新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

2011/6/21 15:00

CYCLINGTIME.com Enduro in 播磨中央公園 主催者&参加者インタビュー

一般ライダーもフルコース走行できるこのイベントの魅力を2人に直撃!


このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
7月9日に兵庫県の播磨中央公園で行われるロードエンデューロが開催1ヶ月を切った。一般ライダーでもフルコースを走る事の出来る数少ないレースということで注目を集めているこのイベントの魅力を、主催者である小野氏と龍野マウンテンバイク協会のイベントに数多く参加されている金屋氏に聞いてみた。

小野良太氏 インタビュー

『龍野マウンテンバイク協会 小野良太代表』
今回のイベントの説明をお願いします。

実業団のレースなど、普段はプロライダーしか走ることのできない播磨中央公園のフルコースを走れる大会です。通常自転車では走ることの出来ないコースをこの日ばかりは全力で駆け巡ることができます!

イベントのテーマを教えて下さい。

ソロでがっつり走るも良し、チームでワイワイ楽しく走るも良し。特にエンデューロレースはロードバイク初心者でも十分に楽しんでいただくことができると思います。

どの位のレベルの方が楽しめますか?

コース幅もあり、クラスも1時間ソロを設けていますので、まだ体力やレースに自信のない方でも気軽に参加出来る大会です。ただ暑い時期ですし、コースはアップダウンもあるので、日頃の練習は必須ですよ!

他のイベントには無い特徴を教えて下さい。

非常にシンプル!純粋にレースを楽しむイベントを目標にしています。

コースの説明をお願いします。

播磨中央公園7.8kmフルコースです。実業団加東ロードと同じコースですが、普段は自転車で走ることの出来ないコースですので、非常に貴重な体験となるはずです!

コースの攻略にはどのような準備が必要ですか?

暑い時期なので水分補給を忘れずにお願いします。長い登り坂は少ないですが、コーナーが多いのでグリップの良いタイヤを選択して下さいね。

主催者が考える楽しみ方のポイントとは?

タイアップしたイベントや音響などはないので、純粋に自転車レースを楽しんでもらいたいです。

最後に、龍野マウンテンバイク協会の説明をお願いします。

MTB・ロードを問わず、自転車レース開催をメインの活動にしています。もっとレースイベントを増やして、自転車スポーツの普及をしていきたいと思っています!
金屋元三氏 インタビュー

『所属する三菱電機Zeroの仲間たちと』
龍野マウンテンバイク協会の大会には何回目の参加ですか?

よく覚えてませんが・・・25回目ぐらいでしょうか。

今回のエンデューロレースの参加種目はなんですか?

3時間耐久ソロです!人数にもよりますが、10位以内を目指してがんばります。

このイベントの楽しみな所は?

今までの播中でレースは、3kmの上りと下りだけのコースだったので、フルコースはどんな展開のレースになるのかが楽しみです。

レースへの意気込みをお願いします。

最後まで、トップ集団で走りきれるように頑張りたいと思います!

※CYCLINGTIME.com Enduro in 播磨中央公園の応募締め切りは6月24日となっております。参加ご希望の方はコチラをご覧頂き、お早めにご応募ください。

text:CYCLINGTIME.com
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20141009(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 「近い将来白人はツールの表彰台から姿を消すかもしれない」ベルナール・イノーが語るアフリカ勢や中国の台頭、しかし日本は評価されず、理由はハングリー精神の無さ、奮起に期待! 2. 地に堕ちた英雄、「もし1995年に戻れても、僕はドーピングをする」「時期とタイミングが悪かっただけ」口を開くほどに自らを貶めるアームストロング、飲酒事故も彼女が身代わりと問題行動続く 3. カベンディッシュを真っ向勝負で破ったコロンビア人スプリンター、新オムニウム世界チャンピオンのガヴェリアがエティックス・クイックステップと2年契約へ!カヴとまさかのチームメイトに! 4. ツアー・オブ・オマーン第5ステージ:キャンセル、第6ステージ:総合優勝はヴァルス!前日のキャンセルが味方して想定外の総合優勝!ステージは元アワーレコードホールダーのブランドル 5. アンダルシア頂上決戦!ブエルタ・ア・アンダルシア第3、第4ステージでコンタドールとフルームが大激突!結果は一勝一敗!だがフルームが2秒差で総合優勝を獲得! 6. 何故今ごろ?UCIがアスタナのワールドツアーライセンス無効を要求へ、ライセンス委員会がライセンス無効かを最終判断へ、ニーバリはチームへの不信感を露わに 7. サイクリングウェア ブランドナビ 8. 「引き際の美学」二人の男が見据える引退の花道、2016年度で引退、若手育成に専念することを口にするコンタドール、モチベーションに苦悩し原点回帰するカンチェラーラ 9. K&M CYCLE:”かっこいい”がモットーの小粋なお店、誰にでもオープンで気さくな店長 、隠れ家にしたい秘密基地的な専門店 10. ロックバイクスの新型ロケット降臨!軽量エアロアルミフレームが世界を変える!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013