新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2011/8/22 17:00

ジルベールがBMC移籍!スーパーチーム誕生へ


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
2011年度クラシカ・サンセバスティアンを制したフィリップ・ジルベール(ベルギー、オメガファーマ・ロット)
『2011年度クラシカ・サンセバスティアンを制したフィリップ・ジルベール(ベルギー、オメガファーマ・ロット)』
総合2位のフィリップ・ジルベール(ベルギー、オメガファーマ・ロット)
『総合2位のフィリップ・ジルベール(ベルギー、オメガファーマ・ロット)』
アタックを決めたカデル・エヴァンス(オーストラリア、サイレンス・ロット)とフィリップ・ジルベール(ベルギー、サイレンス・ロット)
『アタックを決めたカデル・エヴァンス(オーストラリア、サイレンス・ロット)とフィリップ・ジルベール(ベルギー、サイレンス・ロット)』
レオパード・トレックは2011年のプロツアーで最も輝きのあるスター達が多いチームかもしれない。しかし2012年から新しいスーパーチームが誕生して他を圧倒することになるだろう。BMCレーシングはすでにトル・フースホフト(ノルウェー)とカデル・エヴァンス(オーストラリア)という2人の元世界選チャンピオンと来年の契約を結んでいるが、ここにきてさらに1人、ロードレース界で最も底知れぬ実力を持つ選手、フィリップ・ジルベール(ベルギー)と契約を結んだ。

29歳のジルベールは今絶頂期を迎えており、今年シーズンは現段階でも信じられないほど素晴らしい闘いぶりを見せている。4月のアルデンヌ・クラシックスではハットトリックを決め、ツール・ド・フランス第1ステージ優勝後にマイヨジョーヌを獲得、クラシカ・サン・セバスティアンでもライバルたちを引き離して優勝し、エネコ・ツアーではエドヴァルド・ボアッソンに次いで2位。

これから開幕する世界選手権、その後彼の得意のジロ・ディ・ロンバルディアと、彼のシーズンはまだ終わっていない。今後表彰台に上がる彼の姿をまた見ることができるかもしれない。

BMCがフースホフトとジルベールとの契約を決めた背景には、チームオーナーのジム・オチョヴィッツ氏の多大な努力があったことだろう。自分たちがエースにはならないかもしれないチームで闘うことの2人の懸念をどのようにしてオチョヴィッツ氏がおさめたのかは定かではないが、2人は非常に気合いの入った志高い選手達であるから、契約金の面だけではない理由で彼らが移籍を決意したのは明らかだ。

ジルベールと2014年末までの契約を結んだオチョヴィッツ氏は「彼(ジルベール)はクラシックレースおよびその他のレースでもシーズンを通してわれわれのリーダーの1人として活躍してくれることだろう。彼のパワーと不屈の精神はカデルのツール・ド・フランスタイトル防衛への大きな支えとなってくれると思っている。また、経験豊富な彼は、タイラー・フィニーフレフ・ヴァンアフェルマートといったクラシックレースのスキルを磨いている途中にある若手選手達の指導者的立場となるだろう」とジルベールに大きな期待を寄せる。

ジルベール自身は、BMCを選んだ理由の1つとして将来のチームメイトとなる選手数名をよく知りたかったためと語っている。彼がサイレンス・ロットチーム時代カデル・エヴァンスとチームメイトだったのはよく知られている。

「BMCは初めから僕に興味を持ってくれていた」とジルベール。「それに加えて、僕はBMCのことをよく知っている。非常によく運営されており、プロフェッショナルでしっかりとした集団だ。僕の目標は明確だよ。ワンデークラシックに出場し、それからツールで学び、カデルをアシストする。来年はリエージュでスタートするんだ。自宅の近くなんだよ。だからステージ優勝を試みてからカデルのツール優勝を手伝いたい」

エヴァンス、フースホフト、そして今回契約を決めたジルベールのトリオが果たしてどのくらいうまく一緒にやっていけるのかとのメディアの声も。しかし、エヴァンスはパワフルな選手がチームに加わったとジルベールを歓迎している。

「かつてのチームメイトとまた一緒になれることを嬉しくおもっているよ」とエヴァンス。「今までも友達でいたけれど、今度はまたチームメイト同士になったのは素晴らしいね。アルデンヌでは僕はアシストに回るんじゃないかと思っているけれど、それも楽しみだし喜びとなるだろう」

フースホフトについては、エヴァンスがツール・ド・フランスでチーム内にスプリンターがいるのは不本意だと感じているようだと先に報道されたが、その内容は誤解であると先日エヴァンスはコメントした。

「トルは、いわゆる(従来のリードアウトトレインを必要とするような)スプリンターではないんだ。彼の今年のツールでの成績がそれを示しているだろう。彼はスプリントできる、そう、世界選手権では集団スプリントで勝った。でも、僕は彼を純粋なスプリンターとしては分類していないよ。だからあの報道は本当に筋違いだ。そういうことで、僕にとってはトル・フースホフトがチームに入るというのは素晴らしいことだと思っている。僕たちは一緒にツールに出るよ。僕たちは明確な目標を持ってツールに出場する、この目標は誰の目にも明らかなものだと思う。そして今年2011年に出した結果をもう一度出す。すべてはそれに沿って進んでいるものだ」

フースホフトの加入によって、それほど不安というわけではないものの若干動揺しているのが、ワンデーライダーとして非常に将来有望な26歳のフレフ・ヴァンアフェルマートだ。

「ちょっと弱気になっているね、それは否定しないよ」とコメントしているヴァンアフェルマート。彼の懸念は、より勝つ可能性の高いジルベールのために自身の士気を抑えなくてはならなくなるかもしれないという点だ。チーム内の調和をはかるのはこれから若干難しくなるかもしれない。だが、来シーズンのBMCはパワーみなぎるチームとなるだろう。

text:Lee Rodgers
translation:Reiko Kato
photo: (c)Tim De Waele
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ピックアップライダー

フィリップ・ジルベール
Philippe Gilbert
フィリップ・ジルベール
国籍
ベルギー
生年月日
1982.7.5
所属チーム
オメガファーマ・ロット
身長
179cm   
体重
72kg
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 7. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. バレットから新年のプレゼント!デザイン無料キャンペーンでメイド・イン・ジャパンのこだわりを体感せよ!さらに期間限定福袋でバレットを体感せよ! 10. 説明が求められるフルームと新体制のUCI、データ公表の遅れとともに、その扱いに対して選手や多くのチームが加盟するMPCC(自転車レース信頼回復団体)なども懸念と意見

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013