新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

いよいよROTORの油圧コンポUNOが2018年度はレースシーン挑戦へ!油圧軽量コンポに未来はあるのか? コラム:人はなぜ軽量化に魅せられるのか、0.1gを削ることに命をかけるという自転車の楽しみ方、乗るだけではない、ある一つの自転車の楽しみ方の形 鉄人46歳レベッリンがコンチネンタルチームで現役続行!ベルギーの新チームに加入で来シーズンも暴れまくり! 2年連続のダブルを狙う男、1年間(365日)以内に3大グランツールを狙う男、絶対王者フルームの光!それを阻止すべくジロで立ちはだかるのは昨年度王者デュムラン、ニーバリとアルーか? ロードのタイヤが太くなっていくことの意味はあるのか?現代に与えられた乗り方に合わせた多様性、あなたはどちらを選ぶ?自分自身とバイクを考えて適切なタイヤ幅選択を ジロ・デ・イタリア2018プレゼンテーション、混沌の地イスラエルスタート、「スポーツに国境はない」 はずが論議を呼び正式資料が2転3転、そしてついにフルームがジロ制覇へ向け参戦決定 ショップで買うべき?海外通販で買うべき?それぞれのメリット・デメリットとは?メーカーやショップの対応は?自分に適したスタイルでショッピングを楽しむ極意 ブラックフライデー最終週!海外の大セール期間で来年度用の機材をそろえろ!自分へのご褒美に、相方へのプレゼントに、今ならほしかった商品が安く買える大チャンス!
2006/1/16 11:49

混乱のオーストラリア選手権。チャンピオンは3位の選手に? マキュアンはリタイヤ

0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
世界でもっとも早い1月に開催されるナショナル選手権ロードレースがオーストラリア選手権だ。北半球の国々では通常7月の第1週に開催されることが多いが、南半球にあるオーストラリアでは夏にあたる1月に先駆けて開催される。

今年のオーストラリア選手権ロードレースはU23(23歳以下)とエリートが一緒に走るという形態で行われた。
スタートして2km地点で約60人を巻き込む大落車が発生し、バーデン・クック(ユニベットに移籍)、アラン・デーヴィス(リベルティセグロス)ら強豪が巻き込まれた。2005年度のナショナルチャンピオン、ロビー・マキュアン(ダヴィタモン・ロット)もこの影響を受け、大きく遅れた第3集団に取り残されてしまった。デーヴィスはその後2度もパンクに見舞われてリタイヤした。

その後マキュアンを含む第3集団は、周回遅れの可能性があるとして審判によって集団ごと強制失格処分になってしまった。

逃げ集団で展開したなかで、最後に抜け出して単独トップでゴールしたのはラボバンク・エスポワール(=若手で構成された二軍チーム)に所属するウイリアム・ウォーカー。2位は19歳のウェスリー・サルツバーガー(サウスオーストラリア.com)だった。しかしその2人ともがU23カテゴリーの選手だったため、エリートの優勝は3位でゴールに入ったラッセル・ヴァンホート(無所属)という扱いになった。
トップでゴールしたウォーカーと2位のサルツバーガーはともにU23の表彰台に上がり、ウォーカーがU23ナショナルチャンピオンジャージに袖を通した。そして3位でゴールしたヴァンホートがエリートのナショナルチャンピオンジャージを着ることになった。

ヴァンホートは昨シーズンにコロンビア・セッレイタリアに所属しジロ・デ・イタリアを最下位で完走した選手。しかし今期は所属チームのない状態で、契約先を探している。

エリートとU23の混走レースでU23の選手のほうが先着してしまい、3番目にゴールした選手がエリートのチャンピオンという奇妙な結果になってしまったオーストラリア選手権。オーストラリア自転車競技連盟は今回の一件を反省し、来年の大会ではそれぞれ別々にレースを走らせることを検討している。


text:Makoto AYANO
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. いよいよROTORの油圧コンポUNOが2018年度はレースシーン挑戦へ!油圧軽量コンポに未来はあるのか? 2. コラム:人はなぜ軽量化に魅せられるのか、0.1gを削ることに命をかけるという自転車の楽しみ方、乗るだけではない、ある一つの自転車の楽しみ方の形 3. 鉄人46歳レベッリンがコンチネンタルチームで現役続行!ベルギーの新チームに加入で来シーズンも暴れまくり! 4. 2年連続のダブルを狙う男、1年間(365日)以内に3大グランツールを狙う男、絶対王者フルームの光!それを阻止すべくジロで立ちはだかるのは昨年度王者デュムラン、ニーバリとアルーか? 5. ロードのタイヤが太くなっていくことの意味はあるのか?現代に与えられた乗り方に合わせた多様性、あなたはどちらを選ぶ?自分自身とバイクを考えて適切なタイヤ幅選択を 6. ジロ・デ・イタリア2018プレゼンテーション、混沌の地イスラエルスタート、「スポーツに国境はない」 はずが論議を呼び正式資料が2転3転、そしてついにフルームがジロ制覇へ向け参戦決定 7. ショップで買うべき?海外通販で買うべき?それぞれのメリット・デメリットとは?メーカーやショップの対応は?自分に適したスタイルでショッピングを楽しむ極意 8. ブラックフライデー最終週!海外の大セール期間で来年度用の機材をそろえろ!自分へのご褒美に、相方へのプレゼントに、今ならほしかった商品が安く買える大チャンス! 9. 冬の必需品、バレットのパッカブルに新デザイン登場!肌寒い時にもう一枚、簡単に羽織れ小さく畳める便利なウィンドブレーカーの決定版! 10. コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013