新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2009/11/24 14:20

チーム紹介2010 レディオシャック

レディオシャックが全登録選手を発表 別府史之も獲得!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
ヨハン・ブリュイネール監督と話すランス・アームストロング(アメリカ、アスタナ)
『ヨハン・ブリュイネール監督と話すランス・アームストロング(アメリカ、アスタナ)』
シャンゼリゼステージで見事敢闘賞を獲得した別府史之(日本、スキル・シマノ)
『シャンゼリゼステージで見事敢闘賞を獲得した別府史之(日本、スキル・シマノ)』
2010年チーム・レディオシャックのヨハン・ブリュイネール監督は、チームの全登録選手を発表した。レディオシャックは、過去ツール・ド・フランス7連覇のランス・アームストロング(アメリカ)とともに、16ヶ国から来た26選手で構成される。

ブリュイネールは「よくバランスがとれたチームだ。経験豊富な選手がいるし、そのうちの何人かはすでに私の過去のチームで何年もともに働いてきた。しかし、我々には完璧な環境で成長できる若い才能もいる。我々のスポンサーが自転車レースの未来に投資したいと思っていることはうれしい。我々の最大の目標はツール・ド・フランスと他のステージレースだが、これらの選手たちと一緒にワンデーレースでも非常にいい成績を残せる自信がある。チーム・レディオシャックとの新たなシーズンと最初のトレーニングキャンプを楽しみにしている」と抱負を語った。

タイトルスポンサーのレディオシャック・コーポレーションも2010年シーズンに期待している。「ヨハンとランスは、プロツアーのどこにも劣らないうらやむほどの強力な選手とスタッフのチームを念入りに結集させた。そして、チーム・レディオシャックが2010年の非常に大きな成功に向けて位置取りができたと自信を持っている」と、レディオシャック・コーポレーションの取締役副社長兼マーケティング最高責任者のリー・アップルボームは語った。

日本の我々にとって最大のニュースは、別府史之がかつてのチーム・ディスカバリーチャンネル時代と同様に再びランスのチームで走ることだ。みなさんご存じのように、別府は(新城幸也とともに)ツール・ド・フランスを史上初めて完走した2人の日本人自転車選手のひとりである。そして、ヨハン、ランス、また過去にUSポスタルやディスカバリーに所属していた他の選手たちとの再会が、別府が2010年を過去最高の年にするための環境、チームメイト、サポート、刺激、仲間意識を提供することを大いに期待している。

所属選手
ランス・アームストロング(アメリカ、元アスタナ)
別府史之(日本)
サム・ビューリー(ニュージーランド)
ヤネス・ブライコヴィッチ(スロベニア、元アスタナ)
マシュー・ブシェ(アメリカ)
ベン・ハーマンス(ベルギー)
クリストファー・ホーナー(アメリカ、元アスタナ)
ダリル・インペイ(南アフリカ)
マルケル・イリサール(スペイン)
アンドレアス・クレーデン(ドイツ、元アスタナ)
リーヴァイ・ライプハイマー(アメリカ、元アスタナ)
ジョフロワ・ルカトル(フランス、元アグリチュベル)
リー・フユ(中国)
ティアゴ・マチャド(ポーランド)
ジェイソン・マッカートニー(アメリカ)
デミトリ・ムラフエフ(カザフスタン、元アスタナ)
セルジオ・パウリーニョ(ポルトガル、元アスタナ)
ヤロスラフ・ポポヴィッチ(ウクライナ、元アスタナ)
グレゴリー・ラスト(スイス、元アスタナ)
セバスティアン・ロセレル(ベルギー、元クイックステップ)
イワン・ロフニー(ロシア、元カチューシャ)
ホセルイス・ルビエラ(スペイン、元アスタナ)
ビョルン・セランダー(アメリカ)
ヘルト・ステーグマン(ベルギー)
トーマス・ヴァイクス(リトアニア、元アスタナ)
アイマル・スベルディア(スペイン、元アスタナ)

監督
スポーツマネージャー:ヨハン・ブリュイネール(ベルギー)
スポーツディレクター:ディレク・デモル(ベルギー)、アラン・ギャロパン(フランス)、ヴィアチェスラフ・エキモフ(ロシア)、ホセ・アゼベド(ポルトガル)

text:Valentino Sebic
translation:Tatsuya Mitsuishi
photo:(c)Tim De Waele
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 10. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013