新規登録する

Welcome To Wherever You Are ! ID Pass ID・Passを記憶 (忘れた)

CYCLINGTIME.com

News
cyclingtimeをフォローしましょう

NEWS RANKING

コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中
2009/7/7 2:24

ツール・ド・フランス2009 第3ステージ テキストライブ&速報

最速男、カヴェンディッシュがステージ2連覇!別府が8位入賞!


0 このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
2009年7月6日、ツール・ド・フランス2009、第3ステージはマルセイユからラ・グラン・モットの196.5kmで競われ、最速男マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、チームコロンビア-HTC)がスプリント勝負を制し、見事優勝を果たした。昨日の第2ステージに引き続き、早くも2勝目。また別府史之(日本、スキルシマノ)も残り20kmから逃げ集団に乗り、8位に食い込む大健闘を見せている。




第3ステージ 結果
1位 マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、チームコロンビア-HTC)5h01'24"
2位 トル・フースホフト(ノルウェー、サーヴェロ・テストチーム)
3位 シリル・ルモワン(フランス、スキル・シマノ)
4位 サミュエル・ドゥムラン(フランス、コフィディス)
5位 ジェローム・ピノー(フランス、クイックステップ)
6位 ファビアン・カンチェラーラ(スイス、サクソバンク)
7位 ファビアン・ウェーグマン(ドイツ、チームミルラム)
8位 別府史之(日本、スキル・シマノ)
9位 マキシム・ブエ(フランス、アグリチュベル)
10位 リーナス・ゲルデマン(ドイツ、チームミルラム)
41位 新城幸也(日本、Bboxブイグテレコム)             +41"

第3ステージ終了後 総合成績
1位 ファビアン・カンチェラーラ(スイス、サクソバンク)     9h50'58"
2位 トニ・マルティン(ドイツ、チームコロンビア-HTC)        +33"
3位 ランス・アームストロング(アメリカ、アスタナ)         +40"
4位 アルベルト・コンタドール(スペイン、アスタナ)         +59"
5位 ブラッドリー・ウィギンス(イギリス、ガーミン)        +1'00"
6位 アンドレアス・クレーデン(ドイツ、アスタナ)         +1'03"
7位 リーナス・ゲルデマン(ドイツ、チームミルラム)        +1'03"
8位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、サイレンス・ロット)   +1'04"
9位 マキシム・モンフォール(ベルギー、チームコロンビア-HTC)  +1'10"
10位 リーヴァイ・ライプハイマー(アメリカ、アスタナ)      +1'11"
119位 新城幸也(日本、Bboxブイグテレコム)            +2'48"
124位 別府史之(日本、スキル・シマノ)               +2'52"


詳細なレース展開 テキストライブはこちら:TEXT LIVE!


本日の優勝者予想投票の当選者はsl-0-lsさんです。
おめでとうございます!!!!
sl-0-lsさんにはCTストアポイント1000ポイントをプレゼントしいたしま〜す。

→第4ステージ優勝者予想投票ページはこちら

最高10,000ポイント&豪華賞品が当たる!!
ナイス!コメンテーター賞開催!!

ナイス!コメンテーター賞の参加についてはこちら


最高なんと10万ポイントゲット!!
ステージ&総合優勝者予想投票クイズ



コメント投稿やクイズ投票するにはCTクラブへの登録(無料)が必要です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ピックアップライダー

マーク・カヴェンディッシュ
Mark Cavendish
マーク・カヴェンディッシュ
国籍
イギリス
生年月日
1985.5.21
所属チーム
HTCハイロード
身長
175cm   
体重
73kg
ニックネーム
カヴ、リトルカウボーイ、マンクス・エクスプレス、キャノンボールカヴ

ピックアップライダー

別府史之
Fumiyuki Beppu
別府史之
国籍
日本
生年月日
1983.4.10
所属チーム
レディオシャック
身長
180cm   
体重
67kg
ニックネーム
Fumy
AD:RockBikes_310x174_20141009(lower)
AD:SIXTH_310x174_20150826(lower)
AD:CyclingExpress (inside_pages)
ショップ&マップ
Follow Twitter
follow us in feedly
RSS で購読

NEWS RANKING

1. コラム:ロードディスク問題で思うこと:選手たちの本音と業界の不誠実、不足する説明と、分けなければいけないプロ用と一般用の議論 2. トレック・セガフレドが2018年シーズンはディスクロードをパリ〜ルーベとグランツールで投入へ、そこに見え隠れする業界の本音とレースからのキャリパー排除の予感 3. サイクリング座談会Vol.2:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 4. サイクリング座談会Vol.1:カーボンの未来は?輪界の不況は?ロード用ディスクブレーキは?有名店主、バイクメーカー担当者、元ワールドツアー選手、現役ホビーサイクリストらによる座談会 5. 2018年度のワールドツアーとプロコンチネンタルチームが出そろう!プロコンチネンタルではアメリカ勢が躍進し昇格、バスクのエウスカディも昇格 6. 2018年度ワールドツアーチームの使用バイクとコンポから見えてくるシマノの圧倒的な独占市場状態、ライバルなきジャイアントになったジャパンブランド、己がルールとなりつつある機材競争 7. メイド・イン・ジャパンの誇り:クロモリという名の最先端、果たしてクロモリはカーボンより劣るのか?大手ブランドの中国製カーボンより、ハンドメイドのフルオーダークロモリフレームが安いという矛盾 8. 王者の憂鬱な年末、クリス・フルームのブエルタタイトル剥奪の危機、第18ステージ終了後の検査で喘息薬のサルブタモール値が規定値をはるかに超えていたことが発覚し現在医学的検証中 9. 人が自転車で上れる限界の勾配とは?人は一体どこまで己の力のみで坂を登っていけるのだろう 10. オリンピックアスリートで構成されるJPC(ジャパン・プロフェッショナル・サイクリング)チームが着用するイタリア発のQ36.5 、元選手がこだわって生み出した病みつきになるフィット感!

ジロ・デ・イタリア2014

ツアー・オブ・北京2013

ブエルタ・ア・エスパーニャ2013

ツール・ド・フランス2013