新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

いよいよROTORの油圧コンポUNOが2018年度はレースシーン挑戦へ!油圧軽量コンポに未来はあるのか? コラム:人はなぜ軽量化に魅せられるのか、0.1gを削ることに命をかけるという自転車の楽しみ方、乗るだけではない、ある一つの自転車の楽しみ方の形 鉄人46歳レベッリンがコンチネンタルチームで現役続行!ベルギーの新チームに加入で来シーズンも暴れまくり! 2年連続のダブルを狙う男、1年間(365日)以内に3大グランツールを狙う男、絶対王者フルームの光!それを阻止すべくジロで立ちはだかるのは昨年度王者デュムラン、ニーバリとアルーか? ロードのタイヤが太くなっていくことの意味はあるのか?現代に与えられた乗り方に合わせた多様性、あなたはどちらを選ぶ?自分自身とバイクを考えて適切なタイヤ幅選択を ジロ・デ・イタリア2018プレゼンテーション、混沌の地イスラエルスタート、「スポーツに国境はない」 はずが論議を呼び正式資料が2転3転、そしてついにフルームがジロ制覇へ向け参戦決定 ショップで買うべき?海外通販で買うべき?それぞれのメリット・デメリットとは?メーカーやショップの対応は?自分に適したスタイルでショッピングを楽しむ極意 ブラックフライデー最終週!海外の大セール期間で来年度用の機材をそろえろ!自分へのご褒美に、相方へのプレゼントに、今ならほしかった商品が安く買える大チャンス!
2009/7/25 23:49

ツール・ド・フランス2009 第20ステージ テキストライブ&速報

33歳ガラーテがツール初勝利!マイヨジョーヌはコンタドール!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
モンヴァントゥーの頂上から
『モンヴァントゥーの頂上から』
モンヴァントゥーの頂上まであと100m、フアンマヌエル・ガラーテ(スペイン、 ラボバンク)がアタック
『モンヴァントゥーの頂上まであと100m、フアンマヌエル・ガラーテ(スペイン、 ラボバンク)がアタック』
力強いガッツポーズを見せる、フアンマヌエル・ガラーテ(スペイン、 ラボバンク)
『力強いガッツポーズを見せる、フアンマヌエル・ガラーテ(スペイン、 ラボバンク)』
バキュンポーズ、アルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)
『バキュンポーズ、アルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)』
第20ステージはマイヨジョーヌ争い最後の聖戦地となる「死の山」モン・ヴァントゥーが待ち受ける今大会最大の難関ステージ。序盤から繰り返される3級と4級カテゴリーの低難度の山岳を4つ越えた後、ラスト20kmからモン・ヴァントゥーの頂上をひたすら目指す。20ステージをかけて戦い抜いてきた総合優勝争いも本日でほぼ決定する。

序盤からアタック合戦が始まり最終的に16人の逃げが決まる。この逃げ集団はメイン集団との差を10分以上にして超級山岳「死の山」に挑む。メイン集団はサクソバンク、ガーミンがコントロール。逃げ集団から遅れたライダー達をゆっくりと交わしていく。

残り7km、逃げ集団はフアンマヌエル・ガラーテ(スペイン、 ラボバンク)とトニ・マルティン(ドイツ、 チームコロンビアHTC)。そして追走するのはアンディ・シュレク(ルクセンブルク、サクソバンク)、アルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)、ランス・アームストロング(アメリカ、アスタナ)、フランク・シュレク(ルクセンブルク、サクソバンク)、ロマン・クルージガー(チェコ、リクイガス)、フランコ・ペッリツォッティ(イタリア、リクイガス)などの個人総合上位陣。

アンディ・シュレクが何度も何度もアタックをする。その度にアルベルト・コンタドールがしっかりチェックに入る。残り1kmになっても逃げ集団、フアンマヌエル・ガラーテトニ・マルティンとの差は縮まらず勝負は二人に。ガラーテが一度アタックしマルティンを置いてきぼりに。しかし向かい風の影響で差を広げることが出来ず、一旦マルティンの元へ戻る。今度はマルティンがアタック。ガラーテはマルティンの後ろにつき脚をためる。そして残り100mでガラーテがマルティンを交わしガッツポーズ。33歳のベテラン、ガラーテがツール初優勝を果たした。また今大会いい成績が残せていないラボバンクにも1勝をプレゼント。

コンタドールはアンディをしっかりマークし続け同時にゴール。第96回ツール・ド・フランスのマイヨジョーヌを確実なものにしシャンゼリゼへ向かう。またアームストロングも最後まで粘り続け3位を維持。別府史之(日本、 スキル・シマノ)、新城幸也(日本、Bboxブイグテレコム)両日本人選手も無事を完走を果たしている。

残すは明日のシャンゼリゼのみ。コンタドールのグランツール負け知らず4連覇、そして日本ロードレース界の歴史に残るであろう日本人初のツール・ド・フランス完走が待っている。


