新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 ジロ・デ・イタリア第13ステージ選手コメント:「 ガヴィリアが頭の回転が速いからなんだよ。だからあんなややこしい中でもきっちりとゴールまでの進路を思い描けるんだよ」〜リケーゼ ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! ジロ・デ・イタリア第13ステージ:スプリントステージを制したのはまたしてもがヴィリア!ステージ連勝で今大会早くも4勝目!冴えるリケーゼのアシストワーク!ベネットまた勝てず ジロ・デ・イタリア第12ステージコメント:「誰かステージスタートの会場まで乗せてくれない?チームバスは僕を置いていくことを決めて行ってしまったよ(笑)。」〜ゲシュケ ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージ:勝利がなかったキャノンデール・ドラパックにようやく美酒の味、タランスキーが山岳ステージ勝利で総合でもジャンプアップ!
2011/2/24 12:00

ホイールで差をつけろ!

『走り』も『見た目』も一線を画すSRAMホイール


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

『多くのプロツアーチームがSRAMを選んでいる』
スラムといえば、今年はプロツアーチームへの機材供給シェアがトップに立つかという勢いで、2011年はアージェードゥーゼル、ガーミン・サーヴェロ、カチューシャ、リクイガス・キャノンデール、アスタナ、サクソバンク・サンガード、レディオシャック、ヴァカンソレイユと8チームのコンポがスラムレッドになりました。軽く、さらに変速も速いコンポーネントはスラムの技術の高さを物語っています。

そんなスラムが満を持してホイールをリリースしました。特徴はなんと言ってもホイールのバラエティーです。20mmから80mmのハイトの4種類がラインナップされており、用途別に選べます。

S60を実際に使用してみると、その剛性の高さに驚かされます。ディープリムなので、高速走行時のスピードはもちろん簡単に維持することができます。さらに、もがいてみると力がそのまま推進力に変わるかのように加速していくので、ゴール前ではかなりのアドバンテージになるでしょう。

お勧めなのはやはりS60、S80のディープリム系でしょう。クリンチャーなので重さは感じますが、一旦転がってしまうとずっと回り続ける錯覚を覚えます。チューブラーと比べビギナーも扱いやすいのが特徴です。

これからの時期だとエンデューロレースが増えてくるため、比較的平坦な長い距離を走り続けるレースにお勧めです。体力も温存でき、スプリント時には最大限の力を発揮させてくれます。普段のトレーニングにも使えるので、他と差をつけたいライダーにはうってつけです。そして、スラムらしい色使いで目立つところがGOODですね!

SRAM S60 CLINCHER REAR
定価:94,500円→CTストアー価格:85,050円(10%OFF)


SRAM S60 CLINCHER FRONT
定価:75,600円→CTストアー価格:68,040円(10%OFF)


SRAM S80 CLINCHER REAR
定価:103,950円→CTストアー価格:93,555円(10%OFF)


SRAM S80 CLINCHER FRONT
定価:85,050円→CTストアー価格:76,540円(10%OFF)



text:Shusaku Matsuo
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. ジロ・デ・イタリア第14ステージ:デュムランが会心の一撃でライバルたちを粉砕!キンターナやニーバリもその餌食に!マイペースで粘った末に攻撃、これがデュムランスタイル 2. ジロ・デ・イタリア第16ステージ選手コメント:「ライバルのアクシデントでタイムが稼げても嬉しくないよ」〜デュムラン、 「ただ今年のジロが極めてレベルが高いってことだよ」〜ニーバリ 3. ジロ・デ・イタリア第15ステージ:クラッシックレースさながらのステージは総合勢による少数スプリントに!制したのはユンゲルス!クイックステップはチーム5勝目!キンターナ2位、ピノー3位 4. ジロ・デ・イタリア第13ステージ選手コメント:「 ガヴィリアが頭の回転が速いからなんだよ。だからあんなややこしい中でもきっちりとゴールまでの進路を思い描けるんだよ」〜リケーゼ 5. ツアー・オブ・カリフォルニア第6ステージ:TTで総合勢シャッフル!ベネットが総合リーダーに!ステージ優勝はジョナサン・ディベンが想定外の勝利! 6. ジロ・デ・イタリア第13ステージ:スプリントステージを制したのはまたしてもがヴィリア!ステージ連勝で今大会早くも4勝目!冴えるリケーゼのアシストワーク!ベネットまた勝てず 7. ジロ・デ・イタリア第12ステージコメント:「誰かステージスタートの会場まで乗せてくれない?チームバスは僕を置いていくことを決めて行ってしまったよ(笑)。」〜ゲシュケ 8. ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージ:勝利がなかったキャノンデール・ドラパックにようやく美酒の味、タランスキーが山岳ステージ勝利で総合でもジャンプアップ! 9. ジロ・デ・イタリア第14ステージ選手コメント:「今日はデュムランのクライマーとしての資質を感じたよ。今日のところは僕の完敗だったよ。」〜キンターナ 10. ツアー・オブ・カリフォルニア第4ステージ:下克上達成!コンチネンタルチームのラリーレーシングがワールドツアーチーム相手に逃げ切りからのスプリントでワン・ツーフィニッシュの快挙!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013