新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

2010/2/1 18:33

今年のペダルはこれ?!

人気急上昇中のスピードプレイをインプレッション!


Check このエントリーをはてなブックマークに追加
『ZEROチタニウム (ホワイト)』
『ZERO用クリート 複数のパートに分かれており、シューズのソールに合わせるためのシムも付属』
『マイクロアジャスタブルフルート このネジの締め具合で装着中の可動範囲を調整する』
『クリートカバー COFFEE SHOP CAPS』
ハイパフォーマンス、ハイテクノロジーペダルとして人気爆発中のSPEEDPLAY。ここ最近SPEEDPLAYの使用ライダーが急増している。今回は、実際に1ヶ月間使用してみてのインプレッションを交えて紹介する。

プロライダーのために生み出されたペダルが「ZERO」である。他メーカーとは脱着の仕組みなど、ビンディングペダルとしての考え方が大きく異なる。スピードプレイには可動範囲を0~15度まで自由に調整できる「ZERO」シリーズと可動範囲15度固定の「LIGHT ACTION」シリーズがラインナップされている。

膝への負担を軽減する構造
多くのビンディングペダルはスキーのビンディングシステムからの流用であるため、ものすごくシンプルな構造をしている。そのため、クリートの位置や可動範囲のセッティングは大きく制限されてしまっている。クリートの可動範囲や位置がうまく合わない場合、常に膝がねじれたような状態でペダリングをすることになる。関節が柔らかい人ほど故障はしにくいが、人体の構造から考えれば故障や怪我の原因となってしまう。

通常のクリートの構造とは異なり、スピードプレイではクリートが3つのパートから構成されている。1つめではクリートの前後位置を決め、ペダルに装着した際にペダルと接地するパートとなっている。2つめの黄色いパートではマイクロアジャスタブルフルートと呼ばれる調整機構があり、ペダルに装着した際の足首のふり幅(可動範囲)調整を担っている。3つめの金属プレートのパートではQファクター(左右の位置)を調整することができる。

※ライトアクションでは2つめのパートのマイクロアジャスタブルフルートが省略され、可動範囲は15度で固定となっている。

それらが合わさることで1つのクリートとして構成されており、クリート位置(前後左右)や可動範囲のセッティングは無数と言えるほどの範囲で調整することが可能となっている。故に、どんなライダーでも膝へ負担のかからないセッティングを見つけることができる。クリートとペダルの設置面積が広いというのも人気の要因となっているだろう。

容易な脱着、メンテナンス
通常のビンディングペダルでは、踏む(装着)面が片側だけとなっているが、クリート側でペダルを挟んで固定するスピードプレイでは両面で脱着ことができる。そのためペダル面を気にする必要が不要となる。ペダル内のベアリングへのグリスアップも容易で、ペダル側面のネジを外すと穴があいており、専用のグリスガン&グリスを使用してその穴からグリスを注入すればグリスアップは完了となる。雨の多い日本などでは、ベアリングのグリスが抜けてしまうことも多い。グリスガンまでラインナップし、ペダルを分解することなく簡単にグリスアップができるペダルは他に無い。

豊富なラインナップ
ZEROシリーズ
・クロモリシャフト
・ステンレスシャフト
・チタンシャフト
・チームグリーン
・ナノグラム

LIGHT ACTION
・クロモリシャフト

アクセサリー
・コーヒーショップ(クリートカバー)
・プラットフォーマー(フラットペダル変換アダプタ)
・スピードプレイソックス
・グリスガン(グリス付属)

中でもナノグラムは決戦用のペダルとしてラインナップされており、通常のチタンシャフトモデルから更に軽量化したチタンシャフトに加え、カーボンボディや軽量なアルミプレート、クリートもカーボン配合した究極のペダルとなっている。消耗が著しいためか毎日の使用は非推奨となっている。


インプレッション
今回、正規代理店である株式会社ジェイピースポーツグループより、数あるスピードプレイラインナップの中でZEROのステンレスシャフトを約1ヶ月ほどお借りすることが出来た。1ヶ月間みっちり乗った感想を紹介しよう。

