新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

2010/2/2 9:25

リピーター率が高い!

最もチューブラーに近いクリンチャータイヤ、ヴェロフレックス


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
最もチューブラーの乗り心地に近いクリンチャータイヤと呼ばれているヴェロフレックス。そのしなやかさ、グリップ性能の高さから愛用しているライダーが多く、シーズン途中に欠品する事も珍しくない、まさに一度使ったらファンになる魅力的なタイヤだ。
『マスター』
『コルサ』
『レコード』

まずはクリンチャータイヤ4種類を紹介しよう。

ブラック
重量180g、幅22mm
もっともスタンダードなレース用タイヤ。ロングライドや長距離のレースに最適。ヴェロフレックスのタイヤの中では比較的寿命が長い。

マスター
重量170g、幅22mm
ブラックを細くして軽量化を狙ったモデル。オールラウンドで登りのあるレース向け。

コルサ
重量160g、幅20mm
マスターより10g軽量に仕上がっている。サイドの色はブラック。登りのあるレース向け。

レコード
重量130g、幅20mm
クリンチャータイヤの中でも飛び抜けた軽さを誇るヒルクライムの最終兵器。この重量でもパンク防止ベルトを装備している。


ヴェロフレックスのタイヤ全体に言える特徴はその驚くほどのしなやかさ、グリップ性能の高さ。一体どこから来るのか。答えは簡単、ほとんどの行程を”ハンドメイド”で行っているからだ。

まず一般的なタイヤの多くは加流成形と言う方法で成形される。この方法はすべての部分を機械で作り、組み上げられ、高温で成形される。トレッドゴムとカーカスを貼り合わせる時に加流接着を行う事によってトレッドゴムが硬くなってしまう。その結果タイヤのしなやかさ、グリップを失い、さらにはトレッドゴムの裂けやすさなどにも影響してしまう。

対してハンドメイドの場合は作り方が違うため、よりよい素材を使う事ができる。そして熟練された職人が一本一本手作業でタイヤを作っていき接着している為、トレッドゴムの本来持っているしなやかさ、グリップを生かす事ができる。

ハンドメイドと機械メイドではかかっている手間が大きく違う。値段も高くなり、作れる数も少ないだろう。しかしその性能の違いがわかるプロ選手、サイクリストはヴェロフレックスを愛用している。そしてこれからもヴェロフレックスを使い続けるだろう。

幅が20mmと細いモデルが多いが、上記の理由により、乗り心地の心配は必要ないだろう。またヴェロフレックスのタイヤには是非ラテックスチューブを一緒に使っていただきたい。


text : Kunihiro Suzuki
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. 新旧王者が語るメカニカルドーピング、「僕も何度となく調査対象となってきた」フルームが検査体制の強化を要望、「永久追放すべき」メルクス、「今までバレてなかっただけでしょ」ウィギンス 2. 機材ドーピングに新展開、 ファン・デン・ドリエッシュの説明通り友人である所有者が名乗り出て弁明、ウィリエールは名誉毀損で控訴を示唆、UCIのルール上機材の責任は選手と所属チームに 3. 遂に発覚した機材ドーピング!シクロクロス世界選手権女子U-23でモーター付きフレームが発覚! 4. ドバイツアー第1ステージ:中東決戦開戦のゴング!新天地で復活の勝利!キッテルが会心のスプリントでカベンディッシュを撃破! 5. ハンドルの選択が乗り方を変える、ドロップハンドルの魅力とは?ただしくそのそのメリット・デメリットを知ろう 6. ドバイツアー第2ステージ:落車が呼び起こした乱戦を制したサバイバーはヴィヴィアーニ!キッテルとカベンディッシュは落車の影響で勝負に絡めず!モドロとニッツォーロが連日の上位! 7. シートチューブの中に隠せるもの〜赤点の答案用紙?成績表?おやつ?へそくり?!遂に登場!シートチューブの中に隠れる電動アシストモーターが凄い! 8. ジロでメカニカルドーピングチェック、果たして自転車への内蔵は可能なのか?コメンテーターのチッポリーニの言いたい放題に王者コンタドールは軽く冗談で受け流す 9. カンチェラーラにモーター付き自転車使用疑惑が浮上!? 10. サイクリングウェア ブランドナビ

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013