新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

とある男の挑戦、日本最速縦断記録更新を狙う元番組プロデューサーが今日北海道をスタート!人生の選択でチャレンジャーとなることを選択した男は果たして記録を更新できるのか? アルーとD.マーティンがUAEチームエミレーツに移籍!ブエルタで躍動した遅咲きの元陸上選手ウッズはキャノンデールの新チームに残留決定 ツアー・オブ・ターキーで3連勝を含め6ステージ4勝!サム・ベネットが来シーズンへ向け大きなステップ!最強スプリンター争いに名乗りを上げる! アンチ・ドーピング団体関係者が語る、メカニカルドーピングがなぜ今起きているのか、技術革新に伴い増加するメカニカルドーピングへの対策は? カジュアルでおしゃれなVALETTEのウェアに新たにポケスエットが登場!サイクリストの象徴でもあるバックポケットがついったスエットでこれからの季節を満喫しよう! 「ウィギンスの記録や破れない記録ではない」トラック競技のスペシャリスト、ビュークボームが来年8月にアワーレコードへの挑戦を表明!ウィギンスの絶対と思われた記録は破られるのか? 「レースでのパワーメーター使用を中止すべき」コンタドールがレース中の使用がレースをつまらなくさせていると指摘、パワーメーターは果たしてレースにほんとうに必要か? サイクリングウェア ブランドナビ
2011/1/19 18:00

キネティックRock & Roll インプレッション

ダンシングで実感できる驚異の固定ローラーが日本初上陸!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
ここ数ヶ月の間に、私の所に届いた製品の中で本当に興奮したものが一つある。それは、キネティックRock&Roll固定ローラーである。今まで、雑誌の広告、ショップ、トレードショーで見たことがあり、とても興味深く、好奇心をそそられていた。

メーカーがYouTubeにアップロードしたビデオを見れば、実走する感覚と非常に近いことが分かる。革新的な構造のおかげで、乗り手の体の動きは、実際の走りでの動きを完璧に再現している。それは、特にダンシングをした時そのように見えた。



それは、ギミックでは?ついに、それを試してみる機会が来た。

重量は19kg、巾が121cmある。これを家に運び込むのが最初のトレーニングになりそうだ。早い話が、これはどの固定ローラーよりも巨大である。

セットアップ

現在手に入る多くの固定ローラーと違って、キネティックRock&Rollは自分で組み立てなければならない。箱から数個の部品を取り出す。実際、私は技術指向の人間ではないし、物を組み立てることに関しては、まったくの能無しであるが、落ち着く為にコーヒーを一杯飲んだ後、組み立てにかかると、非常に分かり易い説明書のおかげで、組み立ては5分で終了した。組み立てていく中で、システムの働きが理解出来、この設計にどれだけの優れた技術的知識が詰め込まれたかを確認することが出来た。チューブや溶接は本当にしっかりしていて、頑丈な作りである。

これから、私がやろうとしているトレーニングメニューを考えると、心強い限りであった。サドルから立ちあがってトレーニングするには、固定ローラーに安定感がなければならないからである。

20%勾配のトレーニングを自宅で

片足をペダルに乗せて、自転車をまたぐ為に体重をペダルにかけた瞬間に、この固定ローラーは、他の固定ローラーと異なることが分かる。自転車は、実際自分の方に傾いて来る。説明しにくいが、バイクは実際何度か傾くのに、トレーナーは121cmの巾があるため、非常に安定していて心強いのである。

ペダルをこぎだして1分もたたないうちに、良いペースで踏み始めた。負荷ユニットの滑らかさは最高で、自然なペダリングが可能である。少し速く回してみた後、立ち上がった。


他の固定ローラーで立ち上がると、バイクが今にも壊れるか、緩むかして、窓を突き破って放り出されるのではないかと不安で、楽しんだことはなかったが、キネティックRock&Rollでは、最初は少し緊張したが、すぐにまったく不安なことはないと分かった。ギアを一段あげて体重をかけ、ダンシングし、まさしく足元でRock&Rollさせていった。数秒で私は、思わず笑ってしまっていた。固定ローラーでこのように感じたことはなかったからだ。

高速でのスプリントや、低いギアで20%の登りを再現すべく踏みまくるなど、思いのままにバイクを文字通り振り回すことができ、Rock&Rollは、そのような扱いを上手にこなしてくれる。それは、まったく驚くべき事であった。

驚くべき静粛性

さらに驚いたのはその静かさだ。あまりにも静かなのでアパートの隣人達のことはまったく念頭に浮かばないまま、1時間ほどスタンディングやシッティングでスプリントや登りのトレーニングを思いっきり行ってしまった。乗車感は一級品である。負荷は低速では小さく、15km/h以上になると素早く増加してくるので、インターバルトレーニングには非常に良いし、滑らかさは一定の長いトレーニングにも最適である。

