新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位
2010/2/13 15:28

チームバイク紹介

プロチームバイク2010 in ダウンアンダー vol.4


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
オーストラリアで行われたツアー・ダウンアンダーでシーズンが正式に開幕し、各チームのバイクが勢揃いした。サイクリングタイムでは2010年にプロの集団内で使用される各チームバイクを考察する。

レディオシャック:トレック マドン6
トレックとランス・アームストロング(アメリカ)は、レディオシャックでもパートナーシップを継続する。チームはトレック・マドンにスラム・レッドのコンポーネントを装備して乗る。ボントレガーがホイール、ステム、ハンドルバー、シートポストを供給。2010年はユッチンソンのタイヤとルックのペダルを使用する。レディオシャックの自転車の最も目立つ特徴は、複雑なカラーリングである。レディオシャックのチームバイクのカラーリングは、複数のレディオシャックのロゴと、右側のシートステイにアームストロングのリブストロング基金を支援する黄色の細い帯があるのが特徴である。
トレック マドン6
『トレック マドン6』 photo:Yuzuru Sunada
 

ラボバンク:ジャイアント TCRアドバンストSL
昨年から変更はなく、ラボバンクはジャイアントTCRアドバンストSLの自転車にシマノ・デュラエースのフルコンポーネントとホイールを装備してレースに臨む。再びPROがハンドルバーとステムを供給。サドルはセライタリア、タイヤはヴィットリア。
ジャイアント TCRアドバンストSL
『ジャイアント TCRアドバンストSL』 photo:Yuzuru Sunada
 

サクソバンク:スペシャライズド SL3
サクソバンクのチームバイクは、スペシャライズドのSL3フレームを中心に組み立てられ、スペシャライズドFACTカーボンクランクと一体となったスラム・レッドのドライブトレインを装備する。チームは引き続きジップのホイールを使用し、スペシャライズドのタイヤを履く。FSAがシートポストとハンドルバーを供給し、スペシャライズドが自社製のステムとサドルを使用する。スピードプレイのペダルも継続。
スペシャライズド SL3
『スペシャライズド SL3』 photo:Yuzuru Sunada
 

チームスカイ:ピナレロ ドグマ60.1
イギリスの新プロツアーチーム、チームスカイはピナレロ・ドグマ60.1フレームに乗って2010年に乗り込んでくる。チームはシマノの電動Di2またはデュラエースのフルコンポーネントにSRMパワーメーターを接続し、レースに臨む。さらに、デュラエースのホイールとヴィットリアのタイヤで走る。デダがハンドルバーとステムを供給し、ピナレロの自社ブランドMOSTがシートポストを提供する。サドルはプロロゴ。
ピナレロ ドグマ60.1
『ピナレロ ドグマ60.1』 photo:Yuzuru Sunada
 

text:Simon Reid
translation:Tatsuya Mitsuishi
photo:Yuzuru Sunada
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 揺らぐチームスカイ、”もう一人のエース”ゲラント・トーマスが移籍を示唆、問われているのはスキャンダル続きのチームスカイの倫理観 2. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第5ステージ:オマーンでアスタナ躍動!アオガーベではクウィアトコウスキーが逆転で、デル・ソルがウェレンスが踏ん張り総合優勝 3. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第4ステージ:クラシックライダーのウェレンスがステージ優勝と総合リーダーに、グローネウェーゲンもステージ勝利 4. フロントシングルで挑むアクアブルースポーツ、平坦から山岳まで早くも結果を出す!多段化へ一石を投じることになるか?ギア比の効率を考えれば11速でも戦えることを実証 5. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第3ステージ:デル・ソルではモドロが正真正銘の勝利、アルガーベでトーマスはTTで圧倒的存在感 6. クラシック前のステージレースが続々と開幕!ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第1ステージ:やらかした!モドロが早すぎるガッツポーズで勝利逃す 7. コラム:果たしてハイエンドコンポーネントはレースで絶対なのか?プロレース現場とアマチュアの違い 8. ツアー・オブ・オマーン、ヴォルタ・アオ・アルガーベ、ルタ・デル・ソル第2ステージ:ハースがオマーンでステージ優勝!チームスカイはアルガーベとデル・ソルでステージ勝利と総合首位 9. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感! 10. アジア選手権:山本大喜がU-23 ロードで金メダル獲得、別府文之はエリートロードで銀メダル!男子ジュニアロードは日野泰静が金、女子ジュニアは岩元杏奈が銀!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013