プロのレーサーが使用することを前提に開発されているため、性能や造りは「まさに」といった感じだ。レースでは基本的に地面に足を着くことのないため「歩く」ための造りはしていない。そのためレース以外での使用の際はクリートカバーの携帯は必須だと感じた。

乗っている時の感覚だが、ペダリングパワーを逃さないためにペダル、クリートともに硬い(剛性の高い)ものとなっている。ローエストスタックハイトと謳うだけあり、他メーカーと比較しても足裏からペダルシャフトまでの距離が最も短くなっている。(スタックハイト11.5mm(3穴時)、8.5mm(4穴時))それらが合わさりダイレクトな踏み心地はズバ抜けていたと思う。ダイレクトさを求める人にはオススメしたい。

クリートとペダルの設置面積が広いため、踏んでいる時の快適性が高かったと感じた。丸型のペダル形状のため、縦の踏み面の広さは他のペダルにはないもので、横幅は他より狭かったが慣れるまでそう時間はかからなかった。

率直に、レースに参加している私としてはとても気に入ったペダルだ。私はペダルの可動範囲は狭いものが好みなので、自分の好きな可動範囲や位置でセッティングできるの所が一番気に入った箇所である。他のペダルでは再現の難しいセッティングにでき、自分の気持ちい良い位置にセッティングすることができた。

ペダル本体は磨耗しやすい部分をステンレスのプレートにすることで耐久性を確保している。あくまで個人的な意見だが、その部分で色つきのプレートなんかもあれば面白いかも知れない。磨耗して削れてしまうということは目に見えているが、そういうオシャレも良いのではないかと思う。プレートだけでなく、クリートの黄色いプラスチック部分にもカラーバリエーションがあれば楽しみが倍増するのではないかとも思った。

ペダルとしての素晴らしい性能、機構だけでなく、細かいアクセサリー類や補修部品も多く存在しているスピードプレイ。日本だけでなく、世界でのシェアがこれからも拡大していくに違いない。


text : Shingo Takahashi
AD:CyclingExpress(external)
AD:CyclingExpress(D2R)
SRM

NEWS RANKING

1. パリ〜ルーベ2014 選手コメント1〜10位:「昔から飽きることなく、変わることなく延々と続けられてきた、でもだからこそ特別で皆が心から愛するレースなんだよね。(笑)」 2. 九死に一生、ホーナーが実はひき逃げにあっていた事が判明、ひき逃げ犯が捕まり、ようやく詳細が語れるように、「不運な中でも、ラッキーだった」、ホーナーの強運はまだ続く 3. ブラバンツ・パイル2014:お待たせしました!ジルベールがアルデンヌクラシックへ向けて準備万端の快心の勝利!新城も終盤に見せ場を作る健闘を見せ好調さをアピール! 4. ベルキンのエース、ヘーシンクに暗雲、ストレス性の不整脈で今シーズンの予定が白紙状態に、一日も早い復帰に期待 5. 鉄人クリス・ホーナーが事故で大怪我、シーズン前半は絶望的か? 6. パリ〜ルーベ2014:Mr.逃げ男テルプストラが残り6kmから逃げ切り勝利!OPQSのチームワーク炸裂!カンチェもウィギンスもサガン動けず!2位はスプリントでデゲンコルブ! 7. サイクリングウェア ブランドナビ 8. 今あえて650cはいかが?700cがスタンダードな中で見直されるべき存在、選択肢の幅が広がれば、ライドスタイルもより細密化される? 9. バスク一周 2014 第6ステージ:個人TTはマルティンが貫禄の勝利!コンタドールは2位で一度も総合リーダーを譲らず総合優勝!クウィアトコウスキーが3位で大逆転で総合2位! 10. ジャイアント・シマノ消滅の危機?4年契約と思われた救いの手は1年契約だったことが判明!選手達に広がる不安、「エウスカルテルの二の舞いはごめん」、根深いスポンサー問題