リアホイールはペダルストロークの衝撃を和らげるエラストマーで床上に支えられるため、他のどの固定ローラーよりもはるかに快適である。これは、キネティック独自の技術である。また、キネティックの回転式のライザーの使用を強く推奨する。これは、前輪の自然な動きを可能とするので、Rock&Rollの実走感をより高めることができる。

キネティックは、彼らの液体負荷ユニットについて多くを語っている。多くの液体負荷ユニットは熱くなりすぎるか、壊れるかで、軸が液体室に入り込むところから液体が漏れて駄目になる傾向がある。キネティックの液体負荷ユニットは66,000kmのテスト後でも問題なかったのに対し、競合機種は数時間で壊れたという。キネティックは、賢くも負荷ユニットを2つの構成に分離し、液体室と軸がフライホイールと独立した構造とすることで問題を解決しているのだ。


Rock&Rollでのトレーニングをとても楽しいものとしたもう一つの物は、わずかの追加コストで手に入るキネティックのワットを計測するコンピューターである。Rock&Rollは、手間をかけてワット計測装置を使って校正されているので、彼らのワットメーターは、SRMのパワーメーターなどに比べれば絶対値は正確ではないかもしれないが、測定値は安定しているので、トレーニングの成果を判断することは出来るのである。

私は、Rock&Rollをオプション部品の12lbのプロ・フライホイールの有無で使ってみた。12lbのプロ・フライホイールは長い、ゆっくりした加速には有利に働き、実走感が増すが、スタンダードのフライホイールでも、非常に実走感は有るのも事実である。インターバルトレーニングには、12lbのフライホイールはお勧め出来ないが、長い一定速度でのトレーニングには向いている。

ダンシング可能な驚異の固定ローラー

キネティックRock&Rollは、今までで最長のレビューを書きたくなった。今まで試した中で、ベストといえる固定ローラーだ。音量を通常のまま、テレビを見ることができ、ご近所に迷惑を掛けることもない。負荷を変更出来る負荷ユニット(別売)は、非常にうまく調整されているので、スプリントも簡単にこなすことが出来、スタンディングでの感覚は驚異的である。他の固定ローラーでは使うことが出来ない筋肉を使うことが出来るのは、言うまでもない。

CYCLINGTIME.com Storeお台場店 鈴木店長によるレビュームービー


キネティックRock & Rollは現在サイクリングタイムストアで販売予約中です!日本初上陸のキネティック、あなたの足でこの驚きを体感してください!

【入荷しました!!】
購入はこちらから


text:Lee Rodgers
translation:Yasuyuki Tsurumi
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. とある男の挑戦、日本最速縦断記録更新を狙う元番組プロデューサーが今日北海道をスタート!人生の選択でチャレンジャーとなることを選択した男は果たして記録を更新できるのか? 2. アルーとD.マーティンがUAEチームエミレーツに移籍!ブエルタで躍動した遅咲きの元陸上選手ウッズはキャノンデールの新チームに残留決定 3. ツアー・オブ・ターキーで3連勝を含め6ステージ4勝!サム・ベネットが来シーズンへ向け大きなステップ!最強スプリンター争いに名乗りを上げる! 4. アンチ・ドーピング団体関係者が語る、メカニカルドーピングがなぜ今起きているのか、技術革新に伴い増加するメカニカルドーピングへの対策は? 5. カジュアルでおしゃれなVALETTEのウェアに新たにポケスエットが登場!サイクリストの象徴でもあるバックポケットがついったスエットでこれからの季節を満喫しよう! 6. 「ウィギンスの記録や破れない記録ではない」トラック競技のスペシャリスト、ビュークボームが来年8月にアワーレコードへの挑戦を表明!ウィギンスの絶対と思われた記録は破られるのか? 7. 「レースでのパワーメーター使用を中止すべき」コンタドールがレース中の使用がレースをつまらなくさせていると指摘、パワーメーターは果たしてレースにほんとうに必要か? 8. サイクリングウェア ブランドナビ 9. VALETTEが大好評のポケTにカジュアルな無地タイプを追加!いつでもどこでも心地よい肌触りのポケTでさり気なく粋な大人のサイクリストアピール! 10. イル・ロンバルディア:今シーズングランツール無冠の男が意地の走り!独走勝利で2度めの落ち葉のクラシック制覇!アラフィリップが追走集団から飛び出し2位、お騒がせ中のモスコンが3位

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013