第20ステージ結果
1位 フアンマヌエル・ガラーテ(スペイン、ラボバンク) 4h39'21"
2位 トニ・マルティン(ドイツ、 チームコロンビアHTC)   +03"
3位 アンディ・シュレク(ルクセンブルク、サクソバンク)  +38"
4位 アルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)    +38"
5位 ランス・アームストロング(アメリカ、アスタナ)    +41"
6位 フランク・シュレク(ルクセンブルク、サクソバンク)  +43"
7位 ロマン・クルージガー(チェコ、リクイガス)      +46"
8位 フランコ・ペッリツォッティ(イタリア、リクイガス)  +56"
9位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、リクイガス)  +58"
10位 ブラッドリー・ウィギンス(イギリス、ガーミン)  +1'03"
92位 別府史之(日本、 スキル・シマノ)        +14'40"
149位 新城幸也(日本、Bboxブイグテレコム)      +25'49"

第20ステージ終了時 個人成績
1位 アルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)     81h46'17"
2位 アンディ・シュレク(ルクセンブルク、サクソバンク)     +4'11" 
3位 ランス・アームストロング(アメリカ、アスタナ)       +5'24"
4位 ブラッドリー・ウィギンス(イギリス、ガーミン)       +6'01"
5位 フランク・シュレク(ルクセンブルク、サクソバンク)     +6'04"
6位 アンドレアス・クレーデン(ドイツ、アスタナ)        +6'42"
7位 ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、リクイガス)     +7'35"
8位 クリスチャン・ヴァンデベルデ(アメリカ、ガーミン)    +12'04"
9位 ロマン・クルージガー(チェコ、リクイガス)        +14'16"
10位 クリストフ・ルメヴェル(フランス、フランセーズデジュー)+14'25"
112位 別府史之(日本、 スキル・シマノ)          +2h54'54"
130位 新城幸也(日本、Bboxブイグテレコム)        +3h16'44"


詳細なレース展開 テキストライブはこちら:TEXT LIVE!


本日の優勝者予想投票の当選者はmoteさんです!おめでとうございます!
moteさんにはCTストアポイント1000Pをプレゼントしいたします。

→第21ステージ優勝者予想投票ページはこちら

最高10,000ポイント&豪華賞品が当たる!!
ナイス!コメンテーター賞開催!!

ナイス!コメンテーター賞の参加についてはこちら


最高なんと10万ポイントゲット!!
ステージ&総合優勝者予想投票クイズ



コメント投稿やクイズ投票するにはCTクラブへの登録(無料)が必要です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ピックアップライダー

フアンマヌエル・ガラーテ
Juan Manuel Garate
フアンマヌエル・ガラーテ
国籍
スペイン
生年月日
1976.4.24
所属チーム
ラボバンク
身長
175cm   
体重
63kg

ピックアップライダー

アルベルト・コンタドール
Alberto Contador
アルベルト・コンタドール
国籍
スペイン
生年月日
1982.12.6
所属チーム
サクソバンク・サンガード
身長
176cm   
体重
62kg
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:valette_310x174_20150130(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. いよいよROTORの油圧コンポUNOが2018年度はレースシーン挑戦へ!油圧軽量コンポに未来はあるのか? 2. コラム:人はなぜ軽量化に魅せられるのか、0.1gを削ることに命をかけるという自転車の楽しみ方、乗るだけではない、ある一つの自転車の楽しみ方の形 3. 鉄人46歳レベッリンがコンチネンタルチームで現役続行!ベルギーの新チームに加入で来シーズンも暴れまくり! 4. 2年連続のダブルを狙う男、1年間(365日)以内に3大グランツールを狙う男、絶対王者フルームの光!それを阻止すべくジロで立ちはだかるのは昨年度王者デュムラン、ニーバリとアルーか? 5. ロードのタイヤが太くなっていくことの意味はあるのか?現代に与えられた乗り方に合わせた多様性、あなたはどちらを選ぶ?自分自身とバイクを考えて適切なタイヤ幅選択を 6. ジロ・デ・イタリア2018プレゼンテーション、混沌の地イスラエルスタート、「スポーツに国境はない」 はずが論議を呼び正式資料が2転3転、そしてついにフルームがジロ制覇へ向け参戦決定 7. ショップで買うべき?海外通販で買うべき?それぞれのメリット・デメリットとは?メーカーやショップの対応は?自分に適したスタイルでショッピングを楽しむ極意 8. ブラックフライデー最終週!海外の大セール期間で来年度用の機材をそろえろ!自分へのご褒美に、相方へのプレゼントに、今ならほしかった商品が安く買える大チャンス! 9. 冬の必需品、バレットのパッカブルに新デザイン登場!肌寒い時にもう一枚、簡単に羽織れ小さく畳める便利なウィンドブレーカーの決定版! 10. コラム:シマノという巨人、ツールで機材バトルで圧勝、ツール全ステージDi2が勝利で見えてきたライバルコンポーネントメーカーとの力の差、スラムは北米と女子プロレースを中心に転換

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013