新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位
2010/10/3 16:55

ロード世界選手権2010 エリート男子ロードレース 速報

フースホフトが念願のアルカンシェルを獲得!新城は9位に入る快挙


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
2010年10月3日、ロード世界選手権2010エリート男子ロードレースが行われ、抜群のスプリント力でゴールスプリントを制したトル・フースホフト(ノルウェー)が自身初の世界チャンピオンに輝いた。また、最後まで先頭集団に残った新城幸也が9位でゴールし、日本人で過去最高位を記録した。


レースはスタート直後にディエゴ・アレハンドロタマヨ(コロンビア)、マシュー・ブラメイアー(アイルランド)、オレクサンドル・クヴァチョク(ウクライナ)、ジャクソン・ロドリゲス(ベネズエラ)、エサド・ハサノヴィッチ(セルビア)の逃げが決まる。

メイン集団は主にイタリアとベルギーがコントロール。ジロで総合優勝したヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア)は積極的にアタックを仕掛けた。イタリアチームのエース、フィリッポ・ポッツァートは優勝候補の1人であるフィリップ・ジルベール(ベルギー)を終始ピッタリとマーク。ジルベールは何度かアタックし逃げを試みるが最後に吸収されてしまう。

勝負はゴールスプリントに持ち込まれ、サイドからスッと伸びてきたトル・フースホフト(ノルウェー)がそのまま勢い良くゴールラインを切り、見事世界チャンピオンの座についた。

そして新城幸也(日本)がトップ10に入るという快挙を成し遂げた。ゴール前のスプリントまで千切れることなく食らいつき、タイム差無しの9位でゴールラインを切った。また、レース終盤まで新城とともに逃げた別府史之も2分11秒遅れでゴール、土井雪広も14分近く遅れたもののしっかりと完走を果たしている。

世界選手権エリート男子ロードレース 結果
1位 トル・フースホフト(ノルウェー)        6h21'49"
2位 マッティ・ブレシェル(デンマーク)
3位 アラン・デーヴィス(オーストラリア)
4位 フィリッポ・ポッツァート(イタリア)
5位 フレフ・ヴァンアフェルマート(ベルギー)
6位 オスカル・フレイレ(スペイン)
7位 アレクサンドル・コロブネフ(ロシア)
8位 アッサン・バザイエフ(カザフスタン)
9位 新城幸也(日本)
10位 ロメン・フェイユ(フランス)
30位 別府史之 (日本)                +2'11"
72位 土井雪広(日本)                  +13'53"

詳しいレース展開はこちら:TEXT LIVE!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 2. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 3. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 4. フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 5. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 6. クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す 7. コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 8. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013