新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀! コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い
2006/1/16 11:49

混乱のオーストラリア選手権。チャンピオンは3位の選手に? マキュアンはリタイヤ

0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
世界でもっとも早い1月に開催されるナショナル選手権ロードレースがオーストラリア選手権だ。北半球の国々では通常7月の第1週に開催されることが多いが、南半球にあるオーストラリアでは夏にあたる1月に先駆けて開催される。

今年のオーストラリア選手権ロードレースはU23(23歳以下)とエリートが一緒に走るという形態で行われた。
スタートして2km地点で約60人を巻き込む大落車が発生し、バーデン・クック(ユニベットに移籍)、アラン・デーヴィス(リベルティセグロス)ら強豪が巻き込まれた。2005年度のナショナルチャンピオン、ロビー・マキュアン(ダヴィタモン・ロット)もこの影響を受け、大きく遅れた第3集団に取り残されてしまった。デーヴィスはその後2度もパンクに見舞われてリタイヤした。

その後マキュアンを含む第3集団は、周回遅れの可能性があるとして審判によって集団ごと強制失格処分になってしまった。

逃げ集団で展開したなかで、最後に抜け出して単独トップでゴールしたのはラボバンク・エスポワール(=若手で構成された二軍チーム)に所属するウイリアム・ウォーカー。2位は19歳のウェスリー・サルツバーガー(サウスオーストラリア.com)だった。しかしその2人ともがU23カテゴリーの選手だったため、エリートの優勝は3位でゴールに入ったラッセル・ヴァンホート(無所属)という扱いになった。
トップでゴールしたウォーカーと2位のサルツバーガーはともにU23の表彰台に上がり、ウォーカーがU23ナショナルチャンピオンジャージに袖を通した。そして3位でゴールしたヴァンホートがエリートのナショナルチャンピオンジャージを着ることになった。

ヴァンホートは昨シーズンにコロンビア・セッレイタリアに所属しジロ・デ・イタリアを最下位で完走した選手。しかし今期は所属チームのない状態で、契約先を探している。

エリートとU23の混走レースでU23の選手のほうが先着してしまい、3番目にゴールした選手がエリートのチャンピオンという奇妙な結果になってしまったオーストラリア選手権。オーストラリア自転車競技連盟は今回の一件を反省し、来年の大会ではそれぞれ別々にレースを走らせることを検討している。


text:Makoto AYANO
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 2. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 3. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 4. クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す 5. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 6. フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 7. アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀! 8. コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 9. コロンビア・オロ・イ・パズ:スカイのバーナルが大逆転総合優勝!クイーンステージ制したのはキンターナ弟、クイックステップ・フロアーズはここでも6ステージで4勝の荒稼ぎ 10. J-Builders 日本が誇る職人達 : CYCLINGTIME.com

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013