新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位
2011/4/23 14:00

リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ2011

シュレク兄弟「ジルベールを倒せる」とリエージュを力強く語る


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
『アムステル・ゴールドレースでは果敢にアタックを仕掛けたアンディ・シュレク(ルクセンブルク、レオパード・トレック)』
アンディとフランクのシュレク兄弟(ルクセンブルク、レオパード・トレック)は、アムステル・ゴールドレース、フレーシュ・ワロンヌを連覇し、アルデンヌ3連戦3連勝をもくろむフィリップ・ジルベール(ベルギー、オメガファーマ・ロット)を阻止しようと狙っている。

ベルギーの新聞社Het Laaste Nieuesに語ったところによると、シュレク兄弟はリエージュ〜バストーニュ〜リエージュのコースが先の2レースとは様相が異なること、そしてジルベールが激戦をこなしてきた事でおそらくかなり疲労しているであろう事から、自分たちにも大きなチャンスがあると考えている。

「リエージュ〜バストーニュ〜リエージュはフレーシュ・ワロンヌとはまったく違うんだよ。」そうフランクは言う。「まだ戦略を立てるのに時間はあるし、チームとして彼を包囲する事ができるさ。」

弟のアンディは、アムステル・ゴールドレースで勇猛果敢に仕掛けたが、勝つことができなかった。しかしアンスでの雪辱を誓っている。

2年前にこのレースを制し、今年は新生レオパード・トレックの一員としてアルデンヌ・クラシック3連戦に兄のフランクとともに挑んだが、二人とも戦前の期待に副うような結果を残す事が出来なかった。しかしアンディは今回のレースで何かを変えることが出来ると考えている。

「ユイの壁では、明らかにジルベールが最強だった。ただ今回はそうはさせないよ。」そうアンディは語った。「全ては僕達の仕事次第さ。」

「リエージュ〜バストーニュ〜リエージュはフレーシュ・ワロンヌより60kmは長いし、丘々はより難しいよ。水曜(フレーシュ・ワロンヌ)は丘々ではまったく勝負さえ出来なかった。スタートから4kmで起きた集団の分断によって、全ての予定が狂ってしまったんだよ。」

フランクは弟の言葉にこうつけ加えた。「リエージュ〜バストーニュ〜リエージュはまったく違う展開になるよ。これがこの3連戦の面白いところなんだ。それぞれまったく異なるタイプのレースで、それぞれまったく違った戦略を立て挑む事が出来るんだよ。」

text:Les Clarke
translation:Hiromu Morine
photo:(c)Tim De Waele
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 2. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 3. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 4. フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 5. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 6. クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す 7. コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 8. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013