慢である。普段よりも時間がかかるであろうし、RPM(回転数)も大幅に落ちるだろう。でもそこは忍耐あるのみである。脚を苛め抜いて頑張ってみよう!

もしあまり膝の状態が良くなければ、こっちを試してみよう。

2x30 インターバルセッション

先ずはウォームアップをしっかりしよう。そして30分間、全力でこぎ続けよう。スピードもケイデンスも落とさずひたすら漕ぎ続けるのだ。30分間維持し続けられる速度を身につけよう。そして後半の30分にも力を残しておくすべを身につけよう。インターバルは10分間のクールダウンだ。

このトレーニングもかなりきついものである。最初はもしかしたら2x20 で行うほうがいいかもしれない。この手法はプロも行うやり方である。

これらトレーニングはもちろん外でのトレニングライドで行うこともできるが、時間の節約と交通状態や天候などを考えると、室内でローラーなどでやるのも効果的だろう。

さあ、皆頑張ってパワートレーニングをやってみよう。!

by.Lee. Rogers
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 7. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. バレットから新年のプレゼント!デザイン無料キャンペーンでメイド・イン・ジャパンのこだわりを体感せよ!さらに期間限定福袋でバレットを体感せよ! 10. 説明が求められるフルームと新体制のUCI、データ公表の遅れとともに、その扱いに対して選手や多くのチームが加盟するMPCC(自転車レース信頼回復団体)なども懸念と意見